110.お金のクリアリングについて

ハンドルネーム ふうさんからのメッセージを取り上げて吉村さんからお話伺いました。

感想、ご質問はこちらにお願いします!https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science./com

◆文字起こしはこちら
https://kokoro.koelab.net/013/
==================
三上:はい、みなさん、こんにちは。こころメンテナンス。本日もアシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:はい。今日もね、一般のかたからのメッセージを取り上げて、お話、わかりやすく、今日も解説していただきたいと思います。さあ、今日はですね、ハンドルネーム、ふうさんからのメッセージ、読み上げていきたいと思います。「吉村先生、はじめまして。お金に対して、ずっと苦労しています。精神疾患も、落ち着いてはいますが、患っており、なかなか、続きません。短期間のアルバイトを続けたりしていましたが、いつもお金に困っている生活です。クリアリングお願いします」ということで、来ています。

吉村:はい。そうですね。今、世の中が不景気だったりとか、貧富の差がひろがっているみたいなところで、お金のことで、苦しんでらっしゃる、困ってらっしゃるかたって、結構、増えてきているのかなという感覚は、なんとなく感じますよね。

三上:多いですね。相談も多いです。

吉村:なるほどですね。もちろん、僕は、ACTの金運の項目を作っていたりとか、それから、ユーチューブチャンネルでも、流しっぱなし動画でも、金運を上げます、というような動画を、提供していたりする、というのは、やっぱり、お金周りが悪い状態のひとたちというのは、余裕がなくなっちゃうから、他のことをケアする余裕もなくて、ただひたすら、いろんなところに影響がひろがりやすい分野なので、早めに経済の部分を改善したほうがいいなというのが、あるので、そういうのを提供させていただいているわけなんですけど、だから、お金周りが悪いという問題が、他のところに派生してしまうということがあるから、お金のことというので、まず取り扱っているわけですよね。たとえば、たいした、病気じゃないのに、お金がないために。病院にかかれなくて、それが悪化しちゃった、となったら、健康状態も悪くなってしまう、とかね。お金がないために、家族関連のコミュニケーションが、ギスギスしたものになってしまって、人間関係に問題が起きるとかね。だから、他に派生しやすいもの、分野ではあるわけですよ。この、ふうさんの、こちらのメッセージで、「精神疾患も落ち着いていますが、患っており」ということは、なにか、これは具体的にどういう内容なのか、とかにもよる話だとは思うんですけど、なにかそういう、たとえば、心療内科とか、精神科とかに、通って、投薬を受けている状態ですと、それで、かなり、そのかたのパフォーマンスが落ちちゃうわけですよね。精神科とか、心療内科で出される、たとえば、鬱の診断されたときに出される薬とかって、かなり、頭ボーっとさせて、とりあえず、ネガティブなことを考えにくくする、みたいなことをしているわけですよ。それって、乱暴な言い方をすると、「なんか、悩みごとあるの?気分落ち込んでんの?じゃあ、お酒でも飲んで、忘れたら」みたいなことをやっているのに、すごく近いんですよね。

三上:うーん。

吉村:べろべろに酔っ払って、酩酊状態になっていたら、それで、ぶっ倒れている間は、悩みごとについて、考えることもないでしょう、みたいな、そういう対処をしているみたいに、僕からは、見えるんですね。

三上:うーん。

吉村:だから、で、しかも、いろんなかたたちの話をきくと、精神科とか心療内科で出される薬って、かなり、麻薬みたいなもので。

三上:ああ、なるほどね。

吉村:一時的に、落ち込んだ気持ちが、高揚したりすることで、ずっと落ち込んで、鬱々としているわけではないんだけど、かといって、正常な状態でもない、みたいに、なっちゃっているわけですよね。そういう状態だと、やっぱり、仕事のパフォーマンスとかも、すごく落ちてしまうので、そうすると、本来、そのかたが、もう少しちゃんと、自分の本来の、力、能力を発揮して、やっている仕事だったら、もう少し、もっと稼げていたはずなのに、それができないから、すごく、時給だったりとか、報酬が低い仕事をせざるをえない、みたいになると、結果的に入ってくるお金が少なくなっちゃうから、お金で困っています、という状態になるわけですね。これは、さっきの、お金が無いから、他の問題に派生しちゃっているというのの、逆パターンで、別のところに問題があるから、結果、お金が無いという状態に派生しちゃっているという、場合もあるわけですよね。

三上:うーん。

吉村:なので、ふうさんの、患っていらっしゃる、精神疾患というのがどういったものなのかにもよるとは思うんですけど、ただ、金運が下がっているということよりも、他の問題が原因で、その問題が派生した先で、その先のひとつとして、お金というところに来ている、というケースなんじゃないかなと思うんですよね。なので、もちろん、長期にわたって、投薬を受けているとなると、今度は、その薬をどうやって減らしていくかというのも、あんまり、かんたんにバンってやめちゃうと、副反応が出ちゃったりとかね、ということで、ほんとに、その、麻薬患者のひとが麻薬をやめるにはどうするか、に近い、時間をかけて、じっくりやんないといけない、みたいなことも出てくるんで、その薬は悪いから、さっさとやめなさい、みたいなことは、僕は、ちょっと言えないんですけど。

三上:はい。

吉村:どうやって、その薬を減らしていくか、みたいなところから、考えて、ちょっと、しっかり、取り組んでいく必要があるかもしれないですよね。なので、一筋縄ではいかないところが出てきちゃうかと思うんですけど、ほんとに、のっぴきならないときは、それこそ、行政とかに、相談窓口とか、市役所とか区役所とかにあったりするんで、そういう、いろんな助けてもらう、窓口、相談する窓口とかも利用しながら、考えていったほうがいいんじゃないかなと思うんですね。

三上:実際、ありますね。いろんな、対処してくれる、役場とか行くと、いろいろ教えてくれるのでね。いいかもしれない。

吉村:そうですね。はいはい。その辺もちゃんと視野に入れて、じっくり向き合っていったほうがいいかもしれないですよね。なので、クリアリング、お願いします、ということに関しては、こちらのポッドキャストの相談で、クリアリングというのはやっていないので、毎週、月曜日にね、やっている公開グループセッション、ユーチューブのほうで、ライブ配信で、やらせていただいている、公開グループセッションのほうで、チャット欄に、もう少し詳しい、状況ですよね。ご病気はどういったものなのか、とか。

三上:それ以外のことも踏まえてね。

吉村:そうですね。いつ頃から、そうなったのか、とかね。もちろん、精神疾患というのも、すごくいろんなものがあると思うので。僕も、病気の専門家ではないので、ね。こういう症状だったら、こうすればいい、みたいなのは、ないんですけど、ただ、うつ状態になったという場合、なにかしら、こころに負担、ストレスだったりとか、負荷がかかっちゃって、それで、気力が落ちてしまったために、気持ちが落ち込んでしまっているみたいなことで、鬱とかって、なるわけなんで、そこって、じゃあ、落ち込んでしまった理由は何なのか、とか、どういうストレスがずっと続いていたのか、とか、そこから、見ていって、その原因になっている物事の捉え方とか、解釈の仕方の癖みたいなところをみていくことで、改善する可能性もあるし、場合によっては、ほんとに、向いていないことを、好きでもないことを、無理してやっているというのが続いていたとしたら、その生活自体を変えたほうがいいという、可能性も出てくるわけですよね。なので、その辺も、ちょっとトータルにみて、対応していったほうがいいと思うので、是非、月曜日の、配信で、もう少し、状況詳しく、いつ頃からそうなったのか、とか、どんな状況なのか、とかというのを、いただければ、また、公開の場ではあるんですけど、リーディングさせていただいて、僕のほうで、クリアリングできそうなブロックが見つかれば、クリアリングというかたちでもお手伝いしますので、そちらをご利用いただければなと思います。

三上:はい。さあ、ふうさん、毎週月曜日の、ユーチューブのライブ配信してますので、是非、この機会に、もっと詳しく、今の状態を教えていただいて、参加していただきたいと思います。きいている皆さんも、是非、お時間あるときは、ユーチューブのほうもチェックして。あと、サイトの欄から、確認できますので。

吉村:はい。

三上:チェックしていただきたいと思います。はい。さあ、今日は、ふうさんからのメッセージを取り上げて、吉村さんから、お話うかがいました。吉村さん、本日もありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。