103.先祖の問題を背負わさられるのはなぜ?

ハンドルネーム むにちゃんさんからのメッセージを取り上げて、吉村さんからお話伺いました。

感想、ご質問はこちらにお願いします!https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

◆文字起こしはこちら
https://kokoro.koelab.net/103-2/

==================

三上:はい、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。こころメンテナンス。本日もアシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:さあ、今日もですね、メッセージ、取り上げて、読んでいきたいと思いますよ。ハンドルネーム、ムニチョンさんから来ているメッセージです。読み上げたいと思います。「吉村先生、こんにちは。はじめまして。前に」、こちら、お名前、ご案内していいんでしょうかね。

吉村:スミレアキコさん。ユーチューバーのかたの。動画に、僕出させていただいたんで、そのときの、お話だと思いますね。

三上:ということで、その内容なんですけども、「目に見えないエネルギーの世界を、論理的に、理路整然と、またやさしい言葉を選んで、説明して下さるので、とても、わかりやすく、いつも配信を楽しみにしながら、チェックしています。最近は、寝るときにも、流しっぱなし動画を開くことが多くなりました。ありがとうございます。」

吉村:ありがとうございます。

三上:はい。「素朴な疑問なんですけど、ひとつ、どうしても気になることがあります。クリアリングで、よく、依頼者のかたの、祖先のブロックがくっついていることがありますよね。亡くなったひとは、また、生まれ変わるのだから、過去世のカルマとして、次の人生で、自分で持ってくればいいものを、なぜ、わざわざ、他人の、ある子孫に投げるのでしょうか。亡くなったかたの意思でそうするのか、それとも、そういった宇宙のライフサイクル的なしくみがあるのでしょうか。いずれにしろ、他者の問題を背負わされたほうは、たまったもんじゃないし、そこから、新たなブロックが生まれる可能性もあるとしたら、なんだか、理不尽すぎるなと思っています。そのあたり、詳しく教えていただけると、うれしいです。よろしくお願いします。」と、来ています。

吉村:はー、はー、なるほどですね。このご意見は、僕も、すごく、ごもっともだと、思いますよ。理不尽というかね。

三上:わたしも、ききながら、なぜ?、なぜ?と思います。たしかに。

吉村:そうですね。これに関していうとですね、人間の肉体と、魂が渡り歩いていくという、輪廻転生の仕組みというところで、ある意味、仕方ないんじゃないかなという感じもしなくはないんですよ。肉体って、僕たちの魂としては、借りて使っているようなものなわけですよ。三次元世界だと、見て触ることができるのは、肉体、ぼくらが他のひとをみたときに、そのひとの肉体を見ているし、自分といったときも、この肉体を指して、自分と言っている感じがするんですけど、でも本質としては、その魂があって、輪廻転生しているのは、その魂のほうなわけですよね。だから、この肉体って、実は、この三次元世界で、人間として生きるために、借りて、使わせてもらっている乗り物みたいなもので、これはこれで、他の地球上の生物と同じように、DNAを持っていて、それで、いろいろと繁殖していく、みたいな、DNAをコピーして、繁殖していくみたいな仕組みを持っているわけですよ。このDNAが受け継がれて、どんどん、後世に受け継がれて、生物がどんどん、ずっと、生き続ける、という、この仕組と、魂が輪廻転生する仕組みというのは、全然、別の仕組みなんですよ。だから、魂が輪廻転生していない生き物というのは、実は、このDNAが生きながらえているということで、ずっと生き続けているものなんで、ひとつひとつの個体としての、存在というのは、この種全体としてみると、その種全体の一部であって、個として、独立して、存在しているものとは、ちょっと言い難いんですよね。他の、魂が輪廻転生していない、生き物というのは。だから、種として、ひとつの生き物、みたいなとこがあるんですよ。でも、人間の場合、魂が主体で、魂は、ひとつの肉体で、ひとりの人生を生きると、そこから離れて、また次の肉体と結合して、次のひとりの人生を生きるとなるから、人間そのものの、種としての意識というのは、実は、この肉体のほうに属しているものであって、魂は、全然別の存在なんですよ。この肉体からしてみると、勝手に、乗っ取って、肉体を使っている、お客さんみたいな、そういう感じなんですよね。「お客さん、よく来てるな」みたいな、そういうような感じの存在なんですね。だから、「自分の先祖が、持っていたブロックというのは、そのひとのもので、わたしには関係ないよね」という発想というのは、魂としては、たしかに別者なんですけど、肉体と考えた場合、同じ、人間という種の、同じDNAのライン上に、いるものだから、実は、そういうブロックを持った先祖がいるという肉体を選んで来ているというふうに言えなくもないんですよ。結局、そこって、切り離して、考えられる、別々のものじゃなくて、この肉体を選んでいるんだけど、実は、この肉体に到るまでの流れ全体を含めて、選んでいるという話になるわけですよ。だから、先祖のブロックの影響を受けてしまっているというのは、この仕組み全体をとらえた場合、それも含めて、この肉体を選んでいるんだから、それはしょうがないよね、という話になっちゃうんですよね。なので、イメージとしては、レンタカーを次々借りていってるみたいな、同じレンタカーをいろんなひとが借りていっているんですよ。だから、次のかたに、ちゃんと、快適なドライブを楽しんでもらいたかったら、レンタカー返すときに、ちゃんときれいにして、たとえば、ちょっと壊れているところがあったら、きちんと修理した状態にしたりとか、ガソリンも入った状態で返すというのをマナーとして、やっていったらいいと思うんですけど、それが、そういう仕組みを、みんな知らずに、「自分の人生、これで終わったから、はい、これで終了」みたいな、「あと、知りません」みたいな感じで、みんなが生きているから、だから、そのときの肉体にたまっていた、いろんなブロックとか、ネガティブな感情とか、残ったまま、後世の、次のドライバーに受け渡されているわけですよね。なので、そういう意味では、マナー的にとらえて、きちっと、きれいにして返すということを、みんながやったほうがいいんじゃないかなと、僕は思ってはいるので、そういう意味では、クリアリングをきちっとやっておくというのが、いいんじゃないかなと思いますよね。

三上:うーん。すごい、わかりやすいです。何度か、ね、肉体と魂のお話はでてきますけど、初め、きかないと、「どういうこと?」、「え?」というふうに思いますけど、別々のものなんだととらえると、すごいわかりやすいですよね。

吉村:そうですよね。たしかに、先祖のやらかしたことも、責任を今とらされている風な、構図に見えてしまうから、「なんで、そんなこと、自分がしないといけないんだよ」って、思うのかもしれないですけど、同じ生き物をみんなでシェアして使っているみたいな感じなんですよね。レンタカーという見方もできるかもしれないし、馬とかね、僕のおじいちゃんが乗ってた馬を、お父さんが譲り受けて、それで、僕が今回乗ってますよ、みたいな話なので、馬は馬として、ケアしてあげないと、おじいちゃんがひどい乗り方して、だいぶ、へばった状態の馬をもらってしまいました、みたいな感じになったら、最初から、しんどい状態で、始まってしまうわけなので、そこは、だから、ちゃんと、きちって、ケアして、いい状態で、次の世代に渡すということを、みんなが意識してやったほうが、それは、いいですよね、ということなんでね。だから、そういう、理不尽だなと思うというのは、ほんとに、僕も、それは、まったくそのとおりだと思いますよ、ということなんですけど、何かが悪いとか、誰かが悪いとかって話じゃなくて、ちゃんと、正しいケアの仕方を、みんなが知らなくて、ほったらかしにしてるから、そうなっているという話だと思いますね。

三上:なるほどですね。いやー、そうですね。結構、多いんですかね。やっぱり。ちゃんと、きれいにしないで、次に行くというのが。

吉村:今、ほとんどのひとがそうじゃないですか。だってね、自分の人生、自分が好き勝手やって、終わったら、それで、オシマイと思っているひとたちって、すごい多いと思うんですよ。たとえば、僕と、僕の娘たちふたりというのは、一見、離れているようですけど、半分は、同じDNAの情報を持っているから、そこって、共振共鳴が起きているので、言ってみたら、つながっているんですよね。ほんとうは。エネルギー的には。ということは、僕が、ネガティブな感情をちゃんとケアしないで、食べまくって、この先の人生を生きていたとしたら、その影響って、肉体としては、離れているけど、うちの娘たちも、結局、そのネガティブな感情の影響を受けている状態で、これからの人生がずっと続いていくことになってしまうんですね。だから、それって、別に、うちの娘たち、何も悪くないのに、僕が、ネガティブな感情をほったらかしにしているために、うちの娘たちがしんどい思いをするということになってしまうわけですよね。そうすると、ちょっと、それは嫌だなと、僕は思うので、僕の代で、きっちりきれいにしたいし、うちの娘たちにも、そういうネガティブな感情をためこまないで、生き方をちゃんと選ぶんだよ、ということは、きっちと、伝えておきたいですよね。

三上:今お話きいて、思ったのは、勉強とか、そういうお話とかで伝えるというのは、家族のなかで、いろいろあったりするんですけども、こういう伝え方というのは、日常のなかでは、ないなというふうに。なかなか、ないですよね。たぶんね。そういうことも、やっぱり、伝えていくべきですね。話きいていて、思いました。さあ、ムニチョンさん、今のお話きいて、なるほど、わかりやすく、いつも解説、お話してくれるので、きっと、ムニチョンさんも、リスナーのみなさんにも伝わったかと、わたしも、毎回、学んで、情報がいっぱい増えて、日常のなかにも、取り入れています。はい。

吉村:よかったです。

三上:本日もありがとうございました。

吉村:ありがとうございました