265.新生活応援キャンペーン

新生活応援キャンペーンが開催されます、詳しいお話伺いました、皆様是非公式ラインもチェックして下さい。

 

感想、ご質問はこちらにお願いします!
https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7
YouTube:
https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web:
https://m-e-science.com

==================
◆文字起こしはこちら↓

 
三上:皆さん、こんにちは。こころメンテナンス、本日もアシスタント三上恵と、氣功ヒーラーの

吉村:吉村竜児です。

三上:吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:前回、お話をしましたが、今日は【新生活応援キャンペーン】のご案内という事で、新生活の皆さん〜そうじゃなくても、是非〜是非注目して頂きたいと思います。早速、この内容を教えて下さい、吉村さん。

吉村:【新生活応援キャンペーン】去年もやらせて頂いているんですけど、4月のタイミングで、LINE公式のほうからクーポンの抽選のリンクを配信しますので、そちらから抽選をしていたいて【当選した方にプラクティショナーの方達のセッションを特別価格で受けられるっていうクーポンをお渡しする】っていうキャンペーンになっています。

三上:なるほど。スタートするのが、いつからですか?

吉村:これが、4月の14日(日曜日)にLINEの方で、抽選のリンクを配信させて頂くという感じになっています。LINE公式の仕様上、登録した時点で、その前に配信された投稿っていうのが遡って見られないようになっているんですよね。

三上:なるほど。今、ちょっと気になったという方、なるべく早めにやっていたほうが良いですね。

吉村:そうですね。今回の収録の配信日が、4月の12日ですよね。

三上 : はい、そうです。

吉村 : そうすると、12日・13日〜今日・明日中にLINE公式のほうに登録しておいて頂ければ、14日にその抽選のリンクというのかな、投稿が配信されるっていう形になっています。

LINEの登録のリンクというのは、ホームページとかYouTubeの概要欄とかにも掲載していますので、是非ご興味のある方は、今日・明日中にご登録頂いて、14日の配信をお待ち頂ければと思います。

今回は何人位だったかな?多分、10人前後位のプラクティショナーの方達が参加して下さっている筈なんで、それぞれのオープンにしている枠みたいなのがあるから、先ずリンクが送られて来たら、抽選のボタンをタップして頂くと、抽選で「当たりか外れ」かっていうのが出るんですね。

三上:ほうほう。

吉村:これはLINEの機能を使って、当選者何名ってもう設定してあるんで、その確率で当たり外れが決まるんですけど、当たった方は、キャンペーンに参加しているプラクティショナーの方のサービス枠みたいなので、申し込みが出来る権利を手にしているという状態なんですね。【当たったから、既にセッションが受けられるっていうわけではなくて、当たりを引いた人が申し込みが出来る】っていう事になるんです。申し込み枠は先着順になるんで、

三上 : はあ。

吉村 :(当たったから、申し込むのは後でいいか)ってのんびりしていると【枠が埋まっちゃって受けられませんでした】っていう事になっちゃう可能性もあるし、(どのプラクティショナーの方のセッションを受けようかな?)っていう中で、当たったけど【お目当てだったプラクティショナーの方の枠が埋まっちゃいました】ってなったら、もう受けられないわけなんですよね。

三上 :ふん。

吉村 : なので、折角当たりを引かれた方は、最初の希望の方のセッションを受けられなかったら、まだ枠が空いている他の方のセッションを試しに受けてみるとかして頂ければ、

本当に皆さん、それぞれ個性も違うし、独自性を持ってやってらっしゃるんで。また、クリアリングする時って、どこから掘っていくかみたいなのって人によってやっぱり違うから、相性とかも結構あるんで、ちょっと割引で受けられる機会なんで

最初に、ご希望のプラクティショナー、第2候補・第3候補位迄考えておいて頂ければ、一番最初にご希望の方が受けられなくても、(じゃあ〜第2候補にいくか?第3候補にいくか?)っていうふうに出来ると思うんで。もし、埋まっちゃってたら試しに空いてる方で申し込んで頂けたらなっていうのはありますね。

三上:⚫️⚫️(セッション、一度受けてみたいんだよな。どんな感じなんだろう?)って気になっている方もいらっしゃると思うので、今回のこのキャンペーンで応募、先ず出来る資格をゲット出来たら、是非ね、後、プラクティショナーさんによって違うんですよね、持っている強みというんですか?人によって。

吉村:そうですね。結局【こころメンテナンス】っていう手法は、ベースとしては僕が開発した【クリアリングツール】っていうクリアリングをする為の道具を、共通の道具を使ってエネルギーワークを教われている方達っていうのが大きなくくりなんですけど、道具を使ってどういう事をしていくかっていうのは、同じ調理器具を使って色々な料理人がそれぞれの独自の料理を作っていくみたいな事に似てるなと僕は思ってまして。

三上:ああ。

吉村:だからその中には、例えばプラクティショナーのお一人で、城間城間さんって沖縄の方がいらっしゃるんですけど、その方はクリアリングツールを使って才能開花っていう新しいセッションを開発されたんですよ。

三上;へえ。

吉村:彼は、クリアリングはそんなにされてなくて人の才能を開花させるっていうセッションだったりとか、後は、僕がやってるようなACTとかと同じように独自の新しいツールを開発して、それをサービスとして提供されてたりするんで、そういう応用して違う使い方をしていくっていう事も可能なものになってるんで、

三上 : ふうん。

吉村 :色々と、

プラクティショナーの方達それぞれ独自性を出し易いものになってるっていうのもあるし、後、皆さんお一人お一人違う個性とか強みを持たれてるんで、どういう人生経験があるかとかもクリアリングをしていく上では強みになったりするわけですよね。やっぱり共感が出来易い事柄に関しては、その分ブロックは見つけ易いっていうのもあるわけですよ。

三上:はい。

吉村:是非、試しに色々な方を受けてみて、普段いつもお願いしているプラクティショナーがいらっしゃる方は、その方のセッションを特別価格で受けるっていうのもあると思うんですけど、(ちょっと安くなってるこの機会に、試しに違う人のを受けてみよう!)とかっていう使い方もしてもらえると嬉しいなっていうのはありますね。

三上:はい。この新生活応援キャンペーンは4月14日、日曜日からスタート。

吉村:日曜日にその抽選のリンクを配信しますんで、それでポチってしてもらえれば、先ず、当たりか外れかがその段階で出るんで、当たりを引かれた方はそこから今度は先着順なので、参加されているプラクティショナーのリストとかもそちらでリンク公開してる筈なんで、そちらで見て頂いて、そこから申し込みをして頂くっていう流れになってます。

三上:先ずは、LINE友達登録させてい頂きたいと思います。

吉村 :そうですね。

三上 : 当たった方は、直ぐに次のステップ、どのプラクティショナーさんがいいかっていうのをチェックして、また更に応募して頂きたいと思います。

吉村 : よろしくお願いします。

三上 : ということで、今回は新生活応援キャンペーンについて、吉村さんから詳しくお話を伺いました。参加された方のどんな感じだったっていうご意見も、もし良かったらメッセージで頂けたらなと思います。

吉村:そうですね。是非是非。

三上:お待ちしております。本日も吉村さんありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。

264.新生活

出会いと別れの季節、吉村さんのアメリカでの学生時代のお話と日本との違いを伺いました。

 

感想、ご質問はこちらにお願いします!
https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7
YouTube:
https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web:
https://m-e-science.com

==================
◆文字起こしはこちら↓

 
三上:皆さん、こんにちは。こころメンテナンス、本日もアシスタント三上恵と、氣功ヒーラーの

吉村:吉村竜児です。

三上:吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:この時期は、多分配信の日は、私、息子の中学校の入学式だと思うんですけど。

吉村:おめでとうございます。

三上:ありがとうございます。あっという間です。

吉村:そうですね。

三上:やっぱりこの時期は、新生活スタートされる方が多いと思うんですけども。吉村さんのやっぱり4月って変化とか、これからステップアップしたいなっていう方も多いと思うんですよね。

吉村:はい。

三上:吉村さんの春の変化ってありますか?

吉村:そうですね。日本だとそういう年度が変わる時期がちょうど春なんで。色んなことをこのタイミングで始めるみたいなことだったりとか、生活が変わるっていうのは結構あると思うんで。例えばうちの娘たちも、この春からは高校3年生でいよいよ高校最後の年になるっていうのもありますし。でもね、僕は中学校卒業してすぐアメリカに行ってしまったんで。

アメリカに住んでた11年間は、アメリカって新学期始まるのが8月下旬とか9月頭ぐらいなんですよ。その学期が終わるのが5月の下旬頃なんで、全然またそこで違うサイクルに入っちゃったんですよね。確か中学校3月に卒業して、4月からみなさん新学期みたいな時で、ちょうどクラスメイトだった同期の友達が、高校始まったよみたいな週に、そうなんだって言って、それで僕はその週にアメリカに旅立って、そこから8月の新学期に向けて、現地の高校に入るために語学学校で英語の特訓が始まったみたいな、そんな時期でしたね。

三上:違うんですよね、アメリカとやっぱり学期がね。

吉村:そうなんですよね。だからちょっとそこら辺のね、もう日本帰ってきた時には今度はもう学生じゃない状態なんで、4月から新学期が始まるっていうのが、あんまり僕はそこまで皆さんずっと日本にいた方達と比べると、そこまで染み付いてないんじゃないかと思うんですよね。

三上:なるほどね。ちなみにアメリカの入学式とか卒業式の儀式というか、日本とまた違ったりするんですかね。

吉村:だいぶ違いますよ。まずね、入学式ってないんじゃないかな。

三上:え、ないんですか。

吉村:多分その、ないな。ないない。僕、日本で中学卒業して、だからこれがアメリカだと9年生っていう扱いなんですよね。

三上:小学校からずっとってことですか。

吉村:ずっと上がっていくと、だから6年生から7年生、8年生、9年生ってなるんで、そうすると向こうの高校は10年生から入ることになるわけなんですけど、でもね、アメリカの高校って9年生からスタートして4年間なんですよ。

三上:長いんですね、日本より。

吉村:その代わり中学校が2年しかないんですよ。

三上:なるほど。

吉村:だから小学校、中学校がくっついてるか、あるいは中学校、高校がくっついてるかみたいな感じの学校が多いんですね。

三上:そうなんですね。

吉村:だから中学校だけ独立してあるっていうのが多分珍しくて、僕が最初に入った学校は確か、中、高が一緒になってる学校だったんですよね。そこの学校って7年生からもうみんな入ってる子たちも中にはいるし、あと途中から入ってくる子たちもいて、でも途中から入ってくるって言っても結局、高校スタートだったらみんな9年生スタートなわけですけど。

でも僕は9年生まで日本でやっちゃってるから、10年生スタートなんで、もうすでに途中から入ってきた人みたいな感じになっちゃうわけですよ。でもね、まず学期始まりは普通にただあれですよ、もう今日から学校みたいな感じで、わーってなんかすでに学校始まってるみたいな感じでしたよ。

三上:へえ。

吉村:そうそう、全校集会みたいなもの自体もそんなに頻繁にないんですよね。

三上:ないんですね、そんなに。

吉村:そうそうそう。確か最初の学校それでもたまに全校集会あったんですけど、でも日本の学校みたいに毎週とか週に数回みたいな感じの集会とかもないし、入学式とかもないからもう本当にいきなり学校始まりました、すぐに教室に教科書持って入って、各教室でオリエンテーションみたいなのがあるってことですよね。だから大学みたいな感じなんですよ、すでに入ると。

だから、クラスごとに先生が移動するんじゃなくて、自分が取ってるクラスのスケジュールによってどんどん各単元ごとに、ここでじゃあ今日は英語の授業受けて次数学だってなったら、数学の先生の教室にみんな移動していくんですよね。だからもう一日中ずっと一緒にいるクラスメイトとかもいないんですよ。何のクラスで一緒の人みたいな感じなんで、多分それは日本の高校とだいぶ違うんでしょうね。

三上:そうですね。あと日本だとやっぱり席も決まってますからね。

吉村:そうそう、それもないんで。移動してもそのうち席はそのクラスごとに固定になっていくケースが多いですけどね。大体仲のいい友達と隣になったりとかするし。

三上:卒業式はどうですか?

吉村:卒業式はね、なんか式あるんですけど、あれですよね、多分映画で出てくるようなローブと四角い帽子被ってみたいな感じで。

三上:投げるやつですよね、空にこうやって。

吉村:最後投げて終わるんで、日本の卒業式と比べるとそういう厳かな感じではないんですよね。色んな校長先生だったりとか来賓の方のスピーチみたいなのが長いっていうのは、多分そこは日本と共通したとこだと思うんですけど。あとは表彰みたいのがありましたよ。

卒業式で何何のクラスで一番成績が良かった人みたいな感じのこととか、スポーツチームとかで活躍した人とかそういうので色々表彰されて。僕は高校の時は卒業するときは主席だったんで、かなりいっぱい表彰されましたね。全部のクラスの表彰状を僕がもらっていくみたいな感じになって。僕ともう一人女子で全教科トップっていう子がいたから、僕とその子がタイで同じ数表彰状をもらって卒業したみたいな感じだと思いますね。

三上:すごい。素晴らしい。そうなんですね。だから全然違いますね。話を聞いてみると日本とね。

吉村:そうですね。日本だとなんかそういう式って厳かな感じでやるんでね。あとあれじゃないですか、小学校とか中学校ぐらいまでだと、楽しかったなんたらかんたらとかあるじゃないですか。ああいうのとかアメリカでは全然ないですね。

三上:言わされてる感じありますよね、日本の。

吉村:そういう台本が決まってて、それを言っていくみたいなことってアメリカではほぼほぼ経験したことがないな。

三上:やっぱり全然文化というか、教育も違いますね。

吉村:そうですね。

三上:やっぱりこの時期から色々変化とかね、スタートさせていく方が多いと思うんですけど、今日は例えば春の話題ということで、吉村さんのアメリカでの学生生活の話題も伺いましたけども、次の回ではキャンペーンがスタートするということで、そちらを取り上げて詳しくお話を伺っていきたいと思います。

吉村:よろしくお願いします。もうすでに募集とか始まってるかもしれないんで、ぜひ配信のほうとかでも告知してると思うんで、新生活応援キャンペーンっていうのをよかったら配信とか、LINEのお知らせとかも見といていただけたらと思うんですけど、詳細はまた次回の配信の回でもう少し詳しくお話をできたらと思います。

三上:次回は新生活応援キャンペーンについて、お話ししていきたいと思います。吉村さん、本日もありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。

263.動画のクリアリング画面について

ハンドルネーム みきてぃ369さんからのメッセージを取り上げて、吉村さんからお話伺いました。

 

感想、ご質問はこちらにお願いします!
https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7
YouTube:
https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web:
https://m-e-science.com

==================
◆文字起こしはこちら↓

 
三上:皆さん、こんにちは。こころメンテナンス、本日もアシスタント三上恵と、氣功ヒーラーの

吉村:吉村竜児です。

三上:吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:今日もお便りを読んでいきたいと思います。ハンドルネームミキティ369さん、お便りが来ております。

吉村:はい。

三上:「こちらスマホを使用しています。クリアリングの時、どこに置くと良いのでしょうか?画面が大きいほど効果的でしょうか?拡大鏡は?パソコンは?画面から氣を吸い込むのでしょうか?コメントに職場の人たちの変化に大変驚いたというのを読みました。本当にすごいですね。YouTubeにアップしていただき感謝します。ありがとうございます。」とお便りきています。

吉村:はい。そうですね。これは流しっぱなし動画のご質問だと思うんですけど、定期的にこのご質問をいただくので、最新のアップデートした情報でお答えできればと思っています。この流しっぱなし動画を最初にやり始めた時は、僕も色々試行錯誤して、どういうやり方でエネルギーを入れたり流したりするのが効果的なのかというのを色々考えてやっていたんですよね。

最初の頃は、表示される画面からエネルギーが出るように動画の中に念写みたいな感じで、見えないエネルギーのコードみたいなものを入れていくというやり方とか試してみたこともあったんですね。ただ、その場合、画面を表示しておかないと効果が出ないというのがあるので、そこで、画面を表示していない時でもエネルギーを流す方法というのもあるので、それもちょっと考えて、両方をやるということをしたんですよ。

画面を表示していなくてもエネルギーを流す方法というのは、要は特定の条件が揃った時に、その場所にエネルギーを流すという設定をするということなんですね。これだから一種のプログラムを組んでいるわけなんですけど。

三上:うん。

吉村:そのやり方をすると、画面が表示されていなくても、例えば僕がやっているのは、YouTubeの動画がストリーミングで再生されるとか、YouTubeプレミアムの方は、YouTubeのアプリを使って動画を再生するという、再生してますよ、この動画を再生してますよという条件が揃ったときに、エネルギーがそこに流れるという設定をするということをやっているんですけど、その両方を試してみたんですよね。

それで、画面を表示してそこから流すというのも別に悪くはないんですけど、やっぱりどうしても、そうすると1回に1つの動画しか流せないなとか、色々と制限がかなり多いことに氣がついたわけですよね。

その点、条件が揃ったら自動的に流れるというふうに設定している場合は、画面を表示するということを条件に入れなければ、別に再生されれば流れるというふうにしておけば、画面表示してなくても大丈夫だし、パソコンでタブを複数開いて、開いたタブから全部それぞれ別々の動画を流していたら、別々のエネルギーが同時に流れるみたいなこともできちゃうわけですよ。

なので、そちらの方を最近はもっぱら採用しているんで、画面に何かエネルギーのコードを入れるっていうのはやってないんですね。そうすると、表示する画面の大きさとかも関係ないし、拡大鏡とかも関係ないし、動画を再生するスピードとかも特に関係ないわけですね。

なるべく僕としては普通常通りにエネルギー流したときに、その時々で僕は良いと思ったエネルギーを最大出力で流すように設定しているんで、別にそれを何か増幅して何とかしようとかっていうことをあんまり考えなくてもいいようにエネルギーを入れてるし。

あと条件が揃ったら流れるっていうプログラムを組んでるっていうことは、そのプログラムでこのエネルギーを流すっていう設定を、動画をリリースした後に何かプラスしていくってことも可能なんですよね。なので、すでにリリース済みのエネルギーにも、このエネルギーをさらにプラスするとこの効果がさらに上がるんじゃないかなみたいなのが自分の中で出てきたときには、たまにエネルギーをアップデートするみたいなこともやってるんですね。

三上:はい。

吉村:そういう感じで、後からもアップデートできるとかっていうアドバンテージというのかな、こっちの方がいいなってことが圧倒的に多かったんで、今は本当に画面を表示するかどうかっていうのは全然関係なく、この条件が揃ったときにその場所にエネルギーが流れるっていうので、一応設定としては、その動画を流している、再生をしている端末を中心に半径5メートルぐらいはエネルギーが届くようにって設定しているんですね。

半径3メートルぐらいの間は、ほぼほぼ別に距離関係なく同じぐらいの分量でエネルギーが流れて、そこから3メートル以上、5メートルぐらいまでの間は、段々エネルギーが弱くなっていくみたいな、そんな感じになっているんで、画面をめちゃめちゃ近づけたら、それだけ強くなるみたいな話じゃないんで、普通に僕がお伝えしているのは、蚊取り線香みたいな感じで置いておいて使ってもらえたらいいかなって思うんで、だからスマホを複数持っている方が同時にいくつか流しても大丈夫だし、パソコンの画面でタブをいっぱいバーって開けて、同時に流すとかでも全然大丈夫ですね。

三上:蚊取り線香のようにっていうのがすごい分かりやすかったです。

吉村:はい。

三上:自分だけじゃなくて、お部屋、リビングとか、家族の時間とかっていうのもいいかもしれないですね。ちょっと氣になったところがあれば。

吉村:そうですね。結構こういうスピリチュアルなことって、ご家族の方はあまりそういうのを信じていないとか、ちょっと抵抗を感じていらっしゃる方がいるみたいなケースもあると思うんで、そういう時にあまりこれ見よがしに流していると、ちょっとやっぱり変な感じになっちゃう可能性もあると思うんで、こっそりね使える方がいいと思うんですよね。

そういう意味では画面の表の方に出さないで、別のウィンドウの裏に隠しながら流すとか、スマホを画面に出さないで裏にしたまま流すとかっていう風にできた方が、家の中のエネルギーとか家族全員のエネルギーをそれで整えていくっていうのには効果あるんじゃないかなって思うんですね。現によく感想をいただく方たちとかも、職場で流したら会社の職場の雰囲氣が良くなったとかっていうね、そういう感想をいただくんで、そういう上手い使い方をしてくださってるんじゃないかなと思いますね。

三上:はい。今日は多分他の方ももしかしたら氣になってたかもしれないですね。ハンドルネームミキティ369さんからのお便りを読み上げて吉村さんから伺いました。ぜひ皆さんも活用して良い流れの空氣を作ってください。

吉村:はい。

三上:本日も吉村さんありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。

262.子離れ、親離れ

ハンドルネーム ヒナちゃんママからからのメッセージを取り上げて、吉村さんからお話伺いました。

 

感想、ご質問はこちらにお願いします!
https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7
YouTube:
https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web:
https://m-e-science.com

==================
◆文字起こしはこちら↓

 
三上:皆さん、こんにちは。こころメンテナンス、本日もアシスタント三上恵と、氣功ヒーラーの

吉村:吉村竜児です。

三上:吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:最近、お便りが多くて、私たちもとても嬉しく思っております。

吉村:そうですね。

三上:さて、今日も読み上げていきたいと思うんですが、ハンドルネームひなちゃんママからお便りがきております。「吉村先生、三上さん、こんにちは。いつもお二人の声に癒されています。私は母親で、末の子が春に社会人をスタートするのですが、子どもが巣立つのが心配で、なんかこのままでいて欲しいみたいな氣持ちになります。

今、こう書いていて、自分が子どもたちにどっぷり依存していて、ちょっと恥ずかしくなってきましたが(笑)、子離れ、親離れについてお話を伺いたいです。よかったらよろしくお願いします。」とお便りきております。

吉村:なるほどですね。確かにね、子離れ、親離れっていうのはね、僕もね、双子の娘たちがいて、かなり娘たちとは、今年、高校3年生になる年なんでね、普通のお家でもそろそろ、一回中学生ぐらいの時に、お父さん嫌いみたいな時期があって、高校生ぐらいからそれが収まってくるみたいな話をよく耳にするんですけど。

うちはお父さん嫌いみたいな時期がなかったから、ずっと仲良くしてるっていうところはあるんで、そういう意味ではかなり、親子の距離が近い感じの家なんじゃないかなと思うんで、かなりうちの娘たちがいざ巣立っていったらどんな感じになるかなって考えると、家の中が静かで寂しくなってしまうんじゃないかみたいな、そういう感覚はあるので、すごく氣持ちは分かりますね。

三上:うん、そうですよね。反抗期とかなかったんですか?

吉村:まあ、どうでしょうね。反抗期っていう時期にギュッてくるっていう感じなのかな、ちょっと変な感じのすぐふてくされるみたいな時があったりとか、そういうのはやっぱりありますけどね。ずっと継続的に反抗をずっと続けてるっていうよりは、スイッチが入った時に変な感じになるっていう感じですかね、うちの場合はね。

三上:なるほどね。みんなお子さんによって違うと思うんでね。そうなんですね。私も今小学校6年生なんですけど。今度、次中学生になるんですけど、配信の時はもう中学生か、なってるんですけども、以前は手を繋いでくれたんですよ、小学校5年生くらいまでは。

吉村:なるほど。はいはい。

三上:今はもう手なんて繋いでくれないですよね。ちょっと寂しいなって思ったり、正直私は思いますけどね。

吉村:でもそんな話はね、聞きますよね。自分が男性なんで、小学校高学年上がったぐらいって考えると、やっぱりちょっとお母さんとあまりべったりだと、格好悪いみたいなのはありましたよね。

三上:ありますよね。でも外ではそうなんですけど、未だにまだハグとかはしてくれます。

吉村:そうなんですね。

三上:分けてるのかもしれないのかな?とか思ったり。

吉村:確かにね、それはあるかもしれないですよね。

三上:逆にどうなんでしょうね。親の方がやっぱり子供に依存しちゃうっていうのがどうなんですかね。家庭によって違うのかな。

吉村:家庭によってもちろん違うと思うんですけど、やっぱり僕は色んな方たちからのお悩みの相談とかを受けて、クリアリングで対応させていただいてるっていうのはあるんですけど、やっぱり親子関係の間での共依存関係みたいなことが、大人になってもずっと続いちゃってるみたいなご家庭っていうのは、やっぱりどちらも結構苦しんでたりとかね。

生き辛さに繋がっちゃってるみたいなケースはあるんで、やっぱりそういうのを色んなケースを見させていただく中で、親離れ、子離れっていうか、お互いちゃんと自立した大人として生きていくっていうことが大事だなっていうのはすごく見てて感じますよね。

三上:うん。そうですね。でもやっぱり私も親から離れて、親のありがたみとか、どんだけ親ってすごい偉大なんだろうっていうふうに離れてやっぱり氣づきましたもんね。私の場合は。

吉村:全くその通りだと思いますよ。結局依存してるっていうことは、必要な相手なわけですよ。この人がいなかったら自分一人でやっていけないっていう状態になってるっていうことが、いってみたら依存があるっていうことじゃないですか。

三上:うん。

吉村:依存してるっていうことは、自分が生きていくためにはその人がいて当たり前みたいな状態になっちゃうんですよ。そうすると、おのずと感謝は薄れていっちゃうわけですよね。

これはだから、自分は自分で大丈夫ってところに、プラスアルファで何かいいことがあったら、これってプラスになってる状態になるんで、感謝は埋まりやすいんですけど、自分の中にマイナスがあって、それを何かに埋めてもらってるってなると、その穴が埋まった状態が通常状態みたいな感じになってしまうわけですよね。

だから、そうすると当たり前になっちゃうから感謝がなくなっちゃうっていうことが起きるんですよ。例えば、僕たち空氣がないと生きていけないから空氣があることが当たり前になってるじゃないですか。そうするとあんまり空氣に対する感謝って、普段意識しないんですよね。

三上:しないです。うんうん。

吉村:でも本当は、空氣によって生かされてるみたいなところがあるから、空氣めちゃめちゃ偉大なんですよ。だから、いくら感謝しても感謝しきれないぐらいに空氣はありがたい存在なんですけど、にもかかわらず空氣のありがたみって普段あんまり考えないで生きてますよね。

これが完全に僕たち空氣に依存してるから、当たり前になっちゃってて感謝にならない。これがだから親子関係とかでも、近しい人間関係だと起きやすいんですよね。

これが実はすごく危険なことなんですよ。危険っていってみたら人って協力し合って生きてるし、社会の中で一人で生きてくってほぼほぼ不可能なんで、そういう意味では依存が完全になくなることはないんですけど、だからこそなおのことをちゃんと感謝するっていうことを意識した方がいいわけなんですよね。

三上:うん。

吉村:普段行くお店のレジ打ちしてる人たちとかも、本当はすごくありがたい存在なわけですよ。だけどそこはあんまり氣にしないで考えないで生活してると、結局感謝がなくなっちゃうんで、だけど本当は僕たちの社会生活っていうのは、愛と感謝が循環することで活動が継続されてるんで、本当はどんどん感謝した方が経済活動とかも上手くいくはずなんですよ。

だけど、あんまりお金を稼ぐっていうことと、感謝っていうことが別物として捉えられちゃってるから、だから余計に感謝を忘れちゃうんですよね。

そうすると、でもお金ないと生きていけないからお金稼がなきゃみたいな感じになると、頭の中が「お金お金お金、お金ない。大変だ。何とかしなきゃ。」とかなっちゃうんで、そうすると人にちょっと迷惑かかるようなことでもお金稼げた方がいいじゃんみたいな発想も出てきちゃうんで、それで反社的な考え方とか闇バイトみたいなものとか出てきちゃったりするわけですよね。

だから、社会の中でも愛と感謝が大事なことはもう間違いないんですけど、家庭の中、親子だったりとかパートナーだったりとかとの間の関係でも愛と感謝がちゃんと循環してて、それをお互いにちゃんと表現し合う、伝え合うっていうことをした方が絶対うまくいくんだけど、それがあまりされてないと変な依存関係みたいな感じになっちゃうっていうことが起きてるんじゃないかなと思いますね。

三上:やっぱり、日々のあるものとか全部が当たり前って思いすぎて感謝の氣持ちって薄れていくと思うんですけど、ひなちゃんママから今日お便りいただいたんですが、きっと社会人だとお子さんも離れてまた感謝することがきっとあると思うので。

吉村:そうですよね。離れて分かるってね。僕は日本で生まれて日本で育ったから、一応ルーツ、中国のルーツもあるわけですけど、基本日本人として生きてきたから、日本で日本人として暮らすことが当たり前になってたわけですよね。

だから、日本の文化とか日本の特色みたいなものに対して、あんまり感謝っていうのは感じてなかったんですけど、やっぱりアメリカに行って日本から離れて生活していると、例えば日本の食べ物って実はすごく美味しかったんだなとか、そういうところにすごく日本の漫画とかアニメとかのコンテンツってやっぱり面白いよなみたいなのが、改めて氣づいたときに、日本っていい国だったんだなみたいなことにすごく氣づけたんで、日本の国とか文化に対する感謝っていうのもやっぱり外に出て分かったっていうのはあるんでね。

そこはちょっと寂しさとかもあるでしょうけど、一回離れてみるっていうことで、離れてもお互いやっていける状態になって、改めてお互いの存在を確認し合うと、最初からずっとべったり一緒にいた状態とは違う次の段階の関係性にね、ステップアップしていけるんじゃないかなって思いますよね。

三上:ひなちゃんママ、また数ヶ月後どういう状態になりましたって、どういう関係性になりましたっていうお便りも楽しみに待ってますね。ということで、本日はハンドルネームひなちゃんママのメッセージを取り上げて、吉村さんのストーリー、そして私のお話も踏まえてご案内させていただきました。吉村さん、本日もありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。