061.色の持つ力

皆さんは何色が好きですか?
色にはどんな影響力があるんでしょうか?

色の持つ力について吉村さんに伺いました。

感想、ご質問はこちらにお願いします! https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

==================

三上:皆さん、こんにちは。こころメンテナンス。本日もアシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、よろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:今日のテーマは、「色の持つ力」でお届けしたいと思います。最近、例えば誕生日カラー、私6月29日生まれなんですけど、ベビーグッズだったかな、生まれた日ごとに「あなたのカラーはこういうカラーですよ」とか。

吉村:はいはい。

三上:あとはやっぱり色によって人に与える行動力とか、心理状況とかっていうのも、変わってくるのかなあ、なんて個人的には思ったりするんですが。吉村さんはちなみに何色が好きですか。

吉村:ああ、そうですね。僕は身に着けるものの色とか、とりあえず無難な感じっていうとことで選んでるんで、青系とか緑系とか、そんな感じのが多いんですけど、パーソナルカラー診断とか受けたら、また違う合っている色っていうのも教えてもらえるのかな、と思うんですけど、そもそもあまりファッションとかに興味がないので、ついついその辺は後回しになりがちですね。

三上:そうなんですね。緑とか青系が好きなんですね。

吉村:着る服はそんな感じですけど、持ち物、パソコンとかスマホとか、スマホのカバーとかっていうところだと、結構オレンジ色とかピンクとか、自分が着る服とは違う系統の色の物を持ち歩いている場合が多いですね。そうそう、お財布は外側が黒くても中を開けると赤いのとかを選んでるんですけど。

三上:えー。

吉村:これは昔、陰陽五行論の教室にちょっと通っていたときに、僕もほとんど忘れちゃってるんですけど、僕の誕生日から割り出すと、赤色っていうのが金運がよくなるみたいな色だったんですよ、確か。今はもうその出し方忘れちゃってるんで、専門の方に聞いてみてもらったほうがいいと思うんですけど。これは誕生日によって多分色が違うんだと思うんですけど。それがあったんで、じゃあ財布を買うときはとりあえず赤が入っているやつにしよう、みたいな感じで持って使ってますね。

三上:ああ。いまだにその色というか、金運アップの吉村さんの色ということで持ってるっていうことですけど。

吉村:はい。

三上:やっぱりその人によって、生まれた日によって違うっていうことは、なにか意味とかがあるんだろうな、っていうふうに思ったりもするんですけど。

吉村:はい。

三上:例えば、食欲とかもオレンジだったら、オレンジのマットで食べたら食欲が湧くけど、青だったら食欲が抑えられたりするって話も聞くじゃないですか。

吉村:はいはい。

三上:なので、私も最近洋服の整理整頓してて、すごいいろんな洋服によって顔の映える、例えば白だったりとか黒で自分の表情も変わってくるなあっていうふうに思いながらクローゼットを整理整頓してたんですけど。

吉村:はい。

三上:なので、色の持つ力っていうのは何かしらあるのかなあ、なんて思ってたりしたんですが。吉村さん的にはどう思われますか。

吉村:そうですね。だから、色を取り扱っているいろんな学問であったりとか、手法だったりっていうものがあるわけですよね。それぞれが多分いろんな考え方に基づいて、例えば、こういう顔のかたちの人にはこういう色が合うみたいなことをやってるのかもしれないし、それをまた誕生日で割り出すとかってことをやってたりとかってあると思うんですけど、いろいろあるっていう中で多分ベースになっているものは何かっていうところで考えると、色っていうのも、言ってみれば光の周波数なわけなんですよね。

三上:光の周波数?

吉村:はい。僕たちが目で見ている光って、要は、太陽からくる光が何か物体に当たって反射して、その反射した光を僕たちの目が受け取って、神経が電気信号に変えて脳に送って、色っていうふうに認識しているわけですよ。この光って何かっていったら、要は一種の電磁波なんですよね。

三上:ああ、なるほど。うんうん。

吉村:はい。だから、電磁波ってものすごい種類がたくさんあるっていうか、周波数が低いところから高いところまで、スペクトラムっていうんですけど、広い幅があって、電磁波がゆっくり振動している波のときと、早く振動している波のときとがあって、それがどのくらいのスピードで振動するかっていう、その違いで周波数っていうのが変わってくるわけですよ。高い周波数だと、それだけたくさん振動している、短い時間の間にたくさん振動するっていうのが周波数が高いって意味で、周波数が低いっていうのは、振動の数が少ないってことは、つまりゆっくり振動しているっていうことなんですよね。例えば、僕たちがスマホで通話しているときの電波とかあるじゃないですか。これも電磁波の一種なんですよ。

三上:ああ。

吉村:それから、コンセントに差し込んで電化製品が動く。これも電力を使ってますよね。この電力も電磁波の一種なんですよね。

三上:ふうん。

吉村:それからあとは、例えば、レントゲン写真を撮るときに使っているエックス線とかも電磁波だし、電子レンジでものを温めている、あれも電磁波だし、それから、原発事故で漏れて大変だっていう放射線っていうのも電磁波なんですよ。だから、これらって実は磁界、電気と磁気のフィールドみたいなものが、振動するスピードが違っているってだけで、その振動している、電磁的な振動、波動であるってところでは全部一緒なんですよ。ただ、そのスピードが違うからいろんなものとして現れているわけですよね。僕たちが見ている光、光って認識している、目が見ることができる光っていうのは、たくさんある電磁波の中のすごい狭い範囲ではあるんですけど、電磁波の一種なんですよ。

三上:なんか聞いてると、ほとんどが電磁波じゃないのかな、と思うくらい。

吉村:そうですね、ほとんど。だからこの世界ってほとんど電磁波でできていると言っても過言ではないですよ。

三上:ですよね。

吉村:はい。その一部が目に見える光として現れて、その中でも、例えば、周波数が低い帯域にあるものは赤色に見えるし、周波数がだんだん上がっていくと、色が変わっていって、目に見える光で一番周波数の高いのは紫色なんですよ。

三上:ふうん。

吉村:紫色よりも周波数が上がってくると、紫外線って言われている、浴びすぎると日焼けして大変だよね、というものになるし、赤色よりも周波数が下がってくると、赤外線ってi言って、物が温まる。

三上:はいはい。ありますね、商品でもね。

吉村:そうですね、遠赤外線とか。ああいうのは、実は光なんですよね。目には見えないけど光なわけですよ。あと、赤外線はテレビのリモコンとかにも使われてるんですよ。だから、リモコンの先っぽにガラスか何か、透明のポチッとしたものが付いているじゃないですか、電球みたいに見える。

三上:付いてますね、上のほうにね。

吉村:はい。あそこから赤外線っていう、見えない光を出してるんですよね。だから、そこで赤外線で何か信号を送っているわけですよ。チカチカッていうふうに、赤外線の光るタイミングだったり、多分回数とかが違うのが本当は出てるんですけど、僕たちの目には見えないから何にもない、ポチッと押すとテレビが勝手についてますっていうふうに僕たちには見えてるんだけど、本当はチカチカ光が出ているわけですよね、あそこから。なので、色っていうのも、言ってみれば周波数をもっているわけですよね。

三上:いやあ、なんか今まで思っていたイメージと…。色って周波数なんですね。じゃあ例えば、自分の周波数と合う色を好んでたりっていうのもやっぱり関係するんですかね。

吉村:可能性としては、そういうことなんじゃないかなと僕は思ってますね。だから、例えば僕たちの肉体っていうのは、地球上で生きている人間という種として生きているっていうところで、みんな共通してもっている特性もあれば、個人差みたいなもので、一人一人違うっていうのもあるし、言ってみれば、僕たちが生まれた日の宇宙の状態、例えば星がどの位置にあるかとかっていうのも、これも全部、それによって宇宙がもっている周波数が変わってくるから、生まれた時の宇宙の状態の周波数っていうのを、おそらく僕らはずっともち続けているわけですよ。だから、そこによって、その日の宇宙の周波数と合った色・合わない色、合った周波数の色・合わない周波数の色とかっていうのがあるとか、そういうようなことで、だからその辺を全部周波数と捉えたら、何か計算式で出せるような法則性みたいなものがあるんじゃないかな、とは思うんですけど。そこは僕専門じゃないからね、よくわかんないですけど。多分いろんな色の診断をしているセラピストさんとか研究者の人たちに聞くと、多分いろいろとまた「これはこうこう、こういう理由でこうなんだよ」っていうのを、教えてもらえるんじゃないかと思うんですけど。そこっていうのは、結局全部平たく分解していくと、周波数の話なんだろうなっていうふうに思ってますね。

三上:はあ。面白いですね。今まで普通に「この色いいな、あの色いいな」って思ってたのも、周波数と関係するってなると、また捉え方も違って見えてくる気がします。

吉村:そうですね。あともう一つ、周波数が関係するものとして、音っていうのがあるんですよ。音は電磁波じゃなくて、電磁的な磁界が振動してるんじゃなくて、空気が振動するものを、耳の鼓膜が捉えて耳の神経が、これもまた電気信号に変換して脳に送っているわけですよね。だから、この音っていうのも、周波数の集まりって考えると、合う音階、和音になる音階と、不協和音になる、合わない音階ってのがあるじゃないですか。

三上:ありますね。

吉村:だから、色の合う・合わないっていうのも多分その辺を紐解いて考えていくと、何か法則性とかがあるんだろうなって思いますよね。

三上:ああ、わかりやすい。確かにそうですね。「この人の声、心地いいな」とか、「この音楽すごいリラックスできるな」っていう、人によってみんな違いますからね。

吉村:そうですね。

三上:とても面白いです。さあ、皆さん、今聴いている方もちょっと価値観というか、色や声に対する、音楽とか耳から聴こえてくることに対するイメージも変わったかもしれませんね、この時間ね。

吉村:そうですね。

三上:ということで、今日は「色の持つ力」というテーマでお届けしました。吉村さん、本日もありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。

==================

 

060. 魂を感じる

皆さんは魂を感じながら日々すごしてますか?
魂について吉村さんに詳しくお話しして頂きました。

 

感想、ご質問はこちらにお願いします! https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

==================

三上:こころメンテナンス。本日もアシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:今日は、よく話題にも出てくると思うんですけども「魂を感じる」というテーマを取り上げていきたいと思います。いろいろ話が前回ともつながるのかな、って思ったりするんですけど、魂というか内面から出てくるエネルギーとか、感じるままに最近は私自身も動くようにしています。「あ、なんかここ行きたくないな」って思ったら行かなかったり、「あ、この人、気になるな」とか、「あ、今海行きたいな」って思ったらそのまま海行ったり、みたいな感じで(笑)。

吉村:(笑)楽しそうですね。

三上:動いているんですけど。そうなんです。だから人目を気にせず、「あ、緑があるな。四つ葉探しちゃおう」とかなんかこう(笑)。

吉村:(笑)いいですね。

三上:はい。そんなほのぼのとした時間も楽しく感じるこの頃なんですけども。内面から出てくるものってやっぱり大切だし、楽しいなっていうふうに感じるんですけど。

吉村:はいはい。

三上:でも、以前の私はそういうものがほどんどなかったというか、感じなかったんですが、そういうことって大切ですか(笑)。

吉村:(笑)なるほど。「大切ですか」っていう質問の答えとなると、それが三上さんにとっての喜びになっているんだったら、三上さんにとって大切なことっていうことじゃないかなと思いますよね。

三上:私自身にとっては、ね。

吉村:要は、そもそもこの世界で、何を目的にして生きてるのかっていうような話だと思うんですけど。前回お話ししたように、僕たちは肉体っていうシステムと魂っていうシステムが合わさって人間っていうのをやってるんで、喜びを感じるっていう機能みたいなものというのは、例えば脳科学的に言えば、脳内の物質が、ドーパミンが出てるのか、セロトニンが出てるのか、アドレナリンが出てるのか、みたいな話になってくるんですけど、そもそも、何でそういう物質が出てくるのか、みたいな話ですよね。それって、要はそういう物質が出てくると、肉体の状態が変化するわけですよね。だから、肉体に「今こういう状態だよ」って教えてあげることを脳内物質がやっているわけですよ。アドレナリンが出てくるってことは、「今、戦闘準備する必要があるよ。戦う準備OK?やるよー」みたいな感じの信号が出されてるっていうことだし、セロトニンが出てたら、ほわーって幸せな感じになって「今、いい状態だよ。この状態をちゃんと覚えておいてね。これを増やすことが人生で大事なことだよ」ってことを、肉体に教えてくれてるわけですよ。

三上:うんうん。

吉村:だからそれっていうのは、ただ物質が出てるからどういう反応をしてるかっていう話なんじゃなくて、何をしたときにどの物質が出てくるかってことによって、何か教えてくれてるわけですよね。「今、いい方向に向かってるよ」とか、「今、ちょっと危ないよ」とか、「そっちには進まないほうがいいよ」みたいな。それっていうのは、言ってみれば肉体が持っている危機管理能力みたいなものからきてる部分っていうのもあるわけですよね。

三上:うーん。

吉村:だから、例えばすごい高いところに行ったときに怖くなって、「わあ、やだ。ここにいるのやだ」って感じになるとかっていうのは、そこにいたら風がピューッて吹いて落ちて死ぬかもしれないってことがあるから、その状態から身を守らなきゃいけない部分なわけですよね。だけど、それとは別に、楽しいことをやってるときに「わあ、楽しい。幸せだなあ」って感じになるっていうのは、それをやったことによって、その物質が出て、それで体は楽しいし、「ああ、幸せだな」って反応をしてるってことなんで、このやってることが、「いいんだよ。正解だよ」っていうことを、何か教えてくれてるわけですよね。

三上:うーん。

吉村:それをやってるのが、魂なわけですよ、自分の。

三上:うんうん。

三上:自分の魂が喜んでるときに、セロトニンとかが出て「ああ、幸せだな」ってなるんで、「この幸せな時間を増やしたいな。自分の人生の中でこの幸せを増やすにはどうしたらいいんだろう」って考えてやることが、魂にとっては、魂がワクワクすることを増やせるというところにつながるんで、「よくやった」って言って、芸をしてくれた動物に餌をあげるってことで、「それ正解だよ。がんばってね」みたいな感じで、何かそういう、イルカに芸を教えているみたいな感じのことをやってるわけですよ、私たちの魂がね。

三上:うーん。

吉村:だから、どういう感覚が内から湧き上がってくるかっていうのは、ある意味サインなんですよね。これがいい方向に向かってるのか、やめたほうがいいのか、みたいな。でもそのサインって、結局肉体側からもくるし、魂側からもくるわけですよ。肉体は、要は生き延びることがメインの目的で生きてるから、危険を回避するっていうところに特化したシステム、そのセンサーをもっているわけですよね。

三上:そうですよね、うん。

吉村:だから、「ここ、やだな。怖いな」みたいなのが出てくると。

三上:ああ。なるほどですね。

吉村:魂の場合は、魂が喜びたいっていう目的がそもそもあるから、だから「これちょっと楽しそうだな。ワクワクするな」みたいな感じが感覚として出てくるわけですよ。それが、魂からのメッセージなんですね。

三上:ふうん。そうなんです。最近ワクワクすることが多すぎて(笑)、私自身。

吉村:だから、そこはどっちのほうからきているサインが、絶対的に正しいとか、こっちだけで生きていくのがいい、みたいな話ではなくて、やっぱりバランスが大事なんですよね。ただ、そのバランスは、要は魂のほうが主体で、肉体は、前回もお話しした、乗り手がいる、何かに乗っかられている馬みたいな感じですよね。

三上:(笑)前回のお話でね、ありましたね。

吉村:だから、馬に行き先を決めさせちゃ駄目なんですけど、でも馬が「もう死にそうです」って言ってるときはちゃんと。

三上:いたわって、ね。

吉村:いたわってあげないと、もうそこで馬が倒れちゃったら旅は終わっちゃうって話なんで、どっちのサインも大事なんだけど、じゃあどっちを優先するかとか、バランスをどういうふうにやっていくかってのを自分で決めて、バランス調節してやっていく必要があるっていうことですよね。

三上:なるほど。感じるのは、感じてそのまま動くとしても、肉体とのコミュニケーションもちゃんと確認しつつ、動いていくっていう。

吉村:そうですね。メインは本当に魂がワクワクすることに向かっていくっていう、どこに向かって旅をしてるのかってのがなくなっちゃうと、これはもう迷子になるしかないわけですよね。

三上:うんうん。

吉村:偶然たまたま正しい道に行くことも、可能性はゼロではないかもしれないけど、基本的には、「あっちに向かうぞ。なぜならあそこに行きたいところがあるから」っていうのがあるから、だからその途中に困難があったとしても、それを乗り越えてでもそこに行こうっていう。

三上:魂、エネルギー。

吉村:モチベーションの場合、そのエネルギーになって後押ししてくれるわけなんですよね。

三上:ですね。

吉村:そこが、今生きづらさを感じている人たちっていうのは、言ってみれば、どこに行きたいのかっていうのが、何かによって見えなくなっちゃっててフラフラしてるとか、本当に自分が主体である乗り手だっていう自覚がなくて、馬の意識だけで生きようとしている人たちがね。馬に行き先を決めさせたら、多分その辺で草を食んで、ふんをして、ボーッとしてずっとそこにとどまると思うんですよね。たまに群れがザーッて走ってきたら、その群れと一緒にザーッて走っていって、知らないうちに「群れと一緒に走ってきたけど、ここどこなんだろう?よくわかんないけど、草があるから食べよう」みたいな感じの生き方になっちゃうわけですよ。

三上:うーん。

吉村:実際多分そういう生き方してる人たちって結構いっぱいいるんじゃないかな。

三上:いますよね。いる中で、「何か見つけたい。でも見つからない」っていう方もね、多いと思いますよね。

吉村:だから、その場合、「ちゃんと魂が乗っかってるはずだ」と。

三上:うーん。

吉村:その魂の声にちゃんと耳を傾けようって思ったほうがいいし、「よしやるぞ。わあ、楽しい」ってやってるんだけど、何か最近どうも体があんまりいうことを聞いてくれなくなってきたんだったら、じゃあそれは馬のほうにコミュニケーションをとって、そっちに耳を傾けたほうがいいですよ、っていう話なので、その2つの意識が合わさってできているものなので、どっちのサインにもちゃんと耳を傾けて、そこのバランスをとって生きていく必要がありますよ、っていうことですよね。

三上:いやあ、そうですね。今聞きながら、片寄るんじゃなくて、ちゃんと両方から、肉体と魂とっていうのを、学びとしてはあるっていうふうに意識するだけでも変わりますもんね。

吉村:そう思いますよ。例えば、精神修養の方法って、いろいろあるじゃないですか。ヨガとか瞑想だとか、あるいは武術だったりとかっていうのも。そういうのをやるときに、その意識をもっていると、多分その修行の体系みたいなものの意味付けみたいなものもまた違って見えてくると思いますね。だから、こういう教えでこれをやっているけれど、それをただ鵜吞みにするんじゃなくて、「あ、これってもしかして魂と肉体が共存しているっていう考え方で捉えたら、こういうことなのかもしれないな」みたいな、また新たな面が見えてくると思うんですよね。

三上:今、話聞いただけでも、イメージしやすいですもん。瞑想するときとか、ヨガなんかするときに、ああ、そういうことなんだろうな、っていうイメージが今の時点で私もできるので、そういうふうな感覚で頭の隅っこに置いておくと、また変わってくると思いますので、皆さん。

吉村:そうですね。

三上:ということで、今日は「魂を感じる」でお届けしました。本日も吉村さん、ありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。

==================

 

056.歳を重ねる事

歳を重ねてもキラキラした人って周りにいませんか?
吉村さんの今に至るまでのお話も踏まえ、人生の経験、学びがあるからこそ今が楽しい!そんなお話です。

 

感想、ご質問はこちらにお願いします! https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

055.すべての依存が悪いのか?

地球、空気、自然、当たり前に感じるけどそれがなければ生きていけない、感謝を持つ心を大切にしたいお話です。

 

感想、ご質問はこちらにお願いします! https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

054.依存

私たちの身近にギャンブル、買い物、仕事、恋愛など依存してる人いませんか?もしくは気づかないうちに自分自身が依存してるかも。気になるお話です。

 

感想、ご質問はこちらにお願いします! https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

053. 怒る、叱る!

叱るつもりなのに、感情的に自分のイライラや怒りをぶつけたりしていませんか?相手の為を思い伝えるにはどうしたらいいか伺いました。

 

感想、ご質問はこちらにお願いします! https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/