062.断捨離

最近思い切って断捨離した三上です。笑
物もスッキリ片付くと、こころもスッキリする気がしませんか?
断捨離って気持ちがいいですね、断捨離の効果についてお話伺いました。

 

感想、ご質問はこちらにお願いします! https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

==================

三上:皆さん、いかがお過ごしでしょうか。本日アシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、よろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:はい。吉村さん、聞いてください(笑)。

吉村:はい。

三上:久々に、私クローゼットをすっきりさせてきました、最近。

吉村:ほう。素晴らしいですね。

三上:はい。結構溜まりに溜まっていて、結果4袋ぐらいですかね、断捨離したんですが。ということで、今日はテーマ「断捨離」でお届けしていきたいと思います(笑)。

吉村:はい。よろしくお願いします。

三上:よろしくお願いします。結構、数年前からかな、断捨離ブームで本とか取り上げられたりしてますけれども。

吉村:はい。

三上:やっぱり断捨離して思うのは、自分ではわかっているんですよ。どんどんいろんな物が溜まっていくのはわかっているんですけど、「掃除しよう」ってなるまでになかなか腰が重くて、進まなかったんですけども。ようやく最近断捨離をして、やっぱりきれいになると、自分の気持ちもすっきりするな、関係するのかなって思いながら、「あ、これ吉村さんに聞こう」って思ったので、今日はテーマに取り上げてみました。

吉村:なるほど、はい。

三上:そうなんです。関係するんですかね。私の中では、いろんな洋服が溜まっているのが自分の気持ちのようで。いろんな、溜まって整理整頓できてないんだろうなって思ったりしたんですけど、どうなんですかね。

吉村:うーん。そうですね。先にお伝えしておくと、僕自身あんまり整理整頓が得意なほうではないので、知らないうちに結構いらない物が溜まっていく、みたいなことは僕自身もよくあるんですよね。

三上:吉村さんもあるんですね。

吉村:そうですね、はい。

三上:安心しました。

吉村:(笑)そうですか。だから、断捨離得意なほうではないんですけど、でも、断捨離のもつ効果っていうのはきっとこういうことなんだろうなっていうのは、僕なりにイメージできている部分はあるので、そういう一般論とか推測みたいな話にはなっちゃうかもしれないけんですけど、僕なりの考えみたいなものはありますね。

三上:ああ、なるほど。いろんな、例えば感情に捉えると、あれもしなきゃいけない、これもしないといけない、溜まりに溜まって実践できていない、みたいな(笑)。

吉村:うん、そうですね。いろんな切り口とか角度で捉えることはできると思うんですけど、まずひとつには、僕たちを取り巻く周りの環境っていうのは、僕たちの内面の鏡映しみたいなものなわけですよね。

三上:よく聞きます、それ。その言葉を。

吉村:そうですね。だから、内面がごちゃごちゃしていれば、その投影されて出来る周りの環境もごちゃごちゃしてくるっていうことはあるわけですよね。

三上:うーん。

吉村:だから、外側をすっきりさせるためには、同時に内側もすっきりさせるっていう作業を一緒にやっているという捉え方もできるので、いらない物を処分して周りの環境をすっきりさせることで、結果的に、同時に自分の内面もすっきりさせていたってことが起きていれば、「ああ、すっきりしたな」っていう感じになるっていうのは、ひとつあると思いますね。

三上:うーん。なるほどですね。それもじゃあ、関係性はある、という吉村さんの解釈でね。

吉村:もうひとつには、前回のお話でも出ましたけど、いろんな物って全部周波数でできているって話をしたかと思いますけど、物も、物が持っている周波数っていうのがあるわけですよね。

三上:前回色のお話しましたけど、物にも周波数があるんですか。

吉村:そうですね。っていうのは、物っていうのは、全部分解していくと、それこそ分子とか原子でできているわけじゃないですか。

三上:はい。

吉村:原子っていうのは素粒子でできているわけですよ。素粒子って何かって言ったら、電磁波みたいなものなのでね。それぞれが、いろんな周波数で振動しているんですけど、それが集まるということは、周波数と周波数が合わさって、また別の波が生まれているっていうので、だから、ひとつの物っていう単位で、この物が特定の周波数を発しているわけですよ。

三上:はあ。

吉村:その物がもっている形であったりとか、色であったりとか、分子の構造であったりっていうのが、全て周波数を帯びているわけですよね。なおかつ、例えばそれを使っていた人とか作った人のもっていた思いや感情の周波数っていうのも、その物は帯びているわけですよ。

三上:えー。ちょっと質問いいですか。今話を聞いて思ったのが、例えば、リサイクルショップというか、以前使っていた方の物も使っているっていう方も。私もあるんです、たまに。衣装とか、古着屋さんとかで購入するビンテージものとかあるんですけど、それに関してはどうですか。

吉村:結構、物は前の持ち主の周波数っていうのをもっていることがありますよ。別にそれは害のない周波数だったらいいわけじゃないですか。前の持ち主がその物をすごい愛情をもって大事に使っていたっていったら、その人の愛情のエネルギーとかを、その物はもつようになるわけですよね。だから、それを譲り受けることで、その物だけじゃなくて、前の持ち主の、その物に対する愛着だったりとかも含めて一緒に受け取ることもできるから、決して悪いことばかりではないんですけど、でも、前に使っていた人がすごいネガティブな念をもっていたりすると、その念がその物に転写されていることも十分あり得るので。

三上:(笑)

吉村:(笑)僕は古本屋さんで本を買ったりしたら、一応その本がもっている周波数みたいな、エネルギーを読み取って、「これちょっと害がありそうな、ネガティブな感情が溜まっているな」みたいなのがあったら、クリアリングして家に持ち込むようにしてるんですけど。そういうケースっていうのは、かなりまれではありますね。

三上:まれ、うーん。なんかその、対策じゃないですけど、私たちでもできることってあるんですか。もしビンテージものとか購入した場合に、これはやってたほうがいいよ、みたいなのあるんですか。

吉村:いやー、わかんないですね。だから僕は「なんかこれおかしいな」と思ったらクリアリングするってことをしてるんですけど、そこを読み取れるかどうかってところもあるし、そういう古物を扱っている業者の人たちがやってることとかってあるんじゃないかな。例えば、古本屋さんだったら本をクリーニングしたりしてると思うんですよ。消毒したりとか。だからその時に多少エネルギーは浄化されるってことはあるんじゃないかなとは思いますけどね。

三上:ああ、なるほど。今後買い物するときもいろんな視点から考えて選ぼうって今思ってます(笑)。

吉村:そうですね。だから、別に古い物に限らず、新しい物だって、結局のところ、それを作っている生産者さんの思いだったりとか、製造過程での関わっているいろんな人たち、流通の過程で関わっているいろんな人たちの波動っていうのを全部受けてたりするので。だから、潔癖症みたいになっちゃうと、かえってそっちのほうが自分のネガティブな反応を引き出してしまうので、それよりは、本当に受け取った物をちゃんと感謝して使って、手放すときも感謝して手放すっていうこと。それを、例えばリサイクルに出すのか、処分してゴミ屋さんに持っていってもらうのか、どちらにしても、ちゃんと愛と感謝が流通していくっていう流れにしてあげればいいんじゃないかなとは思うんですよね。

三上:うーん、なるほどですね。そうですね。例えば、破棄するにあたっても感謝の気持ちをちゃんと持つこととか。でも、やっぱり思ったのが、私がビンテージショップにパッて引かれる、目がいくものがあるんですよ。行っただけで「あ!あ!このアクセサリー何?呼んでる」みたいな。

吉村:はいはい。

三上:「あー、これ!」みたいな。引き寄せられるみたいな物を私も購入するので、きっとそれはいい出会いなんだろうな、って今ふとお話ししながら思ってました。

吉村:そうですね。心の状態が安定していれば、いろんな直感的なアンテナってちゃんと働いてくれるので、その時に心引かれるってことは、おそらく自分に合った周波数をその物が発しているから、多分「あ、これ素敵」って思うと思うんですよね。だからそこら辺が多分どんどん自分自身エネルギーが軽くなっていれば、それだけ自分に合ったいいエネルギーの物を察知できる能力も開いていくんじゃないかなと思いますよね。

三上:はい。いやー、これから断捨離もそうですけども、お買い物をする際にも、なんかワクワクしてきますね。

吉村:(笑)よかったです。

三上:はい(笑)。ということで、今日はテーマ「断捨離」でお届けしました。さあ、皆さんのクローゼットの中はきれいでしょうか。吉村さん、本日もありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。

==================