082.海を眺めたくなるのはなぜ

波の音や海風を感じながら海に癒されるというかたも多いのでは。
人間と海の関わりについてお話伺いました。

感想、ご質問はこちらにお願いします!https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

♦文字起こしはこちら
https://kokoro.koelab.net/082-2/

==================

三上:はい、みなさん、こんにちは。こころメンテナンス。本日もアシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:はい、さあ、皆さん、7月、夏本番を迎えている、沖縄は既に迎えているんですが、今日はですね、わたし自体が海が大好きで、ふと時間があれば海へ行くんですけども、ひとってなぜ、朝日とかサンセットとか、よるの海とかそうなんですけど、海を眺めたくなるのは、なぜだか、本能的なものがあるのかなという部分で気になっていて、人間のなかには、海を眺めると、なにか効果というか、なにか感じるものがあったりするのかなというふうに思ったので、「海を眺めたくなるのは、なぜ」をテーマに、ちょっと今日とりあげてみようかと思ったんですけど。人間と海の関わりは、地球、宇宙もそうだと思うんですけど、その関わりのなかで感じるものがあったりするんですかね。吉村さんの考えをちょっとききながら、思うんですが。

吉村:そうですね。すべてのひとが、海が好きかどうかは僕よくわからないところはあるんで、

三上:そうですよね。

吉村:はい。でも、たとえば、僕たちが使っている肉体って、元々地球上の生命体から譲り受けてつかっているわけですよね。そうすると、地球上の生命ってどこからきたんだって言ったら、元々はおそらく海のなかで発生しているわけですよ。それがどんどん進化して、いろんな多様化していくなかで、地上に出て暮らすという選択をしたものたちがいて、地上で進化発展してきた哺乳類がまたいろいろと枝分かれしたりして、進化、多様化を繰り返していって、それで霊長類ですね、猿の仲間になっていったところで、ぼくたち、人間にだいぶ近いところまで進化してきたところで、僕たちの魂は、この肉体と結合するという選択をしたんだと思うんですよね。だから、生命そのもの、僕たちの肉体のふるさとというのかな、起源というのは海のなかなんで、そこでもしかしたら、海のもつ波動であったりとか、DNAのなかに刻まれている、海の中での、言ってみたら、歴史みたいなものが、僕たちのDNAに刻まれているがために、海が懐かしかったりとか、海に対する心ひかれるみたいなかたちであらわれている可能性はあるなと思いますね。

三上:そうなんですね。そう思ったのと、それもきっと生命の起源であるのかなと思ったのと、やっぱり同じ波動じゃないですけど、同じ、海の好きなメンバーって、前世とかにもその関わりが、なにか海にあるひとが、みんながみんな、海好きってわけじゃないですよね。なので、そういった関わりが、最近思うのは、やっぱり、気功のお話とかきくなかで、やっぱ好きなメンバーって、共通する部分があったりとかするので、その前世のなかで、そういった海に関する、近かったのかなと思ったりもするんですけど。

吉村:そうですね。人間として、海と関わりの深い人生を何度もされているひとたちもいるでしょうし、これは、バシャールの言っていたことなんですけど、僕たちの地球人の魂って、地球上では、人間だけじゃなくて、イルカやくじらの仲間として、転生することもあるみたいなんですね。バシャールが言っていたのは、地球上の生物で、魂が輪廻転生してるのは、人間と、それから、イルカやくじらの仲間たちだけだと言っていたんですよ。それは、バシャールがそう言っていたというところしか出典がないから、ほんとかどうか確かめようがないんですけど、僕が仕事として、いろんなかたの潜在意識のなかにアクセスさせていただいて、いろいろと、クリアリングをしていくみたいなことをしていくなかで、いろんなかたたちの過去生をみてきているわけですよね。そうすると、けっこう、イルカだったことがあるひと、くじらだったことがあるひとたちというのが、実はちょこちょこいるんですよね。

三上:はー、はー。

吉村:たぶん、実際、海の中で暮らしてた過去生をもってるひとたちというのは、結構いるんですよね。。

三上:はー。

吉村:なんで、実際海の中で暮らしてた過去生をもっているひとたちとかは、特に海が、言ってみたら、自分の庭だったときがあるじゃないですか、そういう意味では、海が好きになるというのは、そういうところが関係している可能性はあるなと思いますね。

三上:はー、なるほどですね。じゃあ、きっとわたしは、海の、もしかしたらイルカとかくじらだったかもしれないってことですね、きっとね。

吉村:その可能性は高いかもしれないですよね。

三上:であれば、納得です。ふふふふふ。

吉村:ふふふふふ。面白いのはね、イルカとくじらって生物学的には同じ種族らしいですからね。サイズが違うだけで。

三上:けっこう、サイズ違いますよね。

吉村:けっこう、違いますよね。

三上:コミュニケーションの取り方というか、発しないけども、お互いに波動で感じるみたいな感じなんですかね。

吉村:よくわからないですけど、大きい犬と小さい犬みたいなのを、もっと差が激しいようなものなんじゃないですか。生物学的には同じ種族らしいんですよね。

三上:じゃ、シャチとかサメは違うということですよね。

吉村:違うんですよ。サメは魚類だから、明らかに哺乳類ではないんですけど、

三上:かたちだけ、シルエットだけみてましたね。ごめんなさい。

吉村:ははははは。シャチは、同じ哺乳類なんですけど、全然獰猛で、気質が違うみたいな話をききますからね。

三上:なるほど、おもしろいですね。逆に、海の、今お話をしましたけど、緑とか自然が好きというひともいらっしゃるじゃないですか。それは、やっぱり、森とか緑に触れてる機会が長かったというか、前世ですね。そういう可能性もあったりするんですかね。

吉村:可能性としては、あると思いますよね。過去生の記憶自体をもって、転生しちゃっているひとの話というのは、よく、いろんな研究者のひとたちの文献とかにも出てくるし、ネット上の都市伝説系のチャンネルとかでも、そういう話ってよく出てくるんで、記憶はないけど、そのときの、なんだろうな、たとえば、森の中で楽しく暮らしていた過去生があると、それが楽しかったという感覚とかが残っているみたいなことはあり得るでしょうね。

三上:なるほどですね。そう考えると、面白いですね。

吉村:そうですね。過去生で楽器演奏してたひととかっていうのは、音感がよかったりみたいなことがあるという話もききますし、一回一回の人生って全然関係ないものというとらえかたもできるけど、そこで培ってきたものが、のちの別の人生で、別のかたちで活かされるということはきっとあるんじゃないかなと思いますね。

三上:なんか、いいですね。自分に、みなさんもとらえていただいて、何をしているときが、自分、居心地いいのかな。それにはね、もしかしたら、前世に関わりがあったことが今にも心地よいと感じている部分があるかもしれませんね。

吉村:そうですね。だから、僕も自分のことってあんまりよくわからないんで、他のひとにみてもらうことが多いんですけど、

三上:そう、吉村さんのこと、今知りたいと思いました。

吉村:ははははは。やっぱり、なんか過去世でもエネルギーワークの研究してたというようなことを言われることありますよ。その時代の有名なヒーラーさんだったりとか、預言者みたいなひとに弟子入りして、めちゃめちゃ研究している場面がみえるみたいな話をきいて、それって、「占いなんか信じないぜ」みたいなひとたちのうがった見方をすれば、僕がこういう仕事してるの知ってるから、そう言っとけば、たぶん喜ばれるんだろうという感じで、そういう話をでっちあげることもできるよね、という見方もできるんですけど、実際、そこは証明のしようがないんですけど、ただ、なんとなく、僕が今までいろんなひとをみてきて、きっと、この過去世があるから、このひと、今こういうことやってんだろうなという、僕自身もみてきてるんで、自分のことに関しても、まあそうなんだろうなというふうに思うと、たぶん、このひとが言うように、昔からそういうことやってたんだろうなというふうに受け取ってますね。

三上:うーん、わたしも話をききながら、きっと、吉村さんは前世でもひとにアドバイスしながら、いろいろお話きいて、情報与えるようなお仕事を、お仕事というか、そういうひとだったんだろうなというふうに、思いながら、わたしも感じていました。

吉村:ありがとうございます。

三上:そうとらえると、面白いですね、今の人生も。今に生きていますけど、そういうことがあったというきっかけを知ると、なるほどねって、思うところも、今現在生きるとあったりするかもしれませんね。

吉村:そうですね。だから、たぶん、今の僕の顕在意識では計り知れないような、もう少し高いところから俯瞰してみている僕自身がなにかやりたいことがあるとか、目的や目標みたいなものをもっていて、僕はその波に乗っかっていきているのかなというようなとらえかたですね。

三上:はい、ということで、今日は、話途中で脱線してしまったんですけど

吉村:ははは。

三上:「海を眺めたくなるのは、なぜ」ということで、海好きなひとは、すごい感じてもらえる部分が合ったと思うんですが、そうじゃない方も、自分の前世の捉え方とか、今の考え方、居心地がいいって、こういった理由なんだというふうで、いろんな受け取りかたがあったらいいなと思いました。はい、吉村さん、本日もありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。