041.胎児や赤ちゃんにも気功って効果あるの?

幼児期に前世や胎内での記憶をもつ子が存在するって聞いたことありませんか?
赤ちゃんにも気功の効果があるの?
気になるお話伺いました。

感想、ご質問はこちらにお願いします! https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

◆文字起こしはこちら
https://kokoro.koelab.net/041/

==================
三上:はい、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。こころメンテナンス。本日もアシスタント三上恵と、そして気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:はい。さあ、今日のテーマ、わたしもちょっとね、母として、すごい気になるんですけど、今日のテーマは、「胎児や赤ちゃんにも気功って効果があるの?」ということで、とりあげていこうかと思うんですけども、お母さんがね、赤ちゃんがお腹にいる頃から、気功というのは、赤ちゃんにも、胎児にも、伝わっているのか、気になるところなんですけど、いかがでしょう。

吉村:はい。まず、結論から言うと、伝わってると思うんですね。それが、どういうふうに作用してるかみたいなところとか、どういう効果があるのかみたいなところというのは、いろいろあると思うんですけど、僕が今までみさせていただいたケースだったりとか、僕のところで学んだ卒業生のかたたちがとりあつかわれてきたケースなんかを、みさせていただくと、なかなかおもしろい事例とかもあるんですね。おひとり、僕の古くからの生徒さんで、かわなみさくらさん、東洋医療のコンシェルジュとか、アトピーのかた向けのカウンセリングされてるかたがいるんですけど、さくらさんは、お腹のなかにいる赤ちゃんと、気を介したコミュニケーションをとるということで、逆子をなおすみたいなことを、実は、されてて、結構それで、何人もの逆子の赤ちゃんをもとの正しい位置に戻ってもらうようにコミュニケーションとって、優遇されていたということは、ちょっときいてるんですよ。ぼくは、まあ、そういうコミュニケーション系ってあんまり得意じゃないんですよね。そこは、個人の得意・不得意の分野があると思うんで、僕がお伝えしたクリアリングツールというツールと、それの使い方というのを、さくらさんは、ご自身の得意分野に引き込んで、応用されて使っているわけですよ。

三上:うーん。

吉村:なんか、元々は、さくらさんの妹さんが、野良猫とか捨て猫の赤ちゃんをひきとって、里親をさがすみたいな活動をされているかたで、そのちっちゃい猫ちゃんたちをネットとかSNSつかって、欲しいというかたとマッチングしていくみたいな、

三上:素敵な活動ですね。

吉村:ね。その活動してて、ときには、その猫ちゃんと相性いいと思って、里親に出したのに、どうも行った先で、なにかうまくいってないとかね、ご飯ちゃんと食べてくれなくなっちゃったとか、そういうようなことがたまに起きるらしいんですよ。そういうときに、妹さんにさくらさんがお話したなかで、なんか、もしかしたら、それなんとかできるかもしれないみたいなことをさくらさんが思われたみたいで、猫ちゃんの気持ちというのをリーディングしてみたそうなんですよね。そしたら、猫ちゃんが実はこういう要望をもっていて、こういうふうに働きかけてあげたら、ちゃんとご飯食べるようになったとか、家族との関係性が、緊張感がとれて、いい家族になれたというような、そういうようなことが起きるようになって、それで、しばらくすると、猫ちゃんのリーディングというのをしばらくされていたんですけど、そのなかで、たまたま、逆子で困っているんだよねみたいなかたとお話されたときに、じゃ、ちょっと試しに、みたいな感じで、やってみたら、実は赤ちゃんは、こういうふうにおもっていたから逆子になってたみたいなのがわかって、

三上:あーあーあーあー。でも、たとえば、それって、猫ちゃんだと、もちろん目の前に猫ちゃんがいらっしゃるわけじゃないですか。胎児の場合だと、お母さんのお腹のなかというか、赤ちゃんの雰囲気とかっていうのは、まあまだお腹のなかだから見えないじゃないですか。

吉村:あーあーあー。でも、実際、僕、個人のお客さんに向けにセッションとかされるときって、ご家族のクリアリングとか遠隔で、一緒にセッション中にやったりするんですけど、それこそ、ご家族のお名前も、顔写真もなくても、今お話してるこのかたのお母さん、というふうにたどってつながっていくことができるんで、全然それは難しい話ではないですよ、見えなくても。猫ちゃんに関しても、写真、それこそ携帯でとったような写真とかをみて、それで、リーディングしてもらうという感じでやってるらしいですし、

三上:へー。

吉村:はい。僕はあんまり動物とか赤ちゃん、苦手なんで、そういう話があったら、得意なひとがいるんで、紹介しますって、ははは。さくらさんにまわしちゃうんですけど。

三上:えー、そうなんですね。でもね、若干、なんだろう、話できいたりするのは、赤ちゃんが、このお母さんのところに行きたいとかっていう意思をもってたりとか、あとは、生まれたときに、お腹のなかでこうだったというお話をするということもきいたりするので、やっぱり、お腹のなかにいる段階で、意識としてなにかあるんだろうなというふうに、わたしも思ったりはするんですけども。

吉村:そうですね。それこそ、だから、さくらさんがリーディングした赤ちゃんがこういう気持ちだったというのがわかって、それをこうお母さんに伝えると、お母さんがご自身のお腹をなでながら、赤ちゃんに語りかけるみたいなことをするだけで、実はそれでなんか逆子がなおっちゃうみたいなことというのは、結構あるし、赤ちゃんって、僕もそのいろいろと独自に研究して、最近、たぶんこんな感じなってんじゃないのかなとみえてきたところとしては、どうやら、大人の意識とは別に赤ちゃんのときの意識という、別の意識をもって、まずその、お腹のなかに宿るみたいなんですよ。

三上:へー。

吉村:そのときには、結構、前世とか過去世とかの記憶をどうやらもった状態で、お腹のなかにいて、その間に、お腹のなかが快適な状態であると、安心・安全のなかで、だんだん育っていって、で、お腹から出てきました。赤ちゃんのときも、安心・安全で、親御さんとか周りのひとたちから愛情をしっかりうけて育っていくと、だんだん、赤ちゃんの意識が完了していくんですね。

三上:うん。

吉村:それが、正常に完了のプロセスが進んでいくと、大体3歳くらいまでに、赤ちゃんの意識というのは完了して、その間に、大人の意識がだんだん育っていって、それで大人として、育っていくから、だから、結構、胎内記憶とか前世とかって、2歳くらいまでに、まだ赤ちゃんの記憶が残っている間に、言葉がしゃべれるように、だんだんなってきた子とかは、結構、昔の、お腹のなかの記憶のこととか、話したりするというケースは多いらしいんですよ。

三上:よくききます。前世の話とか、ねえ、お腹の中の記憶とかって、わたし、すごい不思議だなと思ってたんですけど、テレビで、ニュースとかにもなったりしますよね。

吉村:そうですよね。だから、そこは、どうやら、赤ちゃんの意識というのは前世の記憶をもった状態でお腹の中に宿って、ということがあって、それで、その意識というのが、自分はここにいていいんだ、歓迎されている、安心・安全な場だ、というふうに感じると、だんだん終了して、完了していくんで、今度は大人の意識がちゃんと育っていって、ちゃんと大人になっていくというプロセスが、進んでいくんですけど、これがその、赤ちゃんのときに、たとえば十分な安心・安全が得られなかったとか、また、その前世とか、過去世で壮絶な体験をしてしまったがために、今回の人生でのちょっとした不快な出来事とかが、すごい怖い恐ろしいことだったりとか、不安や恐怖をもってしまったりとかすると、赤ちゃんの意識のところどころに未完了が残っちゃうみたいなんですね。それが、赤ちゃんの意識に未完了を残したまま大人になると、赤ちゃんのときの意識が残ったままの大人になっちゃうみたいなんですよ。そうすると、赤ちゃんって、基本的に自分で何もできないから、周りのひとに要求するだけじゃないですか。自分で責任とれなくて、周りにこう、

三上:気づかせる。そうですね。

吉村:でね、要望叶えてもらうという、そのパターンをもった大人になっちゃうんですよ。そうすると、結構それって、人間関係が、すごい難しくなっちゃたりとか、いつも不満を抱えた状態になってしまいますよね。なぜなら、赤ちゃんだったら、かわいいね、かわいいねって、みんなフォローしてくれるけど、大人がそうだったら、ちょっと何やってんの、お前、みたいになっちゃうじゃないですか。

三上:大丈夫か?ってなりますもんね。

吉村:なりますよね。そうすると、すごい不満の多い人生になりかねないんで、僕は結構いろんなかたの相談とか受けているときに、赤ちゃんのときの意識残っているなというのをみつけたら、エネルギーを送ることで、赤ちゃんの意識を完了させるということをやっているんですけど、これをやることで、今の、そのひとが抱えているようなコミュニケーションの癖だったりとか、人間関係でのこじらせやすいポイントみたいなものが解決していくというような範囲のことを今までたくさんみてきたわけですね。

三上:うん。なるほどですね。生まれる前からそういった関係性があるということで、すごい、今日も、なんか気になる話題でした。はい。吉村さん、本日もありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。