102.恥ずかしさの中身

ハンドルネーム イオさんからのメッセージを取り上げて、吉村さんからお話伺いました。

感想、ご質問はこちらにお願いします!https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

◆文字起こしはこちら
https://kokoro.koelab.net/102-2/

==================

三上:はい、みなさん、こんにちは。こころメンテナンス。本日もアシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:さあ、今日はですね、一般のみなさんから頂いたメッセージ、回を増すごとに増えていってるなという気がして、とてもうれしいんですけども。

吉村:ありがたいですね。

三上:ほんとですね。感想とか入れてくれたりとか、話をききたいというメッセージが増えてきていますので、今、聴いているリスナーのみなさんも、気になったら、是非、メッセージを送っていただきたいと思います。さあ、今日はですね、ハンドルネーム、イオさんから来たメッセージを読み上げていきたいと思います。「こんにちは。いつも楽しみにしています。恥ずかしいという感情は、怒りと他にいくつかの感情が合わさったものと、昔なにかで読んだことがあります。確かに、恥ずかしいと言うときは、本場の麻婆豆腐を食べたとき、いくつかの刺激を同時に受けて、どうしていいのかわからない感じに似てるような気がします。恥ずかしいというときは、何が起きているのか、お話していただけたら、うれしいです」と、来ています。

吉村:なるほどですね。例えがおもしろいですね。

三上:おもしろい。表現がね。おもしろいなと思って。ユーモアがありますね。

吉村:そうですね。感情というのはね、一時的、一次感情として出てきているものだけじゃなくて、また、出てきた感情をごまかすために、他の感情でカバーするとか、二次感情、三次感情みたいに、何か、感情を上塗りすることで、元々の感情がよくわかんなくなっていく、みたいな、ことっていうのがよくあるんですよね。いろんな色が混ざって、マーブル模様みたいになっちゃてるみたいなね、それの表面的に目立つところをとらえて、この感情と捉えていたりとかするんですけど、実際には、他のいろんな感情が混ざりあって、現状ができているというような場合がけっこうあるんですよ。たとえば、恥ずかしいと一つとっても、どういう場面で、恥ずかしいと感じるかって、いうのによって、実は、同じ言葉で表現しているけど、全く同じとはいえないんじゃないかなというものもあると思うんですよ。たとえば、子どもの頃のちょっとした失敗談を、親が友だちに話してしまって、恥ずかしいみたいなのと、道歩いていて、ハッと、自分の来ている服にタグが付いたままだと気がついたことがあって、そのときも恥ずかしいという言葉で表現しますけど、同じ感情とは言えなかったりするんですよね。だから、一概に、恥ずかしいというのは、こういうことですと言える話ではないんですけど、感情って、ひとつには、ネガティブな感情に関していえば、攻撃性が内側に向いているか、外側にむいているかという、違いがあるじゃないですか。たとえば、後悔するとか、自己嫌悪におちいるとかって、内側に攻撃性が向いてるの、わかりますよね。

三上:はい。

吉村:だけど、「あいつ、けしからん」とか、「許せない」とか、怒りとか、憤りの感情って、今度は、攻撃性が外側に向いていますよね。

三上:向いてますね。

吉村:あと、感情のボルテージが、高い感情、低い感情なのかというのも、内側から、そこら辺で、グラフみたいなのに、点を打っていく、みたいなね、そういうので、なんとなく、この辺のものには、これぐらい、こんな感じって、名前をつけているだけなんですよね。だから、同じ言葉を使っているけど、微妙に違うということは、充分あり得るので、どういうシチュエーションで、自分が何に対して、ネガティブな反応をしたのか。そのことに対して、自分は、どう捉えているのか、みたいなことで、実は、感情の反応って、出ているんですよ。

三上:うーん。

吉村:だから、恥ずかしいというのも、「わ、恥ずかしい」って、なんか「きゃ!」みたいなのと、「この恥は、自分のことが許せません」みたいな恥ずかしいのと、違うじゃないですか。

三上:まったく違いますね。

吉村:だから、その辺も含めて、自分がそういったものに、どう反応しているのかというのをよくみていくと、感情の、どういうものが混ざりあって、その感情になっているのかって、みえてくると思うんですよね。そうすると、感情そのものをどうにかしようと思うよりも、何に反応しているのか、それはなぜ、その反応になるのか、という、そこをみていったほうが、感情を取り扱い易くなるんですよね。一回出てきちゃった感情を抑え込むって、ほぼほぼ無理なんですよ。結局、それをやっても、どこかにたまっちゃうだけで、あとで、どこか、違うかたちで、現れるとかね、体調が悪くなるというかたちで現れることが起きちゃうから、出てきた感情に関しては、「ああ、自分、今、あのことに対して、こういうふうに思っているから、こういう反応が出たんだな。」たとえば、みんなの前で、かっこいい自分でいたいと思ってるから、だから、子どもの頃の恥ずかしいエピソードを親に言われたときに、すごくネガティブな反応をしたんだなって、なったら、別に、子どものときに、そのぐらい、みんな普通だよ、とか、みんなの前で、自分、いつもかっこいいひとでいる必要ないよね、というふうに、捉え方が変われば、別に、そのエピソードって、ただの面白エピソードで終わっちゃうわけですよね。恥ずかしいとは思わなくて、「あはは、そんなこともあったよね」みたいな、「子どもって、かわいいよね。あはは」で、別に済んじゃう話かもしれないですよ。「やめてよ、そんな恥ずかしい話するの」とかなるということは、自分がかっこいいひとでいなきゃいけないって思っているからじゃないですか。

三上:たしかに。同じエピソードであっても、ひとによって、言い方違いますもんね。内容が一緒だったとしてもね。

吉村:そういうことなんですよ。そうそうそう。だから、この辺の、ネガティブ、要するに、攻撃性が含まれている、なんか否定が含まれている感情ですよね。そういった気持ちが出てくるってことは、何かを自分が否定的にとらえているということなので、自分が何を否定的にとらえているのかというのが、わかると、それを否定的にとらえるのをやめるという選択肢が次にあらわれてくるわけですよ。

三上:うーん。

吉村:「別に、そんなこと、否定しなくていいよ。だって、子どものときの、そういうエピソードって、考えようによっちゃあ、かわいいじゃん」みたいな感じで、そのとらえかたが変わると、全然、その感情の反応も変わってしまうんですよね。

三上:うーん。なるほど。じゃ、ご自身が「なんか恥ずかしい」思っている感情を、まずは、どういった状況で起きているのかっていうのをとらえる、というか、感じる。

吉村:そうそう。何をいけないとか、よくないと思っているのか、というところまで、ちゃんと、立ち返って、分析することができると、「別に、これ、恥ずかしいという捉え方、しなくてもいいんだな」という感じになってくるわけですよね。だから、恥ずかしいと思っているのを、「恥ずかしいと思っちゃ、駄目だ」とやると、これはうまくいかないんですよ。絶対無理なんですよ。

三上:ですね。たしかに、恥ずかしいでも、ひとによって、全然、今ね、二個目かな、タグ付いてたとかってお話されていたんですけど、わたし、よく、それあるんですよ。「ああ、恥ずかしい」と思いながらも、次に切り替えるから、「これは、次のネタに」みたいな、「話のネタに、これをもっていこう」みたいな、「こんなことがあったよ」みたいなのを変えたりするんですけど。

吉村:エピソードトークになりますもんね。

三上:なりますよね。ほんと。考え方によって、全然、恥ずかしさもポジティブというか、プラスに変えれるような、考え方に変わるといいですよね。

吉村:そうですね。

三上:そうやると、毎日がだんだん、楽しくなってくるんですよね。

吉村:そうですね。うち、娘、双子なんで、運動会のときに、小学校のとき、ひとりが、赤組で、もうひとりが白組、みたいな感じで、組が分かれていたんですよ。そうすると、家のなかで、必ず、運動会に勝ったほうの子と、負けたほうの子が発生してしまうんですよ。毎年。で、4年生ぐらいまで、かたっぽうが、連続で負けていたんですよね。そうなると、そのあとのケアが大変じゃないですか。ひとりは「よかったね」で、もうひとりは、「残念だったね」みたいな。ちっちゃい子どもだと、本気で、落ち込んじゃうから、運動会で負けたことぐらいのことでもね。小学校の先生にお願いしたんですよ。「うち、こういう事情でね、別のチームになると、いろいろとあとが大変なんで、うまいこと、同じチームになるように、できませんか」と言ったら、気を使って、それをやってくれたんですよね。だから、小学校5年生からは、同じチームになって、いつも負けていたほうの子が、「これで、勝てる。やった!」とかって言ったんですけど、結局、そのあと、2年連続で、負けちゃったんですね。だから、ひとりは、小学校6年間、ずっと、運動会、負け続けるという、なんかすごいことになってて、本人は、そのとき、すごい落ち込んでいたんですけど、僕が、「いや、この話はね、大きくなってから、絶対、この話したら、鉄板でうける話になるから、実は、ほんとすごい得しているんだよ」と言っていたんですよね。すぐには入っていかなかったみたいですけど、最近では、新しくできた友だちとかに、その話すると、めちゃめちゃうけるらしくて、だから、「ほらね」って、「結果、よかったでしょ」って。

三上:そうですよね。たしかに、勝って、負けてって、同じ比率だと、えーってなりますけど、「ずっと6年間負けてんだよ」なら、すごい、もってんじゃない、逆に、というぐらいね。

吉村:なりますよね。

三上:捉え方、考え方って、大切ですね。

吉村:そうですね。

三上:たのしくなってきましたね。話すの。

吉村:よかったですね。はい。

三上:ということで、イオさんも、どんなときに、自分がね、恥ずかしいという感情が降りてくるのか、落ちてくるのか、というのをまず、とらえて、いただきたいと思います。

吉村:そうですよね。はい。

三上:そうですね。いいお話でした。はい。

吉村:ありがとうございます。

三上:吉村さん、今日も、ありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。