067.7という数字

ラッキーセブン、七福神、七音音階など、7という数字は私達の身近にありませんか?
人と数字の関わりについて伺いました。

感想、ご質問はこちらにお願いします! https://forms.gle/HhW7cXuA345QYmDZ7

YouTube: https://www.youtube.com/c/kokoro-me
Web: https://m-e-science.com/

===============

三上:こころメンテナンス。本日もアシスタント三上恵と、気功ヒーラーの、

吉村:吉村竜児です。

三上:はい。吉村さん、本日もよろしくお願いします。

吉村:よろしくお願いします。

三上:今日のテーマは、よく聞く数字7。ラッキーセブンとか聞いたりしますけども、7という数字が、例えば一週間だったりとか、あと七福神だったりとかっていうので、いろいろ7っていう数字を見かけることが多いなって思ってるんですけど、何か意味合いとかって7ってあるのかなあと、ふと思ったんですが。数字にまつわるお話を今日はできたらなと思いました。

吉村:はい。そうですね。僕はあんまり数字のことは詳しくないので、ちゃんとしたことはよく分からないんですけど、ただ、確かにそういう7っていう数字をあっちこっちで見かけることは多いですよね。例えば、音階とかも。

三上:そうなんですよ。ドレミファ…。

吉村:7音あって、っていうので、だから、素数でもありますしね。1桁の素数の中で多分一番大きい数字でしたね。1とその数字でしか割ることができない数字というのが素数なんですけど、3とか5とか7とかって。

三上:ああ。

吉村:割り算をして、割り切れないじゃないですか。

三上:確かに割り切れないですね。

吉村:何かその辺とかね。あと、結局この世界が全部波動でできているって話は繰り返ししてきたと思うんですけど、波動っていうのは要するに波で、波は周波数っていうのがあるわけですよね。例えば、1秒間に何回その波が振動するか、みたいなのによって、波の質が変わっていく。電磁波の波が速く振動すれば、周波数が高いってことになるし、ゆっくり振動すれば周波数が低いって話になってきて、その間で電磁波が目に見える光になったりとか、紫外線や赤外線になったり、いわゆる放射線になったりとか、電気になったりとか、いろいろするわけですよ。形を変えていくわけですね。

三上:はい。

吉村:目に見える光の中でも、周波数が変わると色が変わるとか、あとは音の周波数が変わると、音が高くなったり低くなったりって。だから、ざっくりひとまとめにすると全部数字でできているって言えなくもないんですよね。

三上:ああ、確かに。周波数であればそうですよね。

吉村:だから、そういう意味では、数字の一つ一つに何かそういう特徴があるっていうか、色合いみたいなものが存在しているってことはあるのかなと思うんですよね。

三上:うーん。ちなみに、気になる周波数の7ってどれぐらいなんですかね。

吉村:正直、それは僕にもよく分からないんですけど。ただ、例えば脳波。

三上:脳波?

吉村:脳波なんかは、結構数字の帯域が狭いところでいろいろ意味があるんですよね。例えば、脳波でいうと、7〜8ヘルツの脳波っていうのが、いわゆるシータ波って言われるような。

三上:シータ波?

吉村:はい。4〜7ヘルツって書いてあるな、シータ波。7ヘルツっていうのはシータ波に含まれていて、脳波がシータ波の時って、脳が高次元につながりやすくなっている状態、深い瞑想状態になった時とかにシータ波になったりするんですけど、そういう時っていわゆる直感が下りてくるみたいな状態になるって言われているんですよ。だから、そこなんかにも7って数字が入ってきているし、何かそういう意味合いみたいなものはね。数字のことを研究している人たち、例えば数秘術とかやってる人たちなんかはその辺詳しいのかもしれないですけど、僕はあんまりその辺は詳しくないから、何かあるんだろうなとは思っているんですけど、そこまで気にせずに生活しているっていうかね。でも、例えば7に限らずなんですけど、お札の末尾の数字が、例えば一万円札にシリアル番号みたいなのが書いてありますよね。

三上:はいはい、下のほうにありますよね。

吉村:これは人から聞いた話で取り入れるようになったってだけの話なんですけど、お札の末尾が9Zのお札を見つけたら、それは使わないでちゃんときれいな状態で保管しておくといいっていうことを。

三上:9Zですか。

吉村:経営者仲間の人から聞いたんですよ。今チェックしてますね?

三上:今お話ししながらお札を見ながら、私チェックしてるんですけど。9Z、はい。

吉村:その9Zのお札をちゃんときれいな状態で残しておくと、それがお金を更にどんどん引き寄せてくる働きがあるんだ、みたいなことを教えてもらったんですね。

三上:お守り代わりじゃないけど。

吉村:僕、その辺は詳しくないから、一応検索したら、そのことを解説しているサイトとかもあって、そこでも9Zのお札とか、あとゾロ目のお札は取っておくといいですよ、みたいなのがあったので、経営者の人たちって、験担ぎしている人が多くて、実際それでうまくいっている人っていうのもたくさん見てきているので、僕はそれが本当に効くのかどうかってよく分からないけど、試しにやってみようと思って、持っているお札とかチェックするようになったんですよね。

三上:ほう。

吉村:9Zのお札を1枚見つけたので、「おお、ラッキー、ヤッター」みたいな感じで、それをちゃんときれいにして、保管するようにしたんですよ。でも、それは本当にプラシーボ効果なのか分からないですけど、実際に自分のビジネスはそこから更に良くなっている感じがするので。

三上:えー!

吉村:効果はあるんじゃないかなあってふうには思ってるんですよね。だから、数字がそれぞれ持っている力みたいなものっていうのはあるんだろうな、とは思っていますね。

三上:へえ。ちなみにこの9Zとかゾロ目っていうのは、一万円札、五千円札、千円札どれでもいいんですか。

吉村:分からないです。「一万円札で」って言われたので、一万円札でやってるんですけど。ただ、数字そのものに力があるんだとしたら、別に千円札や五千円札でもいいっちゃいいんじゃないのかなあと思いますけどね。

三上:なるほど。ちょっと見る際に皆さん、多分聴いている方もこう見ながら、「えー、9Zないかな」っていうふうに。

吉村:全然僕の中では根拠とかよく分からないんですけど、一応数字に意味があるっていうふうに、僕が見たサイトでも解説していて、この数字は9だから終わりの数字なので、次につながるものを引き寄せる力があるんだ、みたいな、そんな解説をしていたんじゃないかと思うんですけど。だから、そういう験担ぎ的なものって、全部が全部効果があるってことはもちろんないんでしょうけど、人がやっていてうまくいっているよ、みたいなものはちょっと取り入れてみる、自分なりに。それでうまくいかなければやめればいいってだけの話だし。やってみる価値はあるんじゃないかなあって思いますよね。

三上:はい。いいです。私も見つけたらきれいに伸ばして、保管したいと思います。それから、どう動くのか、自分も変わっていくのかって楽しみもありますからね。ぜひ皆さんも。

吉村:余談ですけど、共感覚を持っている人っているじゃないですか。例えば、数字に色が付いて見えるとかね、人を見た時にこの人は何色とか、持っている数字は何とか、本来数字と色って別々のものとして僕らは認識しているわけですけど、共感覚を持っている人たちって、別々の感覚が同時に刺激されるみたいな、関連性があるふうに見えたり感じたりするらしいんですよね。だから、そういうところで、僕らの五感が普段気が付いていないところでの、いろんな周波数とか波長の関係性、共鳴しているもの、共鳴しにくいものみたいなものが多分あるんだと思うんですよね。だから、それが何かしら現実に影響を及ぼしているってことはあるんだろうなっていうところはありますよね。

三上:はい。今日もいいお話も聞けましたし、皆さんも多分気になって早速お札伸ばしたりちょっと数字、ソウルナンバーとかもありますしね。きっといろんな…。

吉村:だから、スーヒーとかやってる人に一回見てもらったりするのもいいのかなとも思うんですけど、ただちょっと不思議なのが、例えば、誕生日から数字を出すみたいなのってありますけど、あれって西暦と何月何日生まれっていうので出すわけですけど、西暦って、西洋のキリスト教の人たちが勝手に決めた一種の元号みたいなものだから、それで出る数字ってどういう感じなんだろうとか、あるいは、もしかしたらスーヒーに合うようにわざわざそれに合わせた元号にしてるのかもしれないし、その辺の仕組みとかもよく分からないんですけど、考えるとそれってどうっていうふうに捉えたらいいんだろうってことがいっぱい出てくるんで、ちょっと分からないことだらけではあるんですね、僕にとってはね。だから、かなり面白いので、その辺詳しい方のお話とか聞いてみたいなとは思いますよね。

三上:ああ。逆に情報をいただきたいですね、皆さんから。

吉村:うん、そうですね。研究されている方とかリスナーの中にもいらっしゃるんじゃないかと思うので、ぜひ教えてほしいですね。

三上:はい。逆に私たちに教えて、メッセージをいただきたいと思います。

吉村:はい、ぜひ。

三上:お願いします。今日も興味深いお話でした。吉村さん、本日もありがとうございました。

吉村:ありがとうございました。