108.ツインレイって何?

ハンドルネーム、ぽいんこさんから頂いたメッセージを取り上げて吉村さんに伺いました。

感想、ご質問はこちらにお願いします!https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science./com

◆文字起こしはこちら
https://kokoro.koelab.net/013/
==================
三上:はい、みなさん、こんにちは。こころメンテナンス。本日もアシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:はい。さあ、今日もですね、メッセージ来ていますので、読み上げて、お届けしていきたいと思います。ハンドルネーム、ポインコさんから来ていますよ。「吉村先生、三上さん、いつも楽しく拝聴させていただいております。」ありがとうございます。「スピリチュアル系、スピリチュアル界でよく、ツンイレイ」ですかね。

吉村:ツインレイですね。

三上:失礼しました。「ツインレイという言葉をききますが、わたしは、運命の相手の最終形ととらえています。どうやら、出会えても、ハッピーな関係になるまでに、紆余曲折があるようです。吉村さんは、ツインレイという言葉は、どのようにとらえていらっしゃいますか」とメッセージ来ていますよ。

吉村:なるほどですね。はい。

三上:ツインレイ、わたし、ちょっと初めてききました。ツインレイってなんですか、吉村さん。

吉村:ネットで検索すると、出てくる説明というのを、ちょっと読み上げてみますね。

三上:はい。

吉村:このサイトでは、「ツインレイとは」というところで、「ツインレイとは、スピリチュアル用語で、前世ではひとつだった魂が、現世に転生するときに、ふたつに分かれた魂のことです。つまり、あなたと同じ魂を持つ片割れのことをツインレイといいます。ツインレイの魂は、あなたの他には、たったひとりしかいません。また、ツインレイとは、魂が惹かれ合うことで、自然なかたちで出会い、お互いに惹かれ合うといわれています。もしかしたら、身近にいるひとでは、すでに出会ったかたのなかに、あなたのツインレイがいるかもしれませんね。」みたいな感じで、書いてますけど、他のサイトとかをみると、違う説明もあるのかもしれないですけど、なんとなく、このサイトの持っていこうとしている方向としては、たったひとりの運命の相手がいるんですよ、みたいな、ね。で、そのひとは、すでに出会ったひとのなかにもいるかもしれませんね、みたいな。なんか、ちょっと、そういう期待を煽るような感じのことが書かれているわけです。まあ、ツインレイのことあは、僕も、スピリチュアル界の片隅でお仕事をさせていただいていると、よく耳にするわけですよね。ただ、正直、僕は、その言葉をきいたときに、ほんとに、このひとと、このひとは、前世同じ魂だから、ふたつに分かれたひとなのかな、みたいなことをリーディングすると、別にそういうようなリーディングは、返ってこないんですよね。

三上:うーん。

吉村:なので、正直なところ、その概念自体が、あるのかどうかというところが、僕にはわからないという、ところなんですよ。

三上:魂がひとつだったものが、ふたつに分かれるということが、ということですか。

吉村:うーん。そうですね。少なくとも、そういうこと、現象があるかないかというところは、ちょっと、まだ何ともいえないんですけど、みたことがないですね。まず、そういうひとを。

三上:出会ったことがない。

吉村:出会ったことがないですね。だから、もしかしたら、どこか別のところとか、すごい大昔に、分かれていたとか、僕と出会ってないひとで、そういうひとがいるかもしれないですし、そこは、ちょっと、わからないんですけど。少なくとも、僕は、結構大勢のひとをみせていただいているんですけど、そういうひとをみたことがないんですね。だけど、結構、たとえば、ある占い師さんに、片思いしている相手を相談したら、彼は、あなたのツインレイだから、諦めちゃ駄目よと言われました、みたいなことを言われました、というようなことを、僕のところに、相談内容で話されるかたというのは、結構いたりするんですけど、でも、じゃあ、果たして、相手のひとと、このひとは、元々同じ魂がふたつに分かれたものなのかな、と僕がリーディングすると、うーん、なんか、別にそういうふうには見えないなという感じなんですよね。じゃあ、僕のリーディングが全てわかるかといったら、そういうわけではないので、僕がわからないだけど、ほんとは、そうなのかもしれないという可能性もゼロではないんですけど、だから、少なくとも、そんな感じではないな、というのが、僕の印象なんですよ。もうひとつあるのが、結局、その、ツインレイだと言われた相手のかたに、すごく執着していた時期があったけど、たとえば、僕がクリアリングしていくことで、そのかたに対する執着が、なくなってきたひととかは、あ、別にこのひとでなくてもよかったんだな、っていうふうに、気持ちが変わったりすることは、結構あるんですよね。

三上:うーん。

吉村:ということは、たったひとりの運命の相手だったら、たぶん、そんなことは起きないわけじゃないですか。

三上:うんうん、うんうん。

吉村:あと、違う時期に、違う占い師さんに相談したら、最初に、このひとは、あなたのツインレイだよ、と言われたんだけど、そのひととうまくいきませんでした。で、別のひとに、気持ちが移って、このひととうまくいくかどうか、みたいなのを、別の占い師さんに、相談しました。そしたら、その占い師さんが、このひとは、あなたのツインレイよ、って言ったみたいなことが起きるわけですよ。なので、たったひとりしかいない、相手が、もう既に二回出てきているという話になるわけですよね。

三上:なるほど。

吉村:なので、それって結局、そういうふうに言うことで、相手に対する執着を強めて、そうすると、執着が強くなればなるほど、恋愛とか、あんまりうまくいかなくなる可能性が高いわけですよね。そうすると、そのひとの悩みの度合いが、進んでいくわけですよ。

三上:そうですね。

吉村:そうすると、また、その占い師さんに相談したくなるという気持ちが、さらに大きくなるという、ことが起きるだろうな、というふうに、推測することができるわけですよ。なので、依存させて、お金を使わせるための、システムみたいに、僕には見えちゃうんですね。それが、ほんとにそうなのか、ちょっと、僕には証明のしようがないんですけど。

三上:うーん。

吉村:ですけど、僕の個人的な見解をききたいということでしたら、僕は、ツインレイのひとって、ネットで定義しているような内容の、ツインレイのひとというのは、見たことがないです、ということですよね。だから、いないと断言はできないんだけど、見たことがないので、ツインレイだ、ツインレイだと言っているひとたちも、別に魂が分かれたようなひとではなさそうだなと。結局、なにか、単純に、執着が起きているために、気持ちが整理できなくて、いつまでも、そのひとを、たとえば、相手が結婚しているにもかかわらず、ずっと、思い続けるみたいなことが起きたりとかしてるというのは、いっぱい、目にしてきているんですけど、そのひとたちが、ほんとうに、運命の相手で、いつか、ほんとに、結ばれるときがきて、未来永劫幸せになって、そのふたつに分かれていた魂がひとつに戻りました、みたいなものを、みたことがないですね。

三上:うーん。なるほどですね。いやあ、そうなんですよ。恋愛って、すると、ひとによって、個人差あると思いますけど、どっぷりはまるひと、わたしも、はまったことありました、昔は。そのひとしか、エネルギーは、そのひとなんですよ。なに、仕事してても、そのひとばっかりで、それで、もしツインレイと言われたら、たぶん、抜け出せないと思います。当分は。

吉村:わははははは。

三上:そうですよね。どうにかして、このひとと、結ばれたい、という気持ちになると思うんですけど。今思ったのは、もし、相手が運命のひとであれば、今の現状がそうでなくても、いずれ、絶対どこかで結ばれると思うんですね。わたしの、個人的な考えなんですけど。なので、今お話ね、質問がありましたけども、ポインコさんから、「ツインレイって何ですか」ということで、ま、今日もね、吉村さんのお考えを、こうやって、うかがっていますけども。吉村さんご自身では、まだ出会ったことがない、ということで、はい。

吉村:そうですね。だから、未来のこととかって、わかんないわけですよ。誰にも。たとえば、自分が通ってきた道を振り返ってみたときに、結果、ここにつながっているから、これって、運命だったんだな、みたいな感じで、捉えることはできるわけですけど、これが運命だから、自分の未来はその選択肢しかないのであると、思い込んじゃった場合、それがほんとかどうかって、確かめようがないから、言ってみたら、目隠ししたまま、前に進んでいって、絶対にこれしかないのである、と思って進んで、他の可能性を全部つぶしていっちゃう、ということをした場合、他の可能性のところに、もっと幸せになれる可能性があったとしても、チャンスがあっても、それを、全部、自分から手放しちゃうということになりかねないから、未来って、そんな、確定している話じゃないから、いろんな可能性のなかから、手繰り寄せていって、手にしていくものだと思うんですよね。

三上:そうですね。

吉村:自分の可能性を狭めるような情報には、あんまり、踊らされてほしくないなというのが、僕の個人的な見解ですかね。

三上:はい、ということで、ポインコさん、いかがでしたでしょうか。わたしも、今日初めて、ツインレイという言葉を耳にしたので、勉強になりました。リスナーのみなさんも、初めてきくかたが、なかには、いらっしゃると思いますので、こういった言葉があるということで、たとえば、吉村さん、こういうこと言ってたな、というのを思い出しながら。あくまでも、吉村さんのお考えで、今日は、みなさまにお伝えしておりますので、はい。

吉村:そうですね。なので、これが絶対正しいかは、僕にもわかんないので、ね。いろいろある可能性のなかの、ひとつ、とか、いろんな意見のなかのひとつとして、とらえてもらえたら、いいなと思いますね。

三上:はい。ということで、この時間は、ハンドルネーム、ポインコさんからのメッセージを取り上げて、お届けしました。吉村さん、本日もありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。