038.タイミング

自分の身に起こる人生のタイミング、皆さんは意味ある事だと感じますか?

感想、ご質問はこちらにお願いします! https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

◆文字起こしはこちら
https://kokoro.koelab.net/038/

==================

三上:はい、みなさん、こんにちは。さあ、こころメンテナンス。今日もアシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、よろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:回数をだいぶ重ねて、なごやかな雰囲気になって、学びも段々ふえてきたんですけど、いつもわかりやすく解説をしていただいて、ありがとうございます。

吉村:ありがとうございます。

三上:はい。今日はですね、吉村さんと出会ったことも、なにかご縁とかタイミングがあってのことだと思うので、今日は、「タイミング」でテーマ取り上げて、お話を進めていきたいと思います。

吉村:はい。

三上:わたし、36年間生きてきて、いろんなタイミングがあって、今思うのは、そのタイミングって、何かしら、今の、前に進むこと、これから進むことによって、ある試練だったり、出会いだったりなのかなというふうにとらえているんですけど、

吉村:はい。

三上:吉村さんご自身のタイミングという捉え方って、どんな感じに思ってらっしゃるんですか。

吉村:ああ、なるほどですね。生きている間にいろんな出来事があって、それらを僕らは経験して、それに対して、いろいろな解釈が生まれたりとか、それに対して反応したりとかっていうことで、乗り越えていったりとか、克服していったりとかして、成長していって、ということが起きていくわけですけど、これって、僕らの魂が、この世界にやってきて、肉体と結合して、人間として生きるという選択をしたときに、ある程度のプランは立ててきているんじゃないかなと思ってるんですよね。

三上:前回のお話でもされてましたよね。

吉村:はい、それに関しては、ひとによって、どれぐらいの、なんと言えばいいかな、かっちり決めてきているひともいれば、大半のひとは、ぼわっと、ゆるく決めていて、いろんなタイミングの選択肢みたいなものも、たくさん用意して、大体このぐらいの時期に、こんなような選択肢があらわれる、みたいなことをやっていると思うんですよね。

三上:うん、うん、うん。

吉村:たとえば、ひとりの魂がひとりで決めているだけじゃなくて、たぶん、ご縁のあるいろんな魂同士でも、コミュニケーションとりながら、「じゃあ、このぐらいの時期に出会って、お互いの成長につながることができるといいよね」みたいな、一種の約束みたいなことをしてたりとかもあるんじゃないかなと思いますし、

三上:うん、うん、うん。

吉村:あとは、宇宙自体が、言ってみたら、巨大な時計とか、みたいな、星がちゃんと運行して、ぐるぐる回っていたりとかっていうところで、エネルギーが刻一刻と変化していったりとか、特定の周期でいろんなこととか、エネルギー的な傾向が変化したりとか、周期的に似たようなことが繰り返したりとかという、こういうことが起きるわけですよね。エネルギー的な、いろんな、いわゆる暦とかに合わせて、エネルギーが刻々と変化していくなかでも、いろんな、こういう時期にはこういうことが起きやすいとか、こういう時期には世の中がこういう方向に流れやすいとか、そういうのがあるなかで、たぶん、ある程度、「じゃあ、この時期にこういうプラン立てていくと、いろんな経験ができたり、成長ができたりするんじゃないかな」とかっていうのを考えて、選んできているんじゃないかなというふうには思うんですよね。

三上:うーん。でもなんか、占いとかでも、「あなた、このときに、こういうのあったでしょう。」こういうの、テレビであるじゃないですか。

吉村:はい。

三上:ああいうのも、やっぱり、人によって違うと思うんですけど、見え方というのは、

吉村:うん、うん。

三上:ある程度、統計学とかそういうのもあるんですかね。

吉村:要するに、占いの、いわゆる生年月日とか暦とかでみていくタイプの占いというのは、宇宙がどういう流れ、周期をもっているかというのを研究してできているものだと思うんですよ。

三上:うーん。

吉村:そういう意味では、「この日に生まれたひとは、この時期にはこういうことが起きやすい」みたいなのがあるんで、それで、たぶん、わかると思うんですよね。

三上:なるほど。

吉村:それに関して言うと、言ってみたら、それこそ、時計じかけみたいな感じで、この時間になったら、ボンボンボンと3回鳴るみたいな感じになってる、「3回鳴りますよ」みたいな、仕組みがあるから、そうなっているわけですよね。

三上:わかりやすいです、とても。(笑)

吉村:ははは。でも、僕らは、「そこのただの時計の歯車のひとつなのか」と言ったら、そんなことはないと思うんですよ。僕らの魂というのは、自由意志をもって、いろいろと選んで、この世界に来ていると思うので、だから、それに関して言うと、機械みたいな、周期的にいろんなことが起こる世界のなかに、自由に選択することができるという、自由意志をもって、この世界を体験しにきているから、イメージとしては、今、コンピューターのバーチャルリアリティみたいなのを使って、世界中からいろんなひとが一斉にアクセスしてやるゲームみたいなのがあるじゃないですか。

三上:ありますよね、うん。

吉村:ああいう世界に近いんじゃないかなと僕、思っているんですよね。

三上:はー、なるほどですね。

吉村:あと、運営側が定期的にイベントとかを仕掛けて、ゲームをやる人たちは、全体の運営の側の人たちが作っている、大きな流れのなかにいるけど、そのなかで、自由に選択して、いろんなことができるみたいな仕組みなっているというのが、この世界もそれにすごい近いんじゃないかな。

三上:なるほどですね。そういうことですね。あと、別のタイミングでいうと、わたし結構多いのが、「このひとに連絡しよう」と思ったときに、ちょうど、そのひとも「連絡しよう」って、結構あるんですよ。

吉村:はいはいはい。

三上:なんていうんです。

吉村:シンクロみたいなことが起きるということですね。

三上:そうそう。結構多くて、これって言うのは、魂同士が通じ合っているというのに関係したりするんですか?

吉村:僕はそう思いますよ。魂同士が通じ合っているから、縁のあるひと同士というのは、顕在意識と違うところの潜在意識レベルでは、交信してるわけですよ。情報交換が行われていて、そういう意味で、かたっぽのひとが、「話したいな」と思ったときには、もうかたっぽのひとも同じタイミングで「話したいな」と思ってるということは起きうると思うんですよね。既にワイファイで接続されてるみたいな感じですよね。

三上:うふふふふ。なるほどですね。最近そういうのが多いので、その方というのは、本当に親しい仲で、わたしも心を許している部分もあるので、なにかしらあるんだろうなというふうに思いながら、最近そういうことが多々続いたので。やっぱ、そういうのあるんですね。

吉村:あると思いますよ。はい。

三上:これから、まだまだ、人生長いですけど、どんなことが起きるか、楽しみになってきました。ははははは。

吉村:わははは、ねえ。結構、ほんとに、謎解きゲームみたいなものを自分で用意しておいて、それで、その記憶を一回なくして、そのなかに自分で入って遊んでいる、みたいな感じもあるかなと思うんで、なんかね、だんだっけ、僕、題名がぱっと出てこないんだけど、

三上:人生ゲームみたいですね。ほんとに。

吉村:そうそう。ジョン・ウー監督の映画で、なんかそういうのがあるんですよ。何か大きなプロジェクトに関わるんですよね、それで、そのひとは、そこで何か、他の企業から技術とか盗むんだけど、そのことを、記憶もなくしちゃうことで、秘密を守るみたいなので、その契約をするんですけど、いざ、その期間が終わって、記憶がない状態で、はって気がつくと、自分がそれまで何をしていたか全然憶えていないんだけど、記憶を失っている間に、自分はいろいろ準備をしているわけですよね。そこのプロジェクトをやっていたほうの組織は、証拠を消したいから、主人公も消してしまいたいと思って、刺客とか送られてくるんだけど、記憶があるときの主人公は、たぶんそうなるだろうと予測を立てて、記憶を失った自分にいろんなヒントを残して、

三上:あーっ!

吉村:はって気が付いたときに、「たしか自分は、なんかのプロジェクトに関わったはずで、その分の記憶がなくなっている」ということはわかっているんだけど、いろいろと自分の周りをみたときに、何かがおかしいと気がつくんですよね。それで、なにか問題が起きるんじゃないかと予測していると、殺し屋みたいなのがバーンと入ってきて、そのときに、記憶を失っている自分は、いろんなヒントを頼りに謎を解いていくみたいなことをやる映画があって

三上:へーっ!面白そう。思い出したら、またちょっと、連絡ください。(笑)

吉村:はい。(笑)まさに、それみたいなことをやっているのかなって思ってて、そう考えると、生きていること自体がすごい面白い、

三上:面白いですよね。ほんとですね。そういうふうに考えると、なにか来たときに、「今回はどうしよう」みたいなね。うーん。ああ、いいかもしれない。たぶん、聴いてるかたも気になってると思う。ふふふ。

吉村:ははははは。

三上:「あ、これだ!」と思ってる方もいらっしゃると思うんですけど。

吉村:そうですね。

三上:是非、気になった方、はい、逆に、あの、わたしたちのサイトから、リンクから、いろんなメッセージが送れるので、「これでしょ」というふうに送ってくれても、

吉村:そうですね。

三上:逆に、教えてください、みなさん。「この映画ですよ」って。

吉村:是非是非。

三上:今日もこの時間、楽しかったです。今日はですね、テーマ「タイミング」で、お届けしました。きっと、聴いてるかたも、タイミング、ご縁があって、この時間聴いていただいていると思います。みなさま、今後ともよろしくお願いします。そして、吉村さん、本日も、ありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。