107.潜在意識の書き換えについて

ハンドルネーム、まきそんから頂いたメッセージを取り上げて吉村さんに伺いました。

感想、ご質問はこちらにお願いします!https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science./com

◆文字起こしはこちら
https://kokoro.koelab.net/107-2/
==================

三上:はい、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。こころメンテナンス。本日もアシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:はい。さあ、今日はですね、メッセージを読み上げて、テーマ取り上げていこうかなと思うんですけど、回を重ねるたびに、ほんとに、いろんなかたからのメッセージが来て、感想とかね、有り難いですけども。

吉村:そうですね。

三上:まずはですね、ハンドルネーム、まきそんさんからのメッセージ、読み上げたいと思います。「吉村先生、お話がとても、わかりやすく、また、吉村先生と三上さんの笑い声が大好きで、楽しく拝聴しています。」ありがとうございます。

吉村:ありがとうございます。

三上:さあ、質問は、潜在意識について、です。「潜在意識とは、何なのか。わかっているような、わからないような、つかみづらいものなので、教えてほしいです。また、潜在意識の浄化、書き換えという言葉をききますが、その方法と、潜在意識が浄化された、また、書き換えられたと実感できる、しるしみたいなものがあれば、知りたいです。よろしくお願いします」と来ています。

吉村:はい。なるほどですね。

三上:よく出てきますね。潜在意識という言葉はね。

吉村:そうですね。はいはい。潜在意識というのは、顕在意識という概念と対になっている言葉なわけですよね。僕たちの意識というのは、これも結構つかみどころのないものですけど、なにかものを考えたりとか、なにか感情を感じたりとか、なにか判断したりとか、そういうのを、僕たちは、じぶんたちの意識でやっているというふうに思うっているわけですけど、そのなかで、わかっていて、やっていることってありますよね。意識的に、たとえば、今なんか喉乾いてきたな、水飲みたいな、よし、水道で水くんで、飲むぞ、とかっていうのは、考えて意識してやっていることだから、何やっているかって、自覚をもってやっていることじゃないですか。

三上:はい。

吉村:それに対して、僕たちは、無意識にやっていることって、結構あるわけですよね。何かやっているということをあんまり考えてない。たとえば、わかりやすいところだと、初めてで、やったことがなかったら、難しいことが、繰り返しやっているうちに、あんまり考えなくても、できるようになっていることって、いっぱいあるじゃないですか。たとえば、お箸を使って、ご飯を食べる、みたいなことであったりとか、楽器演奏されるかたなんかは、かなりそういうことあるんじゃないかと思うんですよね。指の使い方というのを、最初は考えて、1、2、3とやっていたところが、もうずっとやっているうちに、楽譜をみたとか、頭にメロディーを思いついたら、指が勝手に動く状態になる、とか、あとは、自転車の乗り方とかもね。自転車に乗って、バランスをとるとかも、かなり高度な体のつかいかたをしているわけですよ。たとえば、自転車がちょっと右に傾いたら、ハンドルをちょっと右に切って、こぐことで、バランスが戻る、みたいなね。左に傾いたら、左に切って、というのをやっていて、それを初めてやるひとというのは、頭で考えながら、やっているから、すごいゆらゆらしながら、バタンとこけちゃって、とかしながら、やっていくわけですけど、慣れてくるとバランスをとるということが、もう無意識にできるようになるから、自転車乗っているひとたちというのは、よし、バランス、気を付けるぞとか、思わなくて、ただ、あそこの角を曲がろうということしか考えなくても、ちゃんと自転車に乗れるわけですよね。

三上:うーん。

吉村:というのは、もう、その、顕在意識で意識してやらなくてもできるようになっている状態というのは、実は、潜在意識のなかで、もう、その手順みたいなのが出来上がっているから、勝手に、こう、やってくれるわけですよ。自分がやっていることのなかで、意識しないでやっている、無意識にやっていることというのは、実は、潜在意識にそのプロセスを渡しちゃって、潜在意識に代わりにやってもらっているわけですよね。

三上:うん、うんうん。そうですね。今、わたしたちが、何も考えずに、こう話がきたら、話を返すみたいな、頭で考えず、きいたまま、いつの間にか、言葉で返しているというのも、潜在意識になっているということですよね。

吉村:そういうことですね。結構、僕達が、自分が何をしているかとか、何を言っているかというのを、一応、頭で考えて、言ったり、やったりしている部分も、もちろんあるんですけど、かなり、考えなくても、もうできるようになっちゃっていることとか、に関しては、自動的にやっているみたいなことが、結構あるわけですよね。そういうのっていうのは、実は、潜在意識のなかに、自動的にやるプログラムみたいなのが形成されて、自動的にやってくれているから、だから、いちいち、頭で考えなくても、できる、自動的に、それが遂行されるみたいな状態になってるからなんですよ。これが、言ってみたら、ご飯食べるときにお箸を使うとかというようなことは、できたほうがいいわけですけど、このプログラムというのが、たまに、エラーが起きてしまうことがあるんですよ。たとえば、お箸の持ち方を、間違って覚えてしまったひととかって、いるじゃないですか。そうすると、すごい変な持ち方して、ご飯食べているひととか、たまに、いますよね。

三上:たまに、いますね、レストラン行くとね。

吉村:あれっていうのは、結局、間違ったかたちで、覚えちゃたから、だから、もう、無意識に、そのかたちが再現されるようにプログラムが、組まれちゃっているんですよ。

三上:うーん。

吉村:まあ、別に、それでも、ご飯食べているんだったら、お箸を使ってご飯を食べるっていう目的は、まあ達成されるから、絶対にダメということはないんですけど、たとえば、そのために、すごい力みがあったりすると、なんかすごい、手が痛くなるみたいなことにつながっちゃうかもしれないし、そこは、まあ、それほど大きな問題ではないと思うんですけど。たとえば、物事に対して、どういう解釈をするか、意味付けをするかということも、潜在意識のなかに、このことに関しては、こういう解釈をする、みたいなプログラムが形成されていくわけですよ。そうすると、特定の話をされただけで、いきなり、切れるひととか、たまにいたりするわけですけど。

三上:うんうんうん。

吉村:それって、別に、話の内容を全部、そのひとが、頭で理解して、精査して、「このひとは、こういう意図で、こういうこと言ったんだな。だから、別に、僕のことを侮辱しようとして、言っているわけじゃないんだな」ということがわかれば、別に切れたりしないわけですよ。だけど、このワード、イコール、なんか侮辱の言葉という、意味付けが、リンクが、潜在意識のなかに、できていると、そのワードをきいただけで、「このひとは、僕のことを侮辱している。許せん」みたいな反応が起きるわけですね。これっていうのは、いわゆる、思い込みみたいな話ですよね。

三上:うーん。

吉村:あとは、過去のトラウマみたいなことで、たとえば、小学校のときに、僕のことをいじめていた子が、眼鏡をかけていたと。となったら、眼鏡をかけているひとをみるたびに、いやな気持になるみたいなことが起きる可能性があるわけですよ。

三上:うーん。

吉村:それっていうのは、いじめられて嫌な思いをしたという事実があるわけですけど、眼鏡によって、嫌な思いをしたわけじゃないけど、眼鏡をかけていた子にいじめられていたということによって、眼鏡といじめられて、嫌な思いをしたという事柄に、リンクができちゃって、それが潜在意識のなかに、入っちゃうと、そうすると、「眼鏡」イコール「嫌な思い」という、関連して、嫌な気持ちが引っ張り出されてきちゃうわけですよ。記憶のなかから。ということが起きるんですね。だから、潜在意識って、すごく便利なものでもあるんですけど、そこに間違った情報が入ると、間違った情報が、今度、何度も何度も繰り返されるということにつながっちゃうわけですよね。だから、一種の自動操縦システムみたいなものなんですけど、そこに正しい目的地が入力されていれば、正しい目的地に行くわけですけど、間違った目的地が入力されれば、間違った目的地に行っちゃうと。そこが自動で行われている限りは、こっちでコントロールできなくて、自動的にそうなっちゃうということが起きるわけですね。

三上:うーん。で、あれば、その間違ったものを、元というか、正式なものに、戻す、書き換えですよね、というふうにするには、どうしたらいいんですか。

吉村:それって、そこに書き込まれるプロセスというのは、繰り返しであったりとかね、刷り込みで、同じことを何度も繰り返すことで、潜在意識にそのパターンが書き込まれていくわけですけど、それを別の刷り込みで上書きしていくみたいな方法もできますし、あと、そこに情報が書き込まれるときっていうのは、顕在意識が活動を低下させているとき、なんかボーっとしながら、やってることとかっていうのが、そういうところに、書き込まれたりしやすいんですね。

三上:うーん。

吉村:たとえば、習い事をしているときに、同じ型を何回も何回も練習するわけじゃないですか。

三上:はいはい。

吉村:最初のうちは、考えてやっているわけですけど、そのうちに、考えることがあんまりできなくなるぐらいに、繰り返しているみたいなことが起きると、いつの間にか考えなくても、できるようになっているみたいなことが起きるわけですね。というのは、顕在意識の活動が低下すると、潜在意識と顕在意識の間にある、いわゆる、壁みたいなものが、薄くなっていくんですね。で、潜在意識に情報が入りやすくなるわけですね。それって、実は、トランス誘導とかで、その状態が作れるんですよ。いわゆる、催眠術みたいなね。催眠誘導することで、トランス状態といって、潜在意識と顕在意識の壁が、すごく薄くなった状態を作り出して、そこに暗示の言葉とか入れていくと、潜在意識のなかに、暗示が書き込まれて。

三上:えー。

吉村:パターンが形成されるみたいなことが、起きるんですね。

三上:ほー。えー、すごい不思議。うん。

吉村:だから、たとえば、レモンを食べたら、すっぱいわけですけど。「でもね、このレモンはすごく、甘くて、美味しいものです」とかって言うのを、その催眠誘導を使って、書き込むと、そうすると、そのボーっとした状態で、レモンを食べて、「わあ、甘い」とかってなるわけですね。その潜在意識のなかの情報が書き換えられちゃったことで、感覚まで変わっちゃうということが起きるわけですよ。潜在意識というのは、実は、僕達の普段の行動とか、認知とかに影響力が強いものなんですけど、そこで、僕達が顕在意識として認知できている領域というのは、潜在意識と比べると、すごく小さいんですよ。よく、顕在意識と潜在意識の関係性って、氷山の水面に浮いている一角と、水の中に浮いている氷山の関係性みたいな、水面に浮いているのは、ほんとに小さい一角で、実は、沈んでいる、水面より下にある、氷山のほうが、圧倒的に大きいんですよ。という図で、顕在意識と潜在意識というのは、このぐらい差があります、というようなことが描かれているんですけど。それって、結構的を得た例えだと思うんですけど。潜在意識のほうが、圧倒的に膨大なんですよ。そこで、何が起きているか、よくわからない。たとえば、極端な話をすると、僕達の肉体をどうコントロールしているかというのも、たとえば、目の前にある、コップをとろうと思って、動いて、コップをとるじゃないですか。これは、顕在意識で、わかってやっていることですよね。

三上:うんうんうん。

吉村:肉体がやっていることというのを全部数え上げたら、爪を伸ばすとかっていうことを、実は、僕達の肉体はやってますよね。

三上:やってますね。

吉村:でも、爪をどうやって伸ばしているかを知っているひとはいないですよね。

三上:そこまで、考えたことないですよね。

吉村:「爪、伸ばそう」とか思っても、伸びないし、ちょっとね、「爪すぐ伸びるの、面倒くさいから、止めよう」とかいっても、できないじゃないですか。

三上:できないです。はい。

吉村:こうやって、全部、自動的に行われている、自動操縦の一環なんですよ。

三上:うーん。

吉村:だから、潜在意識って、それだけたくさんのことをやっているんですよね。だから、簡単にコントロールできるものでもないわけですよね、ほんとうは。もちろん、さっきの催眠誘導とか使って、暗示を入れることで、情報を上書きするということは、可能なんですけど、それって、しばらくたつと、また元に戻っちゃったりするんですよね。潜在意識の書き換えをすることで、潜在意識を思い通りに扱おうみたいな手法というのは、いろいろあるわけですよ。そういう、コーチングとか、カウンセリングの手法のなかに、そういう、催眠的なものを取り入れることで、潜在意識に特定のメッセージを書き込んでいく、みたいなね、あとは、アファメーションを唱えるみたいな、ね。

三上:アファメーション。

吉村:はい。朝起きたときに、「わたしは、成功者だ」みたいなことをやって、自分は成功者だというメッセージを。

三上:言い聞かせる。

吉村:書き込んでいくみたいな、そういう手法もあるわけですね。これがうまくいくケースも、もちろん、あるんですよ。ただ、じゃあ、このひとが、今まで育ってくる過程で、親からの刷り込みとかで、「お前はダメなやつだ」という刷り込みがずっとされてきたとするじゃないですか。

三上:うん。

吉村:潜在意識のなかでは、「わたしはダメなやつである」という情報が、ものすごい量、入っていますね。そこに対して、「わたしは成功者だ」って、一所懸命、言ったとして、それまで、何十年かけて、書き込まれた「ダメなやつだ」というのに対して、力が、パワーが違いすぎるわけですよ。となると、結構、焼石に水みたいな感じでね、ジュッという感じで、「成功者だ」と言っても、「でも、なんか、よくわかんないな」とか、毎朝毎晩、「成功者だ」って、自分に言い聞かせているのに、どうもなんか、おもったようにならない、ダメなやつなのかもしれない、となっちゃうんですね。

三上:うーん。

吉村:だから、僕は、何か書き込むとか、上書きするとか、書き換えるとか、というのっていうのは、元々、そこにどのような情報があるかによって、だいぶ、その効果というのに、個人差があるなと思うんですよね。

三上:今の話をきくとそうですよね。

吉村:潜在意識のなかに、そういう否定的なものが、あんまり入ってないひとだったら、肯定的なものを入れたときに、すぐ効果が出ると思うんですけど、潜在意識のなかが否定でいっぱいの場合、肯定的な文章を入れたところで、「そんなことあるか」みたいなので、潜在意識のなかで、はじかれちゃうんですよね。

三上:うーん。

吉村:なので、僕は、書き換えていくということよりも、今そこにある、自動的なジャッジみたいなものとか、否定的な意味付けの癖みたいなものを、どんどん、取り除いていくのが先かなと、思っているわけですね。それに対しては、エネルギーワーク、見えないエネルギー、僕は、これを気とか、プラーナとか呼ばれている類のものと、とらえているんですけど、その気のエネルギーで、現状既に書き込まれている、そのひとの自由を奪っているものを、取り除いていくことで、そのひとの本来の力が発揮できるようになれば、物事に対する、新たな意味付けとかっていうのは、そのひとが、ちゃんと、自発的にできるようになるわけですよね。

三上:うーん。

吉村:なので、「わたしは成功者だ」という言葉を一所懸命、入れていくよりも、「自分ダメなやつだ」というのを消していくことが先だし、それをやれば、別に、自分に「成功者だ」と新たなレッテルをはらなくても、楽しいことをやっていれば、自然と力が発揮できるひとになっていくわけですよね。

三上:うーん。

吉村:本来のパワーをちゃんと発揮できるひとになれば、なにかのかたちで、誰かしらに、価値を提供することになるので、それによって、感謝される。それが、たとえば、お金で感謝が返ってくるような流れを作れれば、ビジネスで成功するという道も開けてくるし、あるいは、別に、周りに、いい仲間や友達がいて、大金持ちにはなっていないけど、とても幸せな人生を送れました、といったら、それはそれで、成功だと思うんですよね。

三上:うーん。

吉村:だから、その、言葉で「成功者だ」と入れた場合、成功者という言葉に、どういう定義をしているのかによっても、また、意味が変わってきちゃうわけですよね。

三上:そうですね。なるほど。であれば、クリアリングをしていってからの、取り入れていくというか。

吉村:そうですね。ただ、言葉で書き換えるということじゃなく、まずは、自分の詰まっているものを、取り除いて、軽くして、流れをよくして、ということが、一番大事なんじゃないかというところで、クリアリングということを、みなさんに、一所懸命、お伝えしている、という、そんな感じですね。

三上:はい。さあ、まきそんさん、いかがでしょうか。吉村さんが詳しく、解説してくれましたけど、このお話聴いて、なんとなく、イメージできたんじゃないでしょうか。すごい細かく話して、わかりやすく。はい。「潜在意識について」、今日は、吉村さんに、いろいろ、お話が伺えましたよ。まきそんさん、感想も、「わかりました」とか、なんでもいいです。感じたこともね、また、メッセージで頂けたらと思います。はい。吉村さん、本日もありがとうございました。とても、わかりやすかったです。

吉村:ありがとうございます。