039.バレンタイン 愛する事

もうすぐやってくるバレンタインデー
これを機会に愛について考えてみませんか?

 

感想、ご質問はこちらにお願いします! https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

◆文字起こしはこちら
https://kokoro.koelab.net/039/

==================

三上:はい、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。こころメンテナンス。本日も元気にお届けしますよ。アシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:はい。さあ、今日はいつも以上に元気なんですけど、なぜかというと、バレンタインが近づいてくるので、バレンタインの話題、ね、とりあげていこうと思います。結構、頻繁的に愛の話題も多いじゃないですか、この番組。

吉村:はい。

三上:なので、「愛すること」、「愛」についても触れながら、今日はお話していきたいなと思うんですが。

吉村:はい。

三上:そもそも、日本のバレンタインデーって、女性が男性にチョコレートを贈る習慣がついてるじゃないですか。本来、アメリカ留学の経験がある吉村さん、アメリカでは、男性が女性に、という感じですか。

吉村:そうですね。あんまり、女性から男性に、というのはなかったと思いますよ。特に、チョコレートという文化もなくて、バレンタインのカードだったりとか、あとは、キャンディーあげたりとか、みたいなのはありましたけど、そんな感じで、だから、日本で、女性が男性にチョコレートをあげる習慣は、チョコレートを売りたい会社が、なんかたぶん、そういう、マーケティングの手法として、ひろめたことじゃないかなというふうに言われてますよね。

三上:そうですよね。でも、本来、個人的には、男性からいただきたいな、というふうにも(笑)

吉村:ははははは。

三上:思ったりするんですけども。やっぱり、わたしが住んでいる沖縄は、外国のかたが多いので、そういった周りのおともだち、だんなさんとか、彼氏が外国のかただと、そういう風景も見ていたりするので、「ああ、いいなぁ」と思いながら。花束もらったりね、したりするので、いいなと思ったりするんですけども、それは、プレゼントする日として、気持ちを伝える日としてね、バレンタイン、とらえていきたいと思うんですけども。今日は、「愛」についても、テーマとりあげていきたいと思うんですけど。やっぱり、このテーマでよく、吉村さんから耳にするのは、「自分を愛すること」、

吉村:ふん、ふん。そうですね。

三上:うん。よく、テーマでとりあげていくと思うんですけど、やっぱり、その吉村さんと出会って、わたしも、ときたま、自分を大切にすることって、ほんと大切だなって思ったりするんですが、

吉村:はい。

三上:吉村さんご自身が自分で大切にしてることって、どんなことがあるんですかね。ふふふふふ。

吉村:僕自身が何を大切にしてるかっていうこと?

三上:そうですね。はい。

吉村:あー、あーあーあー。

三上:いつも逆じゃないですか。吉村さんは、周りのかたの話を聴く側じゃないですか。逆に聴きたいなという、ふふふふ。

吉村:あー、あーあーあー。まあ、大体僕の言うことっていつも、同じだと思うんですけど、結局、僕の魂が何を大事にしているかということが、その、僕にとっての大事なことなわけですよね。僕の魂が、僕がバリューフォーミュラと呼んでいる、5つの価値観をもっていて、その価値観に沿った、生き方とかありかたを選択しているとき、あるいは、その価値観に沿ったエネルギーのある場所に身をおいているときに、僕の魂は、言ってみたら、元気になるわけですよ。わくわくして。それが、人間としての、僕自身を元気にするということにもつながるし、人間として生きている僕のパフォーマンスをあげてくれるわけですよね。

三上:うん。

吉村:そういう意味では、僕のバリューフォーミュラに沿った生き方をするということを、僕は一番重視しているんですよね。

三上:なるほどですね。

吉村:そうですね。だから、そうすると、言ってみたら、頑張らなくても、うまくいっちゃうみたいなことになるから、そこって、ある意味、無駄がないというかね、楽しく生きているだけで、成果があがって、周りのひとたちから感謝されて、それが経済的な流れにもつながるから、家族を養うことができて、家族と楽しい日々を送れるということにもつながっているんで、そこが、僕が大事にしていることですよね。

三上:うーん。そうです。今話聴いてても、ストレスもね、自分自身がほんとうにやりたいことをもっている瞬間をやるというのは、ストレスも軽減されるでしょうしね。

吉村:そうですね。

三上:なるほど。話はかわりますけど、今日バレンタインでもあるじゃないですか、何か思い出とか、何かないんですか。ふふふ。

吉村:僕ねえ、あんまり、なんだろうな、恋愛に関しては、あまり得意分野ではないんでね、言ってみたら、結構、性格もドライだし、

三上:そうなんですか。

吉村:はははははは。

三上:そういうふうに見えないですけどね。

吉村:ははははは。

三上:あれ?

吉村:結局、なんだろうな、僕が楽しいと思っていることをやっているだけなんですよ。なんか、活動でも。僕、いろんなひとの相談をうける、相談業みたいなこと、やっているわけですよね。自分のフィーリングとか、エネルギーワークという手法を通して、

三上:はい。

吉村:で、こういう仕事してるひとって、言ってみたら、クライアントさんと寄り添って、共感して、このひとをケアするみたいなことに喜びを感じてやっているひとたちっていうのもいるわけですけど、それはそれで別に、ひとつの、そのひとの価値観にあっていればそれでいいと思うんですけども、僕あんまりそういう感じでやってないんですよね、実は。

三上:え?えへへへ。

吉村:ははははは。だから、クライアントさんのいろんな相談聴くわけですけど、言ってみたら、僕、そのかたたちの状態にそこまでどっぷりとつからないんですよ。というのは、そこまで共感してなくても、この仕事ができているからなんですよね。だから、すごいたいへんな状態のかたのお話きいて、「ああ、それはたいへんだろうな」とは思うんですけど、そのことで感情が揺さぶられたりってしないから、そういう意味では、淡々と仕事はできているというところでいうと、自分にはこの仕事向いてるなと思うこともあるんですけど、でも、そのかた個人に、寄り添って、共感してっていう感じよりは、どっちかっていうと、僕の大きな望みとしては、人類全体が進化して、この世界全体が平和で、楽しい世界になってくれたらいいなと思っているわけですよ。

三上:うんうん。

吉村:だけど、この世界全体って、言ってみたら、個人個人のひとたちが、意識が合わさって作っているものだから、個々の集合体として、この世界はできているという捉え方なので、個人個人がそれぞれ、言ってみたら、しあわせ、自分のしあわせを自分で作れるという、主体的に生きて、なおかつ周りのひとたちと調和して生きるということができるようになれば、世界全体よくなるよね、みたいな発想なんですよね。

三上:なるほど、うんうんうんうん。

吉村:だから、そういう意味では、あんまり、個人個人をそこまでみていないというか、どっちかというと、全体よくしたいから、その個人ってどうなっているんだろうということに興味があって、研究してるわけですよね。だから、やや研究者的な目線で、個人個人の潜在意識がどういうふうになっているのか、生きづらさを抱えている人たちって、どこでこじらせてしまっているのか、みたいなところを研究しているわけですよ。ははは。

三上:ある意味、その先を見ているじゃないですか。その個人の、全体をみているから、逆に感情移入しちゃうと、というより、客観視して、相手をちゃんと、みて、お話ができるというのは、ある意味いいことですよね。

吉村:そうですね。そこは、言ってみたら、共感をすごいするひとって、下手すると、お客さんから、すごい負のエネルギーもらっちゃって、自分が重くなっちゃうことで、仕事を続けるのが難しいというふうになっちゃうひともいるわけですよね。だから、実際、僕のところに相談こられるかたたちというのは、セラピストだったり、カウンセラーだったりとか、そういう相談業をされてて、お客さんから、もらいすぎて、苦しいんです、というひとたちも来られたりするんですよ。だから、そういうひとたちが、お仕事しやすくするように、もらいすぎないようにするにはどうするか、みたいなことも、研究して、やっているわけなんですけど、そこはちょっと、感じるのは、たとえば、恋愛に関して、というのは、世の中、誤解が多かったりとか、ちょっと、偏った情報が、すごい、世の中に蔓延していて、このことで苦しんでいるひとたちが多いなというのも、僕のもっている感想のひとつではあるんですよね。

三上:すごい、気になります。ふふふふ。

吉村:ははははは。

三上:気になります。どういうことなんでしょうか。はははは。少しだけ、短い時間で、教えてください。(笑)

吉村:はいはい。その、ね、恋愛って、なんだろ、日本だと、愛というと、恋愛という連想がすごい多いのは、愛という概念のなかで、恋愛が占めている割合がすごい大きいと思うんですよ、日本人の認識のなかでは。だけど、愛って、たぶん、あるがままをそれをよしとして受け入れる、ということが愛の出発点だということだとおもうんですよね。もちろん、現状あるがままで、これでよし、それで、さらに、もっとよくすることできるんじゃない、みたいな話にそこからなっていくと思うんですよ。それが、自分に対しても、そういうふうにとらえている、ひとに対してもそういうふうにとらえている、みたいになったら、これはすごい大きな愛だと思うんですよね。

三上:うーん。

吉村:でも、恋愛となると、恋愛感情であったりとか、性的嗜好であったりとかいうのが関係してきて、要するに、たとえば、ひとによっては、大勢のひとと同時に恋愛していくひとたちとかもいるし、一対一がいいです、というひとたちもいるし、いろんなかたちがあると思うんですけど、それは。でも、そこって、結局は、感情的な結びつきとか、性的なむすびつきとかというのは、結構おおきな、その関係性のなかでは、相手をあるがままに認める、自分をあるがままに認める、ということだけじゃなくて、そっちの感情や性的な結びつきという割合がすごく多いんですよ、恋愛のなかでは。そうすると、好みの顔か、そうじゃないか、とか、なんかそういところで、ジャッジがいろいろ起きたりするわけですよね。

三上:そうですよね。「よく見せよう」とかね。うふふふ。

吉村:それで、あとは、このひとを、「自分だけをみてほしい」みたいな、他のひととあんまり関わりもってほしくない、とかいうような、独占欲だったり、支配欲だったりみたいなものが出てきたりとか、そういうところで、また嫉妬みたいな感情が出てきたりとかするわけじゃないですか。で、結構、恋愛に関する、いろんな作品とか、文献とか読んでみると、結局、嫉妬心みたいなものっていうのが、恋愛のなかの重要なものとして扱われていて、要するに、相手の嫉妬心を引き出すことで、自分だけをみるように、操作しましょう、みたいな、感じのこととかも、

三上:よく言いますよ。よく言います、はいはいはい。

吉村:ありますよね。

三上:あります。

吉村:で、これって、お互いのあるがままを、あるがままに、認めるという、その愛というものと、ほんとに同列なの?、というと、僕はあんまりこれ同列だとは思わないんですよ。

三上:なるほどですね。

吉村:だから、結構、恋愛という概念のなかに、愛の要素はもちろん入ってはいるんですけど、愛とは違う、そういう、言ってみたら、駆け引きとか操作みたいなものがすごい含まれていて、それを含めて、「これが愛です」みたいな感じで、提示されていることが多いので、それを結構真に受けちゃうひとっていうのは、「愛ってそういうもんだ」って思っちゃっているケースが多いんじゃないかなと思って、そこは、なんか、ちょっと違うんじゃないかなって、僕は思うんで、愛に関して考えることが多い時期に、まずは、あるがままをそのまま認めるというところに、みなさん、たちかえってもらえるといいんじゃないかなって、個人的には、ちょっとありますね。

三上:いいですね。バレンタインを前に、今日はすごい愛について、すごい深い話が、みなさん、きけましたよ。(笑)そうですよね。いずれは、お付き合いすると、ばれちゃいますから。自分自身を受け入れる、相手をそのまま受け入れる、というのが、続くし、やっぱり、愛することって、改めて、ちょっと、考えたいと思います、わたしも。ふふふふ。みなさんも、是非、今日は、愛について、考えるきっかけに、はい。バレンタインに向けて、ね、みなさん、いろいろ準備もあると思いますけど。愛について、今日は、考えるきっかけになった時間だと思います。はい、吉村さん、今日も、ね、素敵なお話をありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。