129. クリスマスギフト

イブイブ!皆さんクリスマスの準備はできてますか?大切な方へのギフトは物によって意味合いも違ってくるようですが皆さんは気にしますか?

感想、ご質問はこちらにお願いします!https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science./com

◆文字起こしはこちら
https://kokoro.koelab.net/104-2/
==================
三上:はい、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。こころメンテナンス。本日もアシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:はい。この配信は、12月23日ということで、みなさん、クリスマス前で、ワクワクしているのは、わたしだけでしょうか。どうでしょうか。

吉村:ははははは。

三上:いや、でも、なんか、この時期の、クリスマスカラーとか、街のイルミネーションとか、ひとが段々、お買い物するかたが増えていく光景が個人的にすごい好きなんですけど。

吉村:ああ、いいですよね。

三上:うんうん。世の中的には、イブイブなんてきいたりもしますが、イブイブって何でしょうね。はははは。

吉村:ああー。イブっていうのが、要は、前の晩という意味なんで、クリスマス・イブというのは、クリスマスの前の晩で、だから、それに対して、前の晩の前の晩という意味で、イブイブと呼んでるんじゃないかなと、思いますけど、なんか、日本でしかきいたことがないんじゃないかなという。

三上:特に日本でしかないんですね。そうですよね。23日に、特に何かをするというわけではなくて、ちょっと早めのパーティしたりとか、というひとが多いと思いますけども、そもそも、クリスマスって、日本のものじゃないですよね。

吉村:そうですよね。キリスト教のお祭りということにはなっていますけど、最近の研究だと、イエス・キリストが生まれたのは、別にこの時期じゃないという研究もあるらしいんで、イエス・キリストの誕生日だというのも、実は、ちょっと怪しいって。元々は、北欧のお祭り。北欧の冬のお祭りをむりやり、キリスト教のひとたちが、クリスマスというふうにして、使い出したというような、そういう説もあるんですよね。だからまあ、とりあえず、いろんなところでお祭りをしてる日みたいな感じなのかなと僕はとらえていますよね。

三上:そうなんですね。わたし、小さい頃に、クリスチャンの学校に、なぜか、クリスチャンでないんですけど、行っていたので、毎年、クリスマスになると、イエス・キリストが誕生した劇をするんですよ。

吉村:ああ、はいはい。

三上:そうそうそうそう。小屋で生まれて、みたいな。

吉村:ああ、そうですね。僕も、母方の祖母が、キリスト教の教会に通っているひとだったんで、僕自身がクリスチャンではないんですけど、アメリカにあるキリスト教の高校に通ったりとか、キリスト教とはなじみのある人生を送ってはいるんですね。

三上:ほおー。

吉村:キリスト教徒ではないんですけど。

三上:でも、日本もそうですよね。クリスチャンでなくても、こういったクリスマスはお祝いするし、かと思えば、仏教徒的な行事やイベントがあったりとか、いろいろミックスされてますよね。

吉村:ねえ。なんか、このごちゃ混ぜ感みたいなのが、日本のいいところかなと、僕はすごく思っていますね。

三上:うーん。

吉村:だから、その、あんまりひとつの宗教にこだわらずに、とりあえず、お祭りとしてなんでも楽しんじゃえみたいな、ことだったりとか。やっぱり、それで、みんながね、外に出て、買い物をしたりとかってすれば、その経済効果も生まれるわけで、世の中が豊かになるという原動力になると思うので。ですよね。僕も、この時期とかは、やっぱり、たとえば、ケンタッキーとかで、チキンを注文しようかなみたいな、感じのことを考えたりもしますし。でもね、なんか、実際の、チキンを食べるって、この習慣も、なんか、日本特有なんじゃないかなと思うんですよね。

三上:ターキーじゃないですもんね。

吉村:そうなんですよ。僕、アメリカで、結構長く暮らしていたから、そうすると、クリスマスとかは、七面鳥を焼くみたいなね、ターキーって、めちゃめちゃでかいんですよね。

三上:大きいですよね。ほんとに。食べきれない。

吉村:そうそう。だから、大体、アメリカだと、家族でね、親戚一同が、集まって、それで、それこそ、向こう、でかいオーブンが大体あるんで、向こう、大きいところが多いから、で、僕がしばらく下宿していた家があったんですよ。高校の友だちの家に、大学に入ってしばらく、下宿してた時期があって、そこで、アメリカのファミリーのクリスマスというものを体験したことがあるんですけど。25日の朝とかから、でっかいオーブンで、巨大な七面鳥を、焼き始めるんですよね。

三上:へえー。

吉村:おかあさんがた、お姉さんがたが、その辺は、主体で、七面鳥の調理を始めて、小さい子どもたちは、目が覚めたときに、枕元に、プレゼントが置いてあるんで、それを、わあー、クリスマスプレゼントだ、って、開けて、大体それで、おもちゃとか入っていることが多いんで、そのおもちゃで遊んだりとか、ボードゲームをね、子どもたちがみんなで、遊んだりとかしてて。で、クリスマスの夜ですよね。25日の夜に、クリスマスディナーということで、焼いた七面鳥を、みんなで取り分けて食べるんですけど、相当な量があるんで、親戚一同で、みんなで、分けて食べるみたいな、ところですよね。

三上:アメリカは、25日がメインということで、少しうかがいたいんですけど、クリスマスカードは、結構みなさん、配られるというか、渡したり、するものですか。カードのイメージがアメリカとか強いんですけど。

吉村:そうですね。僕が居た頃は、カードを交換するみたいなのは、よくやっていましたよ。

三上:あー、やっぱそうなんですね。あと、もうひとつきいていいですか。クリスマス前ということで、いろんなギフトをみなさん、考えて、大切なかたに、贈る予定のかたも多いと思うんですけど、よくサイトとか見ていると、プレゼントの意味合いをきいたするんですね。たとえば、ハンカチ贈ったら、こういう意味ですよ、とか、ネクタイはこういう意味ですよ、と言ったり、あったりするんですけど、実際、吉村さんが、思う考えというのは、どういうのですか。

吉村:ああ、僕、ものに対しては、あんまり、思い入れがそんなにないほうなんで。

三上:はははは。

吉村:どちらかというと、用途に合ってるかとか、使い勝手がいいか、みたいなことで、僕はものを選ぶんですよね。あとは、だから…。ああ、そうだな、プレゼントとかっていうことに関しても、僕、娘たちに、クリスマスに何が欲しいとかって、言われたら、そのリクエストに基づいて、値段的に法外でなければ、じゃあ、今年のクリスマスはそれでいいね、みたいな感じで、買ってるんで。

三上:ああー。

吉村:なんか、こう、ものに込められた意味みたいなのは、正直、全然、わからないですよね。考えたこともなかったですね。

三上:ああ、そうなんですね。わたしも、そこまで考えてなくて、今まで贈るタイプだったんですよ。このひとだったら、こういうの、よく、お仕事で使うから、とか、お友だちだったら、こういう趣味があるから、こういうのだったら、喜ぶだろうなと、思いながら、決めてたんですけど。今までは。サイトで、ネットで、最近、よく買い物するときに、こんな意味合いが、実はあるんです、みたいなのが出てきて、あ、こんな意味合いでわたし贈ったつもりじゃなかったけど、とかって思ったりして、実際、なので、そういう気持ちというか、意味合いで、ものに対しても、そういうのがあったりするのかなというふうに、ふと思ったんで、ちょっときいてみようと。

吉村:ああ、まあ、でも、それって、文化的な背景の話になってくると思うんで、突き詰めれば、誰かがそう決めたというだけの話だと思うんですけどね。

三上:ああ、なるほどね。

吉村:だから、それを決めているひとの、言う通りに従うのかどうかというのも、別に、自由だと思うんで。

三上:うーん。

吉村:だって、結局、モールス信号とかって、ツートン、ツートン、音がきこえるだけで、それに、ツッツッツという音だったら、これ、Sですとかって、決めて、それを共有しているから、モールス信号で、通信ができるわけですよね。

三上:うんうん。

吉村:これを全然知らないひとが、ツートンツートンきいたところで、なんだかよくわかんない、音の羅列だなとしか、思わないわけですよ。

三上:たしかに。

吉村:だから、そういう、なになにの意味は、こうこう、とかっていうのも、結局、誰か決めていることなんで、その情報を共有してる同士だったら、その意味合いは通じるかもしれないけど、それが、全然別の文化だったら、別の意味をもってたりする可能性もあるわけですよね。まあ、公共のマナーだったりとかいうところになると、多少、気をつけないといけないなという部分もあるんで、たとえば、うちの、娘たちとかも、僕の子どもたちだからなのか、かなり、一般常識に疎いところがあるんですね。で、だから、食事のときの、食べ方がすごい汚いなというのを、うちの奥さんが気がついて、これはまずいって、で、マナーの動画とか、今、ユーチューブで検索できるんで、一緒にみたんですよ。洋食を食べるときのマナーは、こうで、とか、

三上:はいはいはい。

吉村:そういうの、知っといたほうがね、正式な場所で食事するときとかに、きれいに食べられるから、いいと思うんですけど、やっぱり、面白かったのが、使ったあとのナイフを、相手に向けて置くのは失礼なので、気をつけましょうって、まあ、それは、わかるんですよ。でも、その、それはなぜかといったら、マナーができた中世ヨーロッパだと、会食のときに、ナイフを相手に向けて置くということは、相手に対して宣戦布告をしてるのと同じ意味なんで

三上:へえー。

吉村:これで、戦争が起きてしまうですと言われて。

三上:ええー。

吉村:むっちゃ、野蛮だな。

三上:それ、知らなかったらねえ。

吉村:知らなかったし、なにせやっちゃったら、戦争起きちゃうとかって、話だから、それは大変なんですけど。だから、そのマナーができた時代の、時代背景が相当野蛮だった、

三上:ああー。

吉村:だから、そんななかで、いかに、戦争とか起こさないで、お互いに、今は戦争じゃなくて、話し合いとか、食事を楽しむ時間ですよということをお互いに合意するために、マナーが作られていると思うんで。

三上:うんうん。

吉村:そこでは、そういうものを大切にするという姿勢や気持ちは、大事だと思うんですけど、ただ、結局、それって、じゃあ、なんのためにやってるの、といったら、要は、戦争しないで、仲良くしましょうということなんで。つきつめれば、仲良くするためには、どうするかということを考えて、約束事を作ったという話なんですよね。

三上:うーん、なるほどね。

吉村:法律なんかも、本来はそういうものじゃないかと思うんですよ。

三上:たしかに。

吉村:ひとのものを盗っちゃったりとか、ひとを殺しちゃったりしたら、仲良くできないから、だから、それを禁止しましょうねって、仲良くするために、というのがあると思うんで。だから、プレゼントを贈り合うとか、カードを送り合うというのも、結局は、そのひとと、仲良くしたいからって、仲良くしましょうねというような、ことだと思うんですよ。だから、そこのね、仲良くしましょうという気持ちが、お互いに共有できれば、それは、その、ものの意味ということよりも、そっちのが大事じゃないかなと思うんですね。だって、結局、なになにの意味は、なになにとかって、なんとか協会とかが、勝手に決めてたりするようなことなわけじゃないですか。

三上:はい。

吉村:そこの協会に誰かが申請すれば、たとえば、なんとかの日協会みたいな。

三上:はい、ありますね。

吉村:記念日協会でしたっけ、そこに、じゃ、この日、この記念日って、申請して、それが受理されれば、そのまま、なんとかの日に、なっちゃうわけですね。で、その、なんとかの日というのは、365日分をはるかに凌駕しているんで、結局、その一日が、なになにの日というのが、いっぱいあったりするわけじゃないですか。それで、花言葉なんかもね、花についている言葉というのもめちゃめちゃあるわけじゃないですか。

三上:ありますね。意味がこうですよとかありますね。

吉村:それを結局、ひとつひとつ覚えて、その通りってやったって、たとえば、ひとつの花だって、いっぱい意味があるなら、この花をぽんと渡されたときに、これは、どの意味で渡してくれたのかな、みたいに、わかんないですよね。

三上:うーん。

吉村:だから、結局のところは、そのなかけ、普段のそのひととの関係性から推測すると、こういう意味でくれたのかな、ありがとうみたいなことしかできないと思うんで。プレゼントの意味とかって、ハンカチの意味って、じゃあ、手を洗ったときに使ってくださいと、僕は思いますね。

三上:いや、いいお話、きけた。今思ったのは、話きいてて、プレゼント渡すイコール気持ちがあるということだから、あなたと仲良くしたいんです、というのが、一番ですね。

吉村:仲良くしましょうね、という。

三上:それが、一番だと思います。

吉村:ひとによると思いますね。

三上:みなさんも、今日、お話きいて、いいだと、自分で決めたプレゼントでいいんだと、確信したと思います。ということで、みなさんは、大切なかたに、なにか贈ったするんでしょうか。今日はですね、クリスマス前、イブの前ということで、クリスマスの話題を吉村さんからうかがいました。本日もありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。