104.守護霊を選び直すことってできるの?

ハンドルネーム rioさんからのメッセージを取り上げて、吉村さんからお話伺いました。

感想、ご質問はこちらにお願いします!https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

◆文字起こしはこちら
https://kokoro.koelab.net/104-2/
==================

三上:はい、みなさん、こんにちは。こころメンテナンス。本日もアシスタントは、三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:さあ、今日も、メッセージ取り上げて、ご案内していきたいと思いますが、みなさんから、たくさんのメッセージ、そして感想など、来ていただいて、ほんとうにうれしいです。さあ、今日はね、ハンドルネーム、りおさんからのメッセージ、読み上げたいと思います。8月26日放送ですね、95回目、「守護霊・疫病神」のお話、たいへん、おもしろかったです。守護霊を車のナビのようなものと考えると、自分で新しいナビに取り替える、つまり、自分で、今と違う守護霊を選び直すということはできるのでしょうか。できるとしたら、それは、どんな方法なのか教えてください。と、来ていますね。

吉村:はいはい。なるほどですね。守護霊が入れ替わるということは、結構、どうやら、よくあることではあるみたいなんですね。人生のなかでの、フェーズが変わるとかね、なんか、そういうようなときに、守護霊が入れ替わるという話は、僕もきいたことがありますし、入れ替わりがが起きているなというのは、僕もリーディングしていくなかでね、ああ、これは入れ替わっているんだろうなというところは、何度か目にしているんですけど、守護霊を選び直すということに関して、僕は、特にそれを自分で意図的にやるということを、特にやっていないので、サービスとして提供するということもやってはいないんですけど、ただ、それができるという話はよく耳にするんですよね。こういうスピリチュアルなことをされているかたとか、霊能者のかたで、「守護霊の選び直し、しますよ」みたいな話とかというのは、きくことがあるので、たぶん、やりかた知っているひとには、できるということなんじゃないかな、とは思いますね。

三上:うーん。前回のお話で、わたしのイメージでは、守護霊って、ひとりなのかなと思っていたんですけど、何名か、いらっしゃるんですよね。

吉村:そう。あるひとが言うのは、メインになっている守護霊がひとりいるんだけど、それ以外は、いっぱい、ばーっといて、それがどんどん入れ替わっていくというようなことをおっしゃっていたかたもいますし、そこって、ほんとに、システムで動いているというような感じなんだろうなと僕は思っていまして。そのシステムがね、完全に、僕の中では、解明できているわけではないので、あんまり、その、勝手にいじったりとかは、自分では、あんまりやっていないんですけど、ただ、そこに、バグがあるみたいな状態のときは、そのバグのクリアリングということをやっているんですよね。だから、本来の働きと違うことをやっているなというのが、ブロックによって、それが起きている場合は、それをクリアリングするんですけど、どういう守護霊が、どういうひとが守護霊になってくれたら、そのひとの今やりたいことに適しているのか、みたいなのを、どういう観点で、評価すればいいのか、僕にはよくわからないので、だから、そこの、守護霊の交換みたいなことに関しては、僕は、サービスとしては、今やっていないんですよね。結局、それが、そのひとにとって、どうするのが一番適しているのか、というのが、どこで評価したらいいのか、わからないから。はい。ただ、たぶん、それをサービスとして、提供されているかたたちは、独自の、選ぶ基準が、あるのかもしれないし、今のところ、僕の場合は、それが、よくないから変えようということよりも、うまく機能していないんだったら、うまく機能することを邪魔している要因を、取り除こうということを、やっているわけですよね。

三上:うーん。なるほど。なので、吉村さんが今されているのは、守護霊がいるとして、その守護霊さんが持っているブロックを取り除いて、本来のものを、本来のかたち、というか、本来である守護霊に戻すということをされているということですよね。

吉村:そうですね。

三上:たとえば、守護霊が、もし、入れ替わったとして、そのひとの身に起きることとかは変わってくると思うんですけど、そのひと自身の中身だったり、とかも、合わせて、変わってくるんですか。

吉村:そこら辺って、そのひとの性格が変わるとか、ということが起きるかどうか、ちょっとわからないんですけど、ただ、その、引き寄せの質とかは、変わるでしょうね。どういう出来事を引き寄せるかって、結構、守護霊のやっている部分って、大きいと思うんですよ。あとは、何かに対しての、ナビになる、ガイドをするというのが、守護霊の仕事なわけですけど、「こっち方向に行くと、危ないよ」みたいな、警告も出してくれたりするわけですけど、そこが、守護霊さんの性格とかで、どんどんリスクとって、冒険していっちゃおうぜ、イエイ、という守護霊さんなのか、そういうリスクは極力なくして、堅実に行きましょう、という守護霊さんなのか、とかで、おそらく、その、案内してくるナビの案内の仕方だったりとか、警告の出し方が、たぶん、ちがうと思うんですよね。そういう意味では、そのひとのやりたいこと、進みたい方向と、守護霊さんの性格みたいなのが、合っているかどうかというところも、たぶん、大事になってくることはあると思うんですよね。

三上:なるほどですね。ということで、どうですかね、今回、りあさんから頂いた、守護霊は選ぶことが、変えることが、できるんですか、自分で、ということをおっしゃっていましたけども、やっぱり、本来、持っている、守護霊さんを、吉村さんの場合は、クリアリングして、その、持っている本来のかたちで、戻していくということをされているということですので、それでも、気になっているという場合は、自分でググってもいいですしね。ご自身で。

吉村:そうですね。たぶん、そういうのをサービスとして、やってらっしゃる、霊能者のかたたちとか、いると思うので、そのかたたちが、どういう観点で、どういうふうにやっているのか、とかを、僕がみることができれば、ああ、じゃあ、そういうときって、僕の手法でやるんだとしたら、こういうかたちでやるのが適切かなとか、見えてくるかもしれないとは思うんですけど、現状、僕が、その情報をあんまり持っていないので、今回のお便りをきっかけに、少し研究してみてもいいかなという気持ちには、今なってきましたね。たぶん、結構、これはこれで、すごい、奥が深い世界なんじゃないかなと思うんですよね。

三上:守護霊の、この。

吉村:そうですね。だから、そこに、どのくらいの、手間暇をかけるかというのと、また、今、僕は僕で研究している領域というのがあって、もしかしたら、のちのちには、この領域も研究する必要性というのが出てくるかもしれないし、今が、もしかしたら、いいきっかけなのかもしれないし、なんともいえないですけど、僕の方で、今、興味が少し出てきたというのが、今後ね、約束はできないんですけど、もう少しね、守護霊について詳しく調べてみてもいいかなという気持ちにはなりましたので、ご自身でも、いろいろと調べてみたらいいんじゃないですかね。

三上:うーん。そうですね。ご自身で、まず、調べてみて、もしかしたら、吉村さんからも、守護霊に関する、また、何か、お話が、あるかもしれませんので、はい。

吉村:そうですね。

三上:そこは、ちょっと、楽しみにしていただきたいと思います。改めて、自分の守護霊って、どんなひとかという、自分も気になってはいますけど、でも、なんか、それよりも、今の自分と向き合いたい気持ちが、わたしのほうは、強いですが。

吉村:そうですね。あくまでも、ナビとかガイドだと思うので、守護霊というのは。だから、自分が、ほんとに、どうしたいのか、とかっていうことが、やっぱり、大事だと思うので、ほんとに、自分がどうしたいのかというのが、はっきりしてくれば、おそらくは、守護霊が、もしそれで、この守護霊は合わないなとなったら、なんらかのシステムが働いて、そこは、そこに合った守護霊に入れ替わるということは、結構自然に、行われている部分もあるんじゃないかなと、僕は思っているんですよ。

三上:うーん。逆に、守護霊が合わないなって、離れていくんですね。

吉村:なんか、ちょっと交代したほうがいいから、ここは交代しましょう、みたいなことをやっているんじゃないかなと思うので、だから、自分がほんとに、どうしたいのか、自分の魂は、何から喜びを得ているのか、という、そこを明確にして、自分の人生をそっちに照準を合わせていくということが大事かなとは思いますね。

三上:そうですね。守護霊に頼るというよりも、自分自身、どうしたいのか、どう生きたいのかというのが、やっぱり、軸にしてね、生きるとやっぱり楽しいですよね。

吉村:そうですね。たぶん、守護霊もそちらに合わせてくれるんじゃないかな、という、感じですよね。

三上:うーん。ということで、今日、守護霊のお話を取り上げましたけども、いいですね、こういうふうに、みなさんからも、こういった、疑問とか、質問とか、ありましたら、是非是非、ご応募していただきたいと思います。メッセージしていただきたいと思いますし、りあさんのほうにも、お話きいて、どうでした、という感想もいただけたらと思います。はい。本日も、吉村さん、ありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。