005.瞑想っていいの?

瞑想っていいの?えっ!歩きながらでもできるの?
氣功とのかかわり方について吉村さんにお話を伺いました。

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

==================
◆文字起こしはこちら↓

 

三上:はい、みなさん、こんにちは。さあ今日のこころメンテナンス。本日もアシスタント三上恵と、氣功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。よろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:はい。さあ今日5回目ということで、今日のテーマは、「瞑想っていいの?」で、テーマを取り上げて、お話を伺っていきたいと思うんですけども。
わたしの身近でも最近瞑想をして、心身ともにリラックスされたり自律神経を保つ方が多いんですけども、瞑想と氣功の関連性とかもふまえて、今日お話伺えればなと思うんですが。実際瞑想というのは、吉村さん、いいんですか?

吉村:いいか悪いかという二択だったら、まあいいんじゃないですかという話だと思うんですけど。
瞑想もね、言ってみたら、瞑想教えている人達とかもいっぱいいて流派もたくさんあったりするし、やり方だったりとかね、どのぐらいの深さとか、どのぐらいの時間をかけてやるのかとか、そういうところでもやっぱり効果とか変わってくると思うんですよ。

三上:うんうんうん。実際氣功と瞑想というのは、関連性はあるんでしょうか。どうなんですかね。

吉村:はい、あるか無いかでいえばありますよ。氣功というのは、意識の力を使って、氣をコントロールするということをやっているという、これが僕の定義なんですけど。

三上:はい。

吉村:意識の力をガイドするような方法として、イメージングだったり、呼吸法だったり、体の動きを使った身体操法みたいなことだったりがあって、それでをコントロールするわけですね。だから、太極拳とかあるじゃないですか。

三上:はいはいはい。

吉村:あれも、ゆっくりな動きと呼吸法を使って、氣を、宇宙とか環境のエネルギーみたいな氣を自分の体に集めて、自分の肉体のなかで氣を練ってみたいなことをやっているわけですよ。

三上:うーん。

吉村:中国とかだとそういう太極拳と氣功法というのは、結構ワンセットだったりすることが多いですけど。

三上:そうですね。イメージ的にありますね。はい。

吉村:その氣をコントロールする方法というのは色々あるなかで、そういう意味では、瞑想を使って氣をコントロールするということも可能なわけですね。

三上:あーなるほどですね。整えるためにもこういった瞑想は、、ひとつの取り組みというか、なかではいいということですね。

吉村:そうですね。瞑想というのも、どういうやり方をするかみたいなものもね。

三上:そう、それを聞きたかったんですよ、ちょうど。それをちょうど今ね聞きたかったんですよ、吉村さんに。

吉村:あ、よかったです。やり方もいろいろあって、それこそ座って、ひたすらイメージングをする瞑想とかもあれば、言ってみたら、歩きながらでも瞑想ってやろうと思えばできるわけですよね。

三上:歩きながらのイメージがわたしのなかに無いんですけど。例えばどういうふうに?

吉村:結局瞑想って何してるかっていったら、心を落ち着けて、外界からの余計なノイズを取り入れないようにすることで、自分の深いところ、内なる自分にアクセスしていくという方法なわけですよね。
だから余計なノイズをシャットアウトして、自分の内側の深い部分にアクセスすることができるなら、それこそ歩きながらだってできるという話なんですよ。

三上:ああーなるほど。たしかに、そう言われてみればそうですね。気持ちいい風を感じながら、何も考えずリラックスしながら歩いていたりとか。

吉村:そうそうそう。さすがに、都会の喧騒のなかでやるのは難しいと思いますけど。

三上:たしかに。

吉村:静かな自然のなかで散歩しながら、心落ち着けて自分の内面と深く向き合っていくみたいなことをすれば、それも瞑想って言えるわけですよね。

三上:うーん。なるほどですね。吉村さんご自身も瞑想というのはされるのですか?吉村:僕がやっている氣功って、実は瞑想ととても深いつながりがあって、氣をコントロールする方法って色々あるってお話をしたじゃないですか。

三上:うんうん。はい。

吉村:もちろん僕も呼吸法とか学んだこともあるし、イメージングとかもやったこともあるし、結構それは今でも使っているといえば使っているんですけど、主に一番核になっている氣のコントロール方法というのはチャネリングなんですね。

三上:チャネリング。チャネリングとは?具体的に。

吉村:チャネリングってスピリチュアル好きな人は聞いたことがある可能性高いんですけど、一般の人からするとちょっとあまり耳慣れない言葉なのかなと思うんですけど。

三上:はい。

吉村:大きなくくりで言うとですけど、いわゆる恐山のイタコに会いに行って亡くなったおばあちゃんの言葉を聞くみたいなのってあるじゃないですか。

三上:あ、なるほど。はい。はいはい。思い出すというか、ふっと言葉が降りてくるみたいな感じですかね。

吉村:そうですね。代わりに何かしゃべってくれたりするんですよ。亡くなったおばあちゃんの代わりに、そのイタコさんが。みたいな。言ってみたら、こういう肉体を持っていて、今こうやって、音声で会話をすることができない人達と会話をするみたいなことですね。
だからどうなんだろう、沖縄とかだとユタさんって方がそういうようなうやっていたりするんじゃないですか。

三上:ああ、はいはい。なるほど、はい。ユタユタ、多いですねえ、沖縄。うんうん。

吉村:「多いですねえ」って、なんか、ちょっとあの、なんかその。

三上:あ、すみません。急に沖縄になっちゃいましたよね。ごめんなさい。

吉村:大丈夫です。僕は、方言好きなんで。

三上:すみません。ニュアンスをとっていただいて。わたし沖縄出身なもので。

吉村:はい。まあちょっと余談でしたけど。だからそういうような技術なんですよ、大きなくくりで言うと。有名どころだとバシャールという宇宙人の意識を呼び出してしゃべるみたいな人。

三上:ああ、なるほど。

吉村:結構日本でも本とかいっぱい出ていて、色んな人が対談していたりとかするんですけど。あの人がやっているのもチャネリングですね。
チャネリングってどういうことをするかというと、要は意識の周波数・チャンネルを、普段の意識のチャンネルと別のところに合わせるわけですよ。そうすると、そこの情報にアクセスすることができて、それで、そこの情報やエネルギーを受け取ったりとか、あるいはそこに情報を送ったりとかということができるという、そういう技術なんですね。
で、これは、だから、色んな所で色んな人達が色んな用途にそれを使っているわけですよ。そこって僕は、じゃあ目に見えない存在とか、目に見えない所にある情報源とかって色々あるなとは思ったんですよね。
それこそスピリチュアルの界隈では、例えばハイヤーセルフからのメッセージをお伝えしますよとか、天使のメッセージをお伝えしますよみたいなことを、ね、お仕事としてやってらっしゃる方達いっぱいいて。

三上:いますね。なんかテレビでよく見ますね。テレビで拝見したことあります。吉村:はいはい。で、そういった類のことと大きなくくりでは、同じ技術を使っているんですけど、僕はそれを使って、要は人の潜在意識の磁場であったりとか、場所とか物が持っている磁場、電磁フィールドみたいなものを持っているわけですよ。例えばオーラが見える人とかいるじゃないですか。

三上:あー、いますね。うん。

吉村:人を見ると、周りにちょっとそういう色がついていたり、形があったりする物質とは違う何かが見えて、その色だったり形とかで、その人の感情だったり今の健康状態がわかったりみたいな感じの話で。
それって磁場が見えているわけですよ。人が発している電磁的な場のエネルギーみたいなのがあって、それを視覚的にとらえることができる人達が、オーラが見えるみたいな話になってみえるんですけど。
僕はそういったものに対して、意識のチャンネルを合わせて、言ってみたら、ワイファイ接続みたいなことをやっていて、情報のやりとりをするという、そういう方法を使っているわけですね。

三上:やっぱり、いろんな関連性がありますけど、やっぱり、さきほどのチャネリングというお話も出てきましたけども、瞑想することで、いったん無になることで、チャネリングも受けやすくなるということにつながるということですかね。

吉村:そうですね。無になるという言い方が適切なのかどうかなんとも言えないんですけど、要は外界からのノイズを1回シャットアウトして。

三上:遮断して。うん。

吉村:普段の肉体の五感とは違う領域の意識にアクセスするわけですよね。だから、チャネリングして宇宙人と会話している人達とかも、言ってみたら、瞑想することによってそういう状態を作っているわけですよ。
一種の、催眠誘導とかされるとぼーっとしたりするってあるじゃないですか。

三上:はいはい。

吉村:あの状態のこと、トランス状態と言うわけですけど、それって、トランス状態って、潜在意識と顕在意識の間の壁が一時的に薄くなっている状態のことなんですよ。

三上:うーん。

吉村:だから潜在意識とか、普段の意識の外側の情報と、やりとりがしやすくなるという状態をトランス状態というわけですね。
だから言ってみたら、瞑想することによって、一種のトランス状態に入ることで、普段の顕在意識がとらわれている壁の外側の情報と交信するみたいなことをしていて、そういう意味で大きなくくりで言えば、瞑想しているのと、催眠誘導でトランス状態に入っているというのも、大きなくくりでは同じような類のことなわけですよね。

三上:うーん。なるほど。

吉村:その状態で、催眠暗示を入れることに使うのか、宇宙人からの情報を得ることに使うのか。

三上:ご先祖さまからのものに使うのか。

吉村:そういうことですね。そこは結局全部大きなくくりで言えば、瞑想みたいなことをしているということですよね。

三上:なるほど。なんか本当に氣功もそうですし、人間って、世界って、宇宙って、という色んな疑問というか不思議がいっぱいありますけども。
まあ今日はですね「瞑想っていいの?」というテーマでお送りしましたけども、またね、次のテーマも色々とお話伺えるのが楽しみです。吉村さん、本日は、ありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。

004.こころメンテナンス

吉村さんが行った心体氣功メンテナンスの実例をお話し頂きました。
メンタル、ストレス、親子関係など様々な方がセッションを受けているそうです。

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

==================
◆文字起こしはこちら↓

 

三上:本日もアシスタント三上恵と、氣功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。二人でお届けしていきます。さあ今日のテーマ、吉村さん、「こころメンテナンス」。この題名のとおりなんですけども、今までたくさんの方にね、セッションされたと思うんですけども、どういう方がいらっしゃって、どういうふうに改善されたとか、お話を今日聞けたらなと思うんですが。

吉村:はい。元々僕心理カウンセラーになろうと思って勉強してるところから開業したという経緯があるので、メンタルのストレスを抱えているとか、人間関係でお悩みという方が、お客さんで多かったんですよね。特に、親子関係で悩まれている方達とかがたくさんいらっしゃって、そういう方達に、結構いい変化を起こせてきたなというふうに感じているんですけど。

それが、やはり一般的なカウンセリングとかの手法だと、例えば親御さんとの関係性で問題抱えてますという方が、カウンセリング受けました、となると、大体カウンセラーの方から言われるのは、じゃあ親御さんが例えばお母さんだったら「あなたのお母さんをここに連れてきてくれたら、カウンセリングできるんですけどね」みたいな話になるんですよ。

三上:うんうん。じゃあ、ふたりいないと。親子だったら、ということですね。ひとりではなくて。

吉村:はい。でもすでに関係がこじれていたりとかしたら。

三上:呼べないですよね。

吉村:受けないですよね。そうそう。大体そんなこと言ったら、「なに?あんたの調子悪いのは、わたしのせいだって言うの?」みたいな話になって、余計崩れたりする可能性もあるし、あるいは、すごい説得して来てもらわなきゃいけないみたいなことになるわけですよね。そうすると、あんまりうまくいかない場合が多いんですよ。そもそも来てくれなかったら、話にならないわけですし。

三上:ですね。

吉村:はい。で、僕のこの手法ですね、こころメンテナンスという手法のいいところは、氣を整えるということをすることで、メンタルのストレスであったりとか、無意識の思い込みというものをはずしていくということをやってるんですけど。

僕のセッションは、遠隔で顔も見ないでやっているということをお伝えしたかと思うんですけど。ということはどういうことかというと。

三上:はいはい。どういうことなんですか。

吉村:はい、まあまあ詳しい話は、またじゃあちょっと。

三上:別でね。別の回でね。

吉村:このあとでお話できるかもしれないですけど。順を追ってお話すると、要は本人がここにいなくても氣を送ることは可能なんですよ。となると、お母さんとのことで問題を抱えてますと、相談者の方が僕と通話でお話したら、そのお母さんに、まずお母さんを呼んでこなくても、エネルギー的につながることは可能なんですね。遠隔でお母さんに氣を送ることもできるんですよ。

三上:えー。うーん。

吉村:ということは、お母さんが持っている無意識の囚われみたいなものを、お母さんが知らないうちにこっそりはずしちゃうということが可能なんですね。

三上:これは、何か例えばお子さんからご相談があったときというのは、そのお母さんに情報がないわけじゃないですか。もし、吉村さん。いろんな情報を聞き出して、それを送るんですか。

吉村:そうですね。そのお母さんが、例えば日頃どんな発言をしているのかとか、どんな性なの人なのかというのを、相談者のかたの主観で構わないので教えていただくと、そうすると、そのお母さんの潜在意識の目に見えないエネルギー的なシステムみたいなものにアクセスができるんですね。

三上:へー。すごい。

吉村:ここで、結構大事なのは、別にお母さんのことをコントロールすることはできないんですよ。だけど、じゃあお母さんが何か問題を引き起こしているとしたら、それはなんでかと言ったら、別にお母さんが問題を引き起こして、それをやっているんじゃないんですね。

お母さんのなかでの無意識の思い込みであったりとか、何か恐れがあったりして、その恐れているものを避けようみたいな発想で、何か自分の言動を選んでいるわけですよね、お母さんは。だけど色々と囚われが多ければ多いほど、その人の持っている選択肢は狭まっていくんですね。視野が狭くなっているから。で、そうすると、すごい狭い選択肢のなかから、それでも最善なものを選んでいるんですよ、その人は。

三上:はい。なるほど。

吉村:だから、別に、その人は子どもを困らせてやろうとか、世の中をネガティブにしてやろうとか思ってやっているんじゃなくて、その人なりに最善だと思うことをやっている結果として、周りの人間関係が問題が起きていたりしているわけですね。
ということは、その視野を狭めているその囚われをはずして、もっと選択肢が広くなっていったら、その人はより広い選択肢のなかで、その人なりに最善な選択をし出すんですね。

三上:つながりますね。なんか、最初からお話した、やっぱり色んな情報を得て、自分の中に落とし込むというのは、やっぱりネガティブな場合だと本当にもう考え込んじゃうので狭いですけど、
それがあると、本人の活気も楽しみかたもイキイキするのも、エネルギーとして変わってくると私も思うので、それをじゃあはずしていくんですね。

吉村:そうなんですよ。結局、人がものを考えたりとか感情で反応したりするというのは、潜在意識のなかの、無意識のなかにある、自動的な反応のプログラムが発動したときに、自動的に思考だったり感情とかというものが起こるわけですよね。

三上:うんうん、うんうん。

吉村:それは、自動反応してるということは、言ってみたら、プログラムに基づいて動いているだけで、その人の主体的な、本当のその人らしさが発言しているわけではないんですよね。
今までの、例えばつらい経験とかに基づいて、同じようなつらい思いをしないようにするためには、こうしようとかって言って、選択肢を狭めることをやってきて、それが自動的に発動しているからそうなっていると。
ということは、その自動的に発動しているプログラムというのをなくしてあげれば、その人がもう一度主体的に、「あ、今一番最善なのは、自分にとってはこれだな」とか、「この人ともっといい関係性になるためには、こっちの選択じゃなくて、この言葉がけじゃなくて、こっちの言葉がけのほうがいいよね」というのが自分でわかるようになっていくんですよ。

三上:実際に、この親子の関係でのご相談はどうなったんですか。

吉村:本当に、あるクライアントさんは、家に帰るたびに、ご両親と怒鳴り合いの喧嘩を毎日してたみたいな方が、いつの頃からか、ご両親の物腰が段々柔らかくなって、本当に子ども時代に戻ったみたいだという感想をいただいて。

三上:ええー。そんなに変わったんだ。

吉村:そうなんですよ。もうね、だからそういう、これってもう改善しようがないんじゃないかって、あきらめているような人間関係でも、改善するということは、僕はたくさん目にしてきていますね。

三上:なるほど。

吉村:それはご家族ということだから、多少時間がかかったりというのはあるわけですよね。これが別に家族じゃなかったら、要はしんどい人間関係だったら、離れることでお互いにとっていい状態になることは十分あり得るので。

三上:どうしても、家族だとね、ずっと続く関係性ですからね。

吉村:そうなんですね。だからそういう意味では、家族関係というのは、なかなか解決に時間がかかったりはするんですけど、ただ、それが改善したときは、本当にその人の人生の質が想像を超えた域で上がるし、それをお手伝いさせてもらえたという、僕の方での満足感とか感動とかがひとしおですね。

三上:なるほど。そうですね。わたし、日常のなかで体とかっていうのは、みなさんジムとか行ったり、筋トレしたり、メンテナンスする方多いと思うんですけど、やっぱり心だってね、使っていれば調子悪くなったりすると思うので、今お話きいて、逆にこう、わたしは大丈夫と思っても、そうじゃないときというのが、きっとみなさんのなかでもあると思いますので。やはり今後もちょっと色々と、こころメンテナンス、深い話をたっぷりと、みなさんにもね、お届けしていきたいと思います。

吉村:はい。

三上:本日も、吉村さん、ありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。

003.今の時代・コロナ禍

今の時代コロナ禍でネガティブな方が増えているからこそ変化を起こしたい、リモートでもできるセッションについてお話し頂きました。

ACT: https://m-e-science.com/lp-act/

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

==================
◆文字起こしはこちら↓

 

三上:はい、みなさんいかがお過ごしでしょうか。はい、今日もアシスタント三上恵と、氣功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。お送りしていきたいと思います。どうですか吉村さん、3回目ということで、だいぶわたしたち慣れてきましたよね。

吉村:はい、そんな感じしますね。

三上:はい。ということで今日も気楽にみなさんとね、ご紹介して、色々聞きたいと思いますけども。さあ今日のテーマ、吉村さん、「今の時代、コロナ禍」ということで、テーマをお送りしていきたいと思うんですけど。
やっぱりちょっと世の中的に、わたしの周りもそうなんですけど、ちょっとネガティブな方やっぱり増えてきているなというイメージがあるんですけど。吉村さんご自身が氣功ヒーラーということで、依頼を受けるかた、逆に、学びたいというかた、今の現状どうですか。増えてきていますか。

吉村:そうですね。とても増えてきているなという印象は感じますね。ひとつにはリモートワークが増えてきたということで、例えばズームだったりとかっていう、離れた所で直接会わなくてもコミュニケーションがとれるような、そういうテクノロジーって元々あったけど、なくても生活ができるというところだと、なかなかそれを実際に取り入れるかどうかの踏ん切りがつかないで、とりあえず今はいいかみたいな感じたったのが。

三上:でしたね。以前は、ね。

吉村:これはもう使わないと仕事になんないよねとか、生活ができないじゃんって、強制的にリテラシーがすごい上がったというのがあるので、ユーチューブだったりとか、多分以前よりも見る人とかが増えてきたし、自分でそういうテクノロジーを使って、人とコミュニケーションをとっていこうという気持ちになった人たちが増えてきているんじゃないかと思うんですよね。
そういうところで、僕の個人セッションとかって直接お会いしないで遠隔で、インターネットの通話とか使ってやっているので、そういうものに対する「じゃあ、試しにやってみよう」みたいな気になる人が増えてきたんじゃないかなというのがひとつありますよね。

三上:じゃあリモートでもこういうセッションはできるんですね。お会いするだけじゃなくて。リモートでもできるというわけですね。

吉村:元々リモートを主体でずっとやってきたんで、そういう意味では僕は仕事では、あまりコロナによって打撃を受けたというのはなくて、むしろ世の中に不安が増えてきたんで、そこをなんとかしたいというふうに思われる方達も増えてきたということで、頂いている依頼の件数とかも増えてきているんですけど。
コロナ禍になって、どういう意図でやっているのかわからないんですけど、マスコミとかテレビのニュースだったりネットのニュースだったりというのが、非常に不安をあおるような情報をたくさん流しているわけですよね。

三上:そうですね。うん。多いですね。

吉村:多いですね。それって結局不安をあおったほうが見る人が増えるという、世の中的な、視聴者の人達がそういう波長の人が多いから、どうしても提供する側もそっちに寄っていっちゃうということが起きているのかもしれないんですけど。
どこにどういう人が絡んでいるのかわからないんですけど、世の中的に不安をあおる情報が増えてしまっているというところで、やっぱり人って不安だったら不安をなんとかしたいと思うわけですよね。
そういう意味では、今の不安な状況をなんとかしたいということで、行動を起こしている人達が増えてきているから、見えないエネルギーを扱っているものを、一回体験してみようとか、体験して効果を感じたんで、自分もできるようになりたい、じゃあ習いに行ってみよう、みたいな人達が増えているのかなっていうふうに感じてますね。
三上:うーん。なるほど。やっぱりね、リモートワークも増えてきていますし、お家時間が増えている方多いと思うので、色々検索しながら、ちょっと自分を変えたい、何か情報をつかみたいという方がたくさんいるなかで、こういう氣功ヒーラーの吉村さんに、セッション受けたいという方とか逆に習いたいという方が増えてきている現状があるわけですね。

吉村:そう感じますね。

三上:わたしも、吉村竜児さんのお名前で検索したら、ユーチューブみさせていただきました。

吉村:はい、ありがとうございます。

三上:はい。氣になったのを、ちょっとこちらでお話したいんですけど、運氣を上げる動画とか、恋愛、集中力、前向きエネルギーとかいろいろあって、すごい氣になって、一旦ボタンを押したら音楽が流れているのかなと思ったんですけど、音楽は流れないんですね。

吉村:はい。音は。音声トラックにはなんにも入れてないです。

三上:音はなくて、氣だけで、みなさんに、運氣を上げたりとか、エネルギーをお送りしているというわけですね。

吉村:はい。前回の配信でお話したように、氣って電磁的な波動なわけですよね。だからそういう意味では、デジタルなものとも結構相性がいいんですよ。デジタルなものも、結局電磁波使っているから。

三上:電磁波ですからね。つながりますよね。

吉村:そこに金運を上げるだとか、恋愛運を上げるだとか、という意図をしてデザインした、電磁的な波動をそこに入れて配信しているということなんですね。

三上:うーん。今話をきいて、氣になってる方結構いらっしゃると思うので。これユーチューブの場合は「吉村竜児」で検索したらヒットしますかね。

吉村:はい。僕の竜児の児が、ちょっと変わっているんでね。間違えないようにしていただければちゃんと出てきますよ。

三上:はい。是非気になった方、ユーチューブ是非ねフォローもしていただきたいと思いますけど。

吉村:ぜひぜひよろしくお願いします。

三上:はい。なるほど。そうですね。じゃあ今の時代コロナ禍ということで、リモートでもセッションを行っているということなんですけども、リモートワークというか、習うこともできるんですよね。

吉村:はい。

三上:オンラインサロンもあるということですので、これは例えばオンラインサロンとか、セッション受けたいという場合はどこにクリックというか、アポイントをとったらいいですかね。どういうふうに。

吉村:はい。ホームページのほうからお問い合わせフォームだったりとか、あと、オンラインサロンは、実はACTというサービスを僕やっていまして。これは、ACTは、オート・クリアリング・ツールの頭文字をとって、ACTと呼んでいるんですけど。

三上:うんうん、オート・クリアリング。

吉村:本当僕、だから1対1でセッションをするということ、セッションとかレッスンとかを全部1対1でやってきたわけですよね。リモートとはいえ1対1でやる仕事となると、言ってみたら僕という人はひとりしかいなくて、僕の時間も一日24時間というように限られていて、しかもそのなかで、実際集中してセッションなり、レッスンなりができる時間というと、もっと限られてくるんですよね。

三上:うん。

吉村:そこでより多くの方達に、この見えないエネルギーというものを取り入れることで、人生の質を上げることができるんだよということを、伝えていきたいと思ったときに、1対1の仕事の仕方だけだと限界があるというか。
本当に僕が持っている大きな望みとしては、このエネルギーワーク、見えないエネルギーを人生に、日常にも取り入れてもらいたい、全ての人の人生に日常に取り入れることで、みなさんの人生の質が上がっていくから、それが後々には世界平和につながるんじゃないかと僕は思っているので。

三上:うん、うん。

吉村:そう考えたときに、やっぱり1対1の仕事だけをやっているわけにはいかないなということで、じゃあ僕がひとりの時間を1対1で使わなくても、氣を整えるとか、その人達のお悩みを解決するというところまでいくかどうかというのは、やってみないとわかんないところがあるんですけど。
少なくともその人達の氣の状態をよくすることで、より前向きになるとか、お悩みを自分で解決できる状態になっていくとかっていうことをお手伝いできるものとして、遠隔で要は自動的に氣を整える仕組みみたいなのを作ったんですよ。

三上:ふーん。

吉村:これがそのACTなんですけど、それを使っていただいている方達が自動的にオンラインサロンにも入るというようなサービスに、今移行してまして。
そこでは自動的に氣を整えるというサービスを受けながら、オンラインサロンメンバー限定の情報発信ですよね。というようなことをやっていこうというふうに思っていまして。
なので、そのACTの申し込みフォームというのはホームページにありますので、そちら申し込んでいただくと、自動的にオンラインサロンの会員にもなるという、そんな仕組みになってます。
ACTは、毎月、月々定額で受けていただくサービスなんですけど、初めてご利用になる方は、初回は30日間無料で使えますので。

三上:おっ。えー、30日無料で使えるんですね。

吉村:そうですね。もちろん30日過ぎたら自動的に課金が始まるので、30日以内だったらいつでもご解約いただければ一切お金かからないで、これが本当に自分に効果が出るだろうかみたいなのを、その30日間の間にみていただくみたいな感じですかね。
三上:なるほど。じゃあもう今はコロナ禍で、やっぱりそういう変わりたいという方多いと思うので、ますますこういうオンラインサロン受けたいという方も増えてくるでしょうね。
吉村:そうですね。おかげさまで、結構ACT申し込まれる方たくさんいらっしゃって。もちろん最初の30日間無料だからということで、お試しで使ってくださってる方達がたくさんいるので。
まあエネルギーワークというものを身近に感じてもらいたいというところではね、まず試しに使ってみてどんなものか、それで何か本当に期待していたような変化が起きれば、続けていただければいいですし。
ちょっと今ピンと来ないなと思われたら、全然ご解約いただくのでいいと思うんですよね。そういう感覚で使ってもらえたらなと思っています。

三上:はい。まず、気になった方はね、お問い合わせいただきたいと思います。はい。本日はテーマ「今の時代、コロナ禍」ということでお話お届けしました。吉村さん、本日もありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。

002.氣って何?

氣って何?、そんな疑問を吉村さんにわかりやすく解説して頂きました。
私達の身近に氣はいろいろあるようです。

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

==================
◆文字起こしはこちら↓

 

三上:はい、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。さあこころメンテナンス。本日もお話はアシスタント三上恵と、氣功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。で、お届けします。よろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:さあ前回は「心体氣功®について」色々お話伺いましたけども、今日は吉村さん、テーマ、そもそもわたしの疑問もあるんですけど、「氣って何?」ということで、色々聞いていきたいなと思うんですが。
漢字の中にも、天気、元気、活気とか、氣って色んなところに使われていると思うんですけど、そもそもきっとわたしのなかでは見えないエネルギーなイメージがあるんですが、吉村さん、氣について、今日は色々お話していただきたいと思うんですが。氣ってそもそも何ですかね。

吉村:はい。今、いくつか挙げていただいた言葉のなかに、氣という字が入っているというのも非常に日本語の面白い特長的なところだなと思っていまして、日本人にとっては氣という概念が、本当は元々すごい身近なものだったということが、そのことからわかるんじゃないかなと思うんですけれども。

三上:そうですね。

吉村:見えないエネルギーといと、例えばヨガとかの世界だったら、プラーナという言葉だったりとか、宇宙のエネルギーなんですとか、生命のエネルギーなんですとか、色々と見えないエネルギーに対して、いろんな分野で定義づけがされているものもあると思うんですけど、ヒーリングとか氣功もたくさん流派があるから、それぞれがいろんな世界観を持っていて、諸説あるという話になっちゃうと思うんですよね。

そんななかで僕は量子力学を自分で勉強して学んできたことで、じゃあこれを自分なりに定義づけるとしたら、どういうものだろうかというふうに、自分なりに考えた定義があるんですね。それは言ってみたら、電磁的な波動ということなんですよね。

三上:電子的な波動?

吉村:電磁波。電磁。

三上:ああ、ああ。

吉村:大きなくくりでいえば、電磁波の一種だと思っています。ただ、電磁波というとイメージ最近悪いじゃないですか。

三上:そうですね。体に影響があるんじゃないかとかね、ありますけど。

吉村:はいはい。ただ電磁波ってどんなものがあるのかというと、要は電界とか磁界という、目には見えないけど存在している、電気・磁気の波動・波ですね。

三上:そうですね。波動が高い人、波動が低い人とかって言ったりしますよね。最近ね。

吉村:はい、ありますね。どういうことかというと、波だから、波の振動の速さに違いがあるわけですよ。速く振動している波と、ゆっくり大きく振動している波と、例えば1秒間に何回振動している波なのかということで、実は違いがあるわけなんですけど。
だから一般的に電磁波電磁波と言って、今騒がれているものって、例えばスマホの電磁波がよくないとか、ワイファイの電磁波よくないとかって。

三上:よく聞きます。

吉村:聞きますよね。あれって実は、周波数がすごい低い電磁波から、すごい高い電磁波まで、電磁波ってものすごいいっぱい色んな種類があるんですよ。その振動数の違いによって、電磁波の種類が変わってくるんですね。

三上:うんうんうん。

吉村:実は、僕らの目がとらえている光ってあるじゃないですか。太陽から降り注いでいる光、電気をパチっとつけたときに出る光って。これも実は電磁波の一種なんですよ。

三上:はー。

吉村:すごい低い周波数の電磁波から高い周波数の電磁波まで、わーってすごい広い範囲があるんですけど、目に見えること・見ることができる光って、可視光って呼ばれている周波数の帯域のもので、それって実はめちゃめちゃ狭い範囲のものなんです。

三上:ふーん。

吉村:全体からみたら。僕たちの目が色として認識している部分というのがあって、それがすごい狭い範囲なんだけど、そのなかでも周波数が高いものは紫色、低いものは赤色みたいな感じで、虹の七色ってあるじゃないですか。

三上:はいはい。

吉村:あの色の違いって実はこの狭い範囲の中でも、周波数が高ければ紫に近づいて、低ければ赤に近づくという、そういうものなんですね。

三上:あー。今日、勉強してます、わたし。

吉村:ねえ、習ったことありますよね。みんな大体忘れちゃっているだけで。紫よりもちょいっと周波数が上がると、目に見えない光になっちゃうんですけどそれが紫外線。紫外線といって、あたると日焼けしたりとか、ネイリストの人がレジンで固めたりとか。

三上:あ、ジェルネイルですね。

吉村:そうそうそう。あれ光ですよね。

三上:そうですね。うん。

吉村:で、赤色よりもちょっと周波数が下がってくると、これ赤外線といって、目には見えないんだけど熱を伝達するんですよ。だからものを温めたときに温かくなるというのは、あれ結局赤外線を増やしているんですよ。そうすると温かくなる。例えばよく健康好きな人だと、遠赤外線が体にいいんだよとかって言ってるじゃないですか。

三上:はい、聞きます。うん。

吉村:遠赤外線って電磁波なんですよ。だからそうそう、電磁波って全部電磁波だから、電磁波という言葉で全部くくっちゃうと、すごい大雑把すぎるんですね。体にいい電磁波もあれば悪い電磁波もあるという、それだけの話なんですよ。

三上:なるほど。電磁波が悪いんじゃなくて、電磁波のなかでも分かれてくるということですね。

吉村:色々とあるんですよ。例えば、紫外線は日焼けするし体に悪いとかって思っている人も多いですけど、でも実は僕たちの皮膚細胞って、紫外線をとり入れることでビタミンDを作っているわけですよね。

三上:そうですね。光合成とかっていいますもんね。

吉村:で、ビタミンDが足りなくなると、体のなかにカルシウムをとり入れられなくなるので、骨が弱ってきちゃうんですよね。

三上:はー。

吉村:だからそうすると紫外線って体にいいのか悪いのかといったら、まあよくもあるし悪くもあるんじゃないみたいな話ですよね。浴び過ぎてたら皮膚がんになったりする可能性もあるという話もあって、要はどんなものでもバランスが大事で、多すぎたら悪くなるけど、少なすぎても悪くなるよね、みたいな話のものが多いんですよ。
そういうことろでは、ひとくくりで全部語ろうとするとか、あるいはいいものだったらとことんやりまくれば、もっとよくなるんだろうという発想が世の中にはあるんですけど、結局大事なのはバランスなんですよね。

三上:うーん。すごいわかりやすい。

吉村:はい。だから氣というのも、たくさんある電磁波のなかのどこかにあるものであったりとか、あるいは同じ電磁波でも、振動って例えば上下に振動するだけのものと、上下だけでなくて、例えば前後の振動だったりとかというのも含めると、次元が上下だけよりも、上下と前後含めた振動のほうが、次元が高いということなんですよね。

だからそういう意味では、普通のコンセントに差し込んでとっている電力、これも電磁波なんですけど、そういう僕らが普通に生活のなかでなじみのある電磁波よりは、次元の高い電磁波かもしれないです、ヒーリングとか氣功で使っている電磁波はというのはね。
例えば僕たちが、ものを考えたりとか感情が動いたりすると、脳波が変わったりとか心拍が変わって心電図とかでとれる情報が変わったりしますよね。
機械が体が発している電磁波をキャッチして数値化しているから。だから脳波とか心電図はとれるんですよ。だから、僕たちの意識が実は電磁波を発しているんですね。

三上:うーん。なるほど。

吉村:テレビやラジオ・スマホの電磁波というのは、いわゆる電波と呼ばれているものというのは、ただの電磁波の波形に過ぎないですけど、それをちゃんと何かに変換すると、音になって言葉になったり音楽になったりとかってするというのは、要するに離れた所にも情報を伝えることができるわけですよね。

三上:うーん。

吉村:例えば電子レンジ。あれだって見えない波動をあてることで、食べ物を温めるということをしていますよね。あれって離れた所にエネルギーを伝えることがで
きるから、食べ物が温まるわけですよ。

三上:はい。そうですね。

吉村:そうですね。だから離れたところに、情報だったりとかエネルギー・力みたいなものを伝えることができるものというのが、電磁波の特徴であって、それは実は僕たちの脳だったりとか意識だったりというものも電磁波を発していて、それが見えないレベルで実は情報のやりとりをしているわけですね。

三上:うーん。

吉村:それが、全部ひっくるめて氣というふうな概念でとらえられてきたんだと思うんですよね、日本人にとって。だから、気心が知れるとかってね。気が合うとか。

三上:ね。

吉村:そうそう。だから要するに、その人と自分との電磁波的な周波数が合うから、だから気持ちが伝わりやすくて、「あ、氣が合うよね」「あ、わかる、わかる。だよね」みたいな状態になるという。それが氣というものとして捉えているということですね。

三上:いやー。吉村さん、本当今日はわかりやすいし、わたしの知識も増えたし。氣って、お話聞いて本当に身近にあるんだなというふうに、今日は感じることができました。

聴いている皆さんもすごいわかりやすいと感じたと思いますし、身近にあるんだなということで勉強になったと思いますので。また3回目のお話も色々と聞かせていただきたいと思います。吉村さん、今日は、また、ありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。

001.心体氣功とは

吉村さんの体験談と経験を踏まえて考案した手法、心体氣功についてお話伺いました。今の現状から変わりたい、そんな方に聴いて欲しいお話です。

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

==================
◆文字起こしはこちら↓

 

三上:みなさん、はじめまして。さあ今日からスタートします。こころメンテナンス。アシスタントは三上恵と、そして氣功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村竜児さんとふたりでご紹介していきます。よろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:はい。さあ、こころメンテナンスということで、吉村さん、この番組はどんな方にきいていただきたいですか。

吉村:はい。僕の元々のお客さんであったりとか、それからユーチューブチャンネルをみてくださっている視聴者の方達の、その割合としては40代・50代の女性の方達が多いんですけど、特にそのなかでも生きづらさを感じていたりとか、人間関係だったりとかで深刻な悩みを抱えている方達とかが多いんですけど、

そういう方達って世間一般の尺度でいうと、どこかマイナスがある人達みたいなカテゴリーに入ってしまうとか思うんですけど、僕はじゃあプラスとマイナスってどこで分けているのみたいなところで、こういうゼロのラインみたいなものってどこにあるのかって、本当は明確なことじゃないけど、みんなイメージでなんとなくプラスマイナスととらえていると思うんですよね。

三上:はい。

吉村:だから、実際には現状よりもさらに良くしていきたいと思われている方達とか、あるいは自分はマイナスと思っていないという方達も、実はもっと伸びしろがあるというところに、まだ気がついていない方達とかも多いので、

そういう意味では、どこか悪いところを直したいんですという方達だけではなく、もっと自分のベースのパワーだったり、パフォーマンスというのを上げていって、人生をもっと良くしていきたいとか、本当の自分らしさを発揮して生きていきたいという方達に届けていきたいなと思っています。

三上:はい。なるほど。今の現状から変わりたいという方、結構わたしの周りも多いんですけども、吉村さんご自身が氣功ヒーラーということで心体氣功®を行っていらっしゃるそうなんですけども、これは吉村さん独自で考案した手法なんですよね。

吉村:はい。元々僕は心を癒す仕事がしたいと思って、心理カウンセリングの勉強をしていたんですね。これはなんでかというと、僕の母がとても若い頃からよく病気を繰り返す人で、それを近くで見ながら育ったんですけど、僕の母ってすごい性格がネガティブで、後ろ向きな性格の人だったわけですけど。

近くで見ていると、この人がこんなによく病気になるのって、この性格が原因じゃないかなってなんとなくうっすら感じていたんですよ。確信はないわけですけど。

僕の母が十数年前ですね、癌でとうとう亡くなってしまったんですけど、それまでも重度のリウマチだったりとかで、本当に身体障害者の手帳を持って生活しているような人だったんですけど、その頃にある記事を読んでいたら、どういう性格の人がどういう病気になりやすいかという研究がなされているということを知ったんですね。

三上:はい。

吉村:論文とかも発表されていて。それでその記事にリウマチになりやすい人の性格的傾向というのがリストアップされていたんですけど、それを見たときに僕の母の性格と完全一致だったんですよ。それで、これってきっと心の病気なんだろなというふうに確信するに至って、それでじゃあ心を癒す仕事をしようと思って。

そのときに僕の知識のなかでの選択肢は心理カウンセラーとかしかなかったので、じゃあまあカウンセラーになるための勉強しようと思って、いろいろ調べてNLPというアメリカから入ってきた心理セラピーの手法を学んで、その学校に通って勉強していたんです。

三上:はい。

吉村:たしかに勉強をして自分でもそれを身につけたりとか、クラスのなかで練習のためにお互いカウンセリングをしあったりするんで、僕自身の心もどんどん解放されてすごい素晴らしい手法だなと思ったんですけど、ただカウンセリングというのは、対話・言葉を介して心を癒すという手法なので。

三上:はい。

吉村:それって言ってみたら、対話ができない人には何にもできないということでもあるわけですよ。

三上:うん、そうですね。

吉村:で、僕自身の、その頃もうすでに母亡くなっていたんですけど、振り返ってみて、僕のお母さんに果たしてカウンセリングは可能なんだろうかと考えたときに、僕の母は被害者意識がすごい強い人で、自分が変わろうという発想はなくて、今自分がこういう苦しい思いをしているのは世の中が悪いからだとか、あの人が悪いからだみたいな考え方だったから、人の話とかも聞かないわけですよね。

三上:うん。

吉村:で、こういう人に対してカウンセリングってできないよなということになって、じゃあもっと心に直接的に働きかけられるような手法がどこかにあるんじゃないかって思って、いろいろ調べたりとか人から話を聞いたりしているうちに、ヒーリングだとか氣功みたいな、見えないエネルギーを使って人を癒やす手法があるということを知って。

それでその頃僕はそういうものに対して、別に否定的な考えは持ってはいなかったんですけど、そういうことができる人って特殊能力者みたいな人達で、僕はそういうのじゃないから縁がない世界と思っていたんですけど。

三上:はい。

吉村:でも、そういうものあるよという話をあちこちで聞くようになって、いろいろ調べてみたら、実際にそういうヒーリングとか氣功だったりとかを教えている人達が、実は僕が知らなかっただけでいっぱいいたんですよ。すごいいろんな流派があって。

三上:うんうん。

吉村:誰でも習いに来たら教えますよみたいなスタンスでやっていらっしゃるので、それで僕はそういう霊能力とかがあるわけでも、霊感とかも全然なく、そういうのと縁がない生活をしていたんですけど、こんな僕でも習ってできるようになるんだったら、きっとこれは本物だろうと思いまして。

じゃあどんなものか見てやろうぐらいな、上からなスタンスで習いに行ってみたんですよね。そうしたら本当に習ったとおりにやったら、きちっと効果があらわれるというのを体感できたんですよね。

僕が初めて習ったのが、いわゆる伝統的な手かざしとか、手から氣を流すみたいな手法だったんですけど、体の痛いところに手をペタっとあてて、もんだりとか引っ張ったりとかは一切しないんですよ。で、イメージングと呼吸法とかを使って氣を流すというのをやったら、本当に痛みが和らぐというようなことがあって、痛みが和らぐぐらいだったらちょっとプラシーボ的な、気のせいかなというのがあるのかもしれないんですけど。

三上:うんうん。

吉村:歪んでいる背骨とか骨盤が、ちゃんとまっすぐになったりするんですよ、それだけで。もう本当にものの15分とか20分で、歪んでいた体がまっすぐになるといったら、これはきっと本物だろうと思うわけですね。しかもそれってできるようになったのが僕だけじゃなくて、一緒に習いに来た初心者の人達がいっぱいいて、みんなできるようになっているんですよ。

三上:えーっ。はい。

吉村:だからじゃあこんな事が可能だったら、これって心の癒しにも応用が効くんじゃないかと思うようになって、そこからいろんな流派があるということがそのときにわかったので、僕は性格的にひとつの所でひとりの先生にバツって習って、その手法を極めるぞというよりは、どっちかというと、いろいろ学んでいいとこ取りをしようという感じの性格なので。

あちこちに習いに行って、それでそこの使えるものをどんどん取り入れていくというスタンスでやっていたんですよ。で、結構面白かったのが、いろんな流派ってそれなりにそれぞれの世界観を持っているから、その世界観でなぜこれが可能なのかって説明をするんですけど。

三上:はい。

吉村:そうするとなかには、お互いの世界観が合わないことで、お互いを否定しているような感じの、そういう手法もあったりするんですよ。

三上:うん、そうですね。

吉村:実際両方に習いに行ったら、それなりにちゃんと習ったとおりにやったらできるんですよね。

三上:あー、ああ、ああ。

吉村:ということは、それぞれの世界観はその全体像を捉えているわけではないんだろうなというふうに思ったんですよ。だからこれが全部説明がつく何か、理論であったりとか、世界観であったりというものは、きっとどこかにあるんだろうと、今僕が知らないだけで。

だから、それもいつか見つけられるだろうなと思いながら、あちこちで習っていくなかで、量子力学という学問と出会って、実は全てはエネルギーでできているみたいなことが科学的に実証されてきたわけですよね、その量子力学で。

で、元々僕の持っていた心理学の知識と、量子力学を本とか読んで学んだことで、いろんな種類の見えない力を扱っている手法というのが、実はこれ全部ひとつの大きな絵のなかの、バラバラのパズルのピースみたいなもので、1個1個は違うんだけど、組み合わせていったら全体像が見えていくような、そういう感じのものなんじゃないかなというふうに気がついて。

そういうふうに仮説を立てて自分なりに研究していったら、それがひとつのものになっていって、結果僕の独自の手法になったので、これに名前を付けようということで、心体氣功®、こころ・からだ・氣功って、心と体を扱う氣功というふうにしたんですね。

なんでかというと、氣功というと、大体みなさんイメージされるのって、氣功整体とかね。

三上:はいはいはい。

吉村:武術でかめはめ波みたいな感じの、ああいうイメージが多い。

三上:そうですね。イメージが。まさに、はい。

吉村:だから、体のことだけじゃなくて心のことを実は扱っているよっていうことを入れたくて、心・体・氣功というふうに、新しい造語として作っちゃったという、これが心体氣功®ということですね。

三上:なるほど、今お話聞いて、いろいろ吉村さんの経験談とか、いろんな体験をされてこれに至ったというお話、心体氣功®についてお話いただいたんですけども。本当に見えないエネルギー、わたし周りにいないので、とても気になるんですけど、今後このこころメンテナンスのなかでいろいろなね、心体氣功®も含め深く深くいろんなテーマに沿って、お話伺っていきたいと思います。

吉村:はい。

三上:今ちょっとお時間来ましたので、吉村さん、お話ありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。