040.スイッチON、OFF

あなたの気持ちのモード
うまく切り替えできてますか?

感想、ご質問はこちらにお願いします! https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

◆文字起こしはこちら
https://kokoro.koelab.net/040/

==================

三上:はい、みなさん、こんにちは。こころメンテナンス。本日もアシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、よろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:はい。今日のテーマはですね、ずばり、「スイッチ オン/オフ」、とりあげていきたいと思います。あの、吉村さん、実は、わたし、すごい「スイッチ オン/オフ」が、激しくてですね、ほんと、仕事以外は、オフモードで、全然頭の回転が回らないんですけど、ふふふふ。みんなに、「ほんとに、この仕事してるの?」というふうに言われるんですけど、ふふふふ。

吉村:そうなんですね。

三上:ほんとに、なんかね、レポートの時間になると、目がぴゅーんと光って、「はーい、現場のなんとかでーす!」というふうにスイッチはオンになるんですけど、もう終わったあとは、ひゅーっという感じで、全然頭の回転回らないんですけど、それって、いいんですかね。自分の中で、メリハリがあっていいことというふうにポジティブにとらえてるんですけど。(笑)

吉村:はい。いいんじゃないですかね。

三上:いいことですか?いいんですね?

吉村:いいか、わるいか、ていうのは、

三上:いいか、わるいか、ジャッジはね。そうですけどね。

吉村:評価なんでね。じゃあ、スイッチが全然オフにならないで、「はーい、なんとかでーす!」みたいな感じで、ずっと、生きてて、それがそのひとに合っていればいいんでしょうけど、ずっとハイテンションで、ずっと生きてたら、どこかで疲れてしまう可能性もありますし、

三上:そうですよね。うーん。そうですよね。やっぱ、この業界的に、お芝居とかね、吉村さんご自身もされてたっておっしゃってましたけど、多いですよね。やっぱり、すごい、しーんとなってるけど、本番入ると、すごい変わるひとって、結構、わたしの周りには多い気がしますけど。(笑)

吉村:そんな感じがしますよね。僕も、あんまりテレビ見ないほうなんですけど、うちの奥さんがオードリーが好きなんで、「あちこちオードリー」とか、オードリーの番組とかよく見てるんで、一緒にみるんですけど、なんか、お話きいてると、カメラ回ってないときは、全然しゃべんないという話がよく出てくるから、ああ、そうなんだー。(笑)そのことで、支障が出てなければ、いいんじゃないかなって感じがしますけどね。

三上:たしかにね。ファンのかたは、あるイメージと違うと思うかもしれないけど、ね。それもしれませんけど、やっぱりね、みるうえでは、みなさんに、パフォーマンスをあげるためにもね、オン/オフというふうに、大切だと思うんですけど、なかには、それがうまくできないというかたも、多いでしょうね。

吉村:はいはい。なんか、それで疲れちゃってる、というひとは、よく相談に来られることとかもありますよ。

三上:ありますか。どんなご相談がありますかね。たとえば?

吉村:なんか、だから、緊張が抜けないみたいな話ですよね。言ってみたら、僕たちの、体のしくみからしても、そもそも、交感神経と副交感神経という、言ってみたら、スイッチオンの神経とオフの神経みたいなのが、そもそもセットで持っていて、交感神経が優位のときというのは、言ってみたら、戦闘モードみたいな感じで、カッと、緊張感があって、覚醒してるみたいな感じで、副交感神経が優位のときは、リラックスしたりとか、ぼーっとしてたりとかっていう話になるわけですよ。ふふふ。ね。そこは、ちゃんと、たとえば、朝起きて、だんだん交感神経優位になって、日中元気に働いて、夕方くらいから、だんだん、副交感神経優位になっていって、リラックスして、夜は、またぐっすり眠って、脳や神経休めて、みたいなことが、ちゃんとこう、地球のリズムに合わせて、オン/オフというかね、こうしってってくれてれば、ひとは健康に生きてられるわけですけど、でも、言ってみたらね、今って、夜でも、すごい街が明るかったりとか、なんか夜遅くまでスマホをみて、目がギンギンにさえて、みたいなひとたちとかって、増えちゃってるみたいなんで、それでその、副交感神経が優位になったほうがいいときに、そこのスイッチがうまく作動しなくて、ずっと交感神経優位になっちゃってるために、いわゆる自律神経失調症みたいな状態になっちゃうというようなことが起きているわけですよ。多くのひとたちが、それで調子悪くなって、そこから、鬱になっちゃったりとかね、してるわけで、そこはその、休めるときにきちっと休める状態にしておくというのは、大事ですよね。僕も忙しすぎて、休みとらなかったら、体調悪くしちゃったりね、やっぱり、人間の体は限界があるなというのを実感するわけですよ、そういうときにね。

三上:うーん。

吉村:だから、オン/オフ、大事だなと思いますよね。

三上:あー、そうですよね。やっぱり、寝る前のスマホとかは、よくないというふうにもね、きいたりもしますもんね。

吉村:だから、交感神経、副交感神経というのが、いわゆる、自律神経といわれている神経で、一日のなかで、一定のリズムで、交感神経になったり、副交感神経になったりというのを繰り返しているという、このリズムがちゃんといい感じになってると、健康なわけですよね。

三上:あー。改めて、そういうふうに感じてないけど、そういうことって大切なんですね。交感神経、副交感神経って。でも、わたしのなかでは、すごい、昔アクターズスクールで、入っていたときがあって、その頃に、スイッチのオン/オフの、つけかたを学んだ気がするんですよ。

吉村:あー、なるほどね。

三上:ステージに立つ、ダンスのパフォーマンスをするときのオンのつけかた。「舞台上がるよ、パンッ!」みたいな。

吉村:はいはいはい。

三上:オン/オフは、そこで習った気がして、自分のなかで、今オン入ってる、目がキラキラしてる、みたいな。

吉村:ふふふふふ。

三上:そう、あるんです。自分のなかで、わたしのなかでは。そのイメージがあって。オフのときは、なんにも感情、流れるままに。ははは。

吉村:はいはいはい。そうですね。

三上:うん。そこで、習った気がして、仕事のときも戦闘モードだ、というふうにスイッチがポッと入るんですけど。ある意味、わたしには、すごい合っているでしょうね。

吉村:そうですね。だから、誰でもそういう波みたいなね、上下の、テンション上がる、下がる、みたいなのを繰り返しているわけですよ。その波の振れ幅が大きいひとと、そんなに大きくないひととか、高いところで上下しているひとと、低いところで上下しているひとと、みたいなのがいたりするわけですよね。そこは、自分に合っているところで、ちゃんと、一定リズムで生きていたら、それはそれでいいと思うんですよ。

三上:うーん。

吉村:基本、なんか、そんなにテンション高くなくて、淡々としているんだけど、そのひとのなかでもバランスがとれていればいいし、なんか、めっちゃテンション高いから、普通のひとからみたら、「いつ寝てんの、このひと」みたいな感じでも、そのひとは、そのひとのリズムでちゃんと生きてられたら、別にいいと思うんですけど、そこが、その、自分に合わないところで、しかもリズムがおかしくなってって、とかってなると、どっかで、自分の神経がついていけなくなっちゃって、「もう駄目です」となったときに、いわゆる、病気みたいな感じになってしまうんじゃないかなと思います。ね。

三上:うーん。なるほどですね。でも、なんか、このお話、今日聴いて思うのは、やっぱり日頃から、自分の状態を知るということは大切ですね。

吉村:そうですね。

三上:うーん。なるほどですね。なんか、これを機に、みなさんも、振り幅が大きい人、たとえば、職業によっても全然違ったりすると思うんですけど。たとえば、同じ業務をひたすらやることって、それもすごい大変なことで、ね。それをこなしながらも、そのかたのスイッチオン/オフとかをバランスをとりながら、まあ、いろんな、このご時世ですから、みなさんもね、自立神経を整えつつ、過ごして頂きたいと思います。

吉村:はい。

三上:ね。でも、なんか、ぱっとみですけど、吉村さんの、この、常にオンなのかな、穏やかな雰囲気があるイメージなんですよ。わたしのなかで。(笑)

吉村:あー。

三上:言われませんか。なんか、オン/オフってすごい振り幅が、あまり、いつもすごい穏やかなイメージなんですけど。

吉村:あーあーあー。そうですね。だから、ま、それって、だから、穏やかというところのなかでの、波が、たぶん、僕にはあるんだと思うんですよね。以前、僕は、ちょっと、なんか、攻撃的なところもあるひとだったんですけど、それって、自分のなかでいろいろと怒りだったりとか、恨みの感情みたいなのがあって、のことだったから、そこをなくしていったら、基本穏やかなひとになっていったんで、これが、なんか、ほんとうの、僕の本来のテンションなんだろうなというのは、余計なものをなくしていった結果そうなったんで、これが自分に合ってるなと思うわけですけど。でも、まあ、世の中には、めちゃめちゃ元気でね、しょっちゅうパーティーやってるみたいなひともいるわけですよ。それが、そのひとたちの、言ってみたら、居心地のいいところだったら、たぶん、それはそれでいいんですよね。結構、それを無理してやっているひととかもいるわけですよ、世の中には。それっていうのは、たぶん、なんかしらね、以前の僕みたいに、心に満たされていないものがあって、それをなんか別のことで埋めようとしていたり、とか、紛らし行為みたいなことをやっている結果として、そうなっているひとたちもいるでしょうし、ほんとはすごい情熱を秘めているんだけど、そこをすごい抑え込まれて、自分の感情にふたして生きているひとたちとかっていうのも、これもどこかで、なんかボーンと爆発しちゃう可能性があるわけですね。だから、自分に合ったところをちゃんとみつけられると、そのひとはしあわせになると思うんで、そのためにも、ちゃんと、自分ってどういうひとなんだろう、自分と向き合うみたいなことは大事ですよね。

三上:うーん。全部、結局つながりますね。

吉村:そうですね。だから、大体、僕の言ってること、いつも一緒なんですよね。

三上:なるほどですね。そうなりますよね。わかりました。わたし、なんか、すごい、なるほどですね。なるほど。

吉村:はははははは。

三上:何事もつながるんですよ、結局は。自分自身って、ね、ですよね。はい。今日は、「スイッチオン/オフ」で、とりあげましたけど、あらためてね、自分ってどんなふうに過ごしているのかな、ということで、見つめ直す時間になっていただければなと思います。はい。吉村さん、本日もありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。